山下達郎風歌唱が話題のポセイドン・
石川、達郎の誕生日にメジャーアルバ

 山下達郎風に歌う芸風が話題のCITY POP芸人のポセイドン・石川が2月4日、メジャーデビューアルバム『POSEIDON TIME』(ポセイドン・タイム)をリリースする。

 ポセイドン・石川は、山下達郎風に歌う音源の高すぎるクオリティがTwitterをはじめとしたSNSで大きな注目を集め、日本テレビ系情報番組『スッキリ!』や『エンタの神様』、『行列のできる法律相談所』など、多くのメディアで取り上げられている。メジャーデビュー曲として美空ひばりの「リンゴ追分」のカバーを昨年11月28日に配信。

 そして、尊敬を傾けてやまない山下達郎の誕生日である2月4日にリスペクトが極まって『POSEIDON TIME』をリリース。

 1人多重録音を駆使して仕立てられるクセになるハーモニーで、さまざまなヒット曲が、まるで山下達郎が歌った曲のように生まれ変わる。その音楽的素養の高さに裏付けされたクオリティが大きな評判を呼んでいる状態だが、今回のアルバムでは、X JAPAN「紅」やラッツ&スターめ組のひと」、美空ひばりの「リンゴ追分」などカバーが5曲、さらにポセイドン・石川のオリジナル曲が3曲収められている。

 また、アルバムに収録されているカバー曲、いきものがかりの「ありがとう」のミュージックビデオが9日にアップされた。

「ありがとう」MV

MusicVoice

音楽をもっと楽しくするニュースサイト、ミュージックヴォイス