SUPER BEAVERに涙、go!go!vanillasの
友情、謎の覆面バンドも登場、10回目
にふさわしい熱いステージで“ロック
納め”『FM802 RADIO CRAZY 2018』レ
ポート

『FM802RADIO CRAZY2018』2018.12.28.29 インテックス大阪
大阪のラジオ局FM802が主催する関西最大級のロックフェス『FM802 RADIO CRAZY2018』が12月27日、28日にインテックス大阪にて開催。1日目に続き、2日目も10回目にふさわしい“ロック大忘年会”となった。ラジオ局が開催するイベントの魅力とは?そんな『RADIO CRAZY』ならではの企画にも触れながら、熱戦を繰り広げたアーティストのライブをダイジェストでレポートしよう。
『FM802 ROCK FESTIVALRADIO CRAZY2018』の醍醐味といえば、ライブはもちろんのこと、ラジオがより楽しくなる催しの数々。ライブ音源がすぐさまOAされるだけでなく、バックステージでライブ直後のアーティストインタビューが収録され、息を荒くした生の声をラジオを通して知ることができる。そして、実際にこたつサテライトスタジオでは公開収録の模様を目の前で楽しめるのも魅力だ。『MIDNIGHT GARAGE』のDJ・土井コマキが、Yogee New Wavesの角舘健悟(Vo.Gt)と粕谷 哲司(Dr)を迎えての公開収録では、ライブの振り返りから「2019年の大予想」のコーナー企画などが和やかに行われた。ライブとはまた違ったアーティストの一面を目の前で見られるだけでなく、ラジオさながらに楽曲の制作秘話や音楽への想いをじっくりと聴けるのも嬉しい。
◆「餅つきレイジー」に棚橋弘至が降臨、LIVE HOUSE AntennaにTHE CHARM PARK、マカロニえんぴつが登場◆
また、毎年恒例のお楽しみとなった、年の瀬を感じる「餅つきレイジー」が今年も実施。2日目は、何と2年ぶりに新日本プロレス・棚橋弘至が降臨! 「みなさん、100年に一人の逸材・棚橋です!」と挨拶するや、自ら起こした棚橋コールのなかコスチュームを脱ぎ、170cmもの胸筋を惜しげもなくご開帳! リングサイドばりの熱気漂う特設ステージにて、しっかり餅を“つき倒す”、ショーマンシップたっぷりのひとときに。
さらに、書き納めなどが行われる、大きな鳥居のある音波神社の境内ステージでは、初日に引き続き弾き語り部のライブが。さらにこの日は、シンガーソングライターの岩崎愛がこのために参上。真っ赤なワンピース姿にギター1本だけを手にし、ロック大忘年会に癒しの風を届けてくれた。「最大級のラブソング」をはじめ、何気ない日常のキラメキが何とも美しい彼女の世界。声とギター、たったそれだけなのにこの温かさ、充足感は何だろう? 「Twilight」では、ループマシンを用い、何重にも声を、ギターを重ねる彼女。熱気昂ぶるロックまみれのキッズたちへ優しく回復の魔法をかけてくれるように、じわじわ心が浄化されていく心地だ。いつまでも胸の奥を占拠するマジカルなひとときに、温かな拍手が贈られた。
R-STAGEで2日目の幕をあけたのは、Saucy Dog。初登場を飾った前回を経て、昨年よりひとつ大きな会場へと躍進。太いリズムを刻む秋澤和貴(Ba)に、包容力たっぷりのドラミングを繰り広げるせとゆいか(Ds/Cho)、そして人肌の温かみある石原慎也(Vo/Gt)の言葉の数々……。
Saucy Dog
3人が奏でる色鮮やかなアンサンブルは、実像以上に大きく実距離よりも何と近しく感じることか! 全てのオーディエンスが拳を突き上げる絶景は、「みんなの耳に、心に届いたらいいなと思います」(石原)との言葉を具現化させた、何よりの証明だろう。またひとつ階段を駆け上がった頼もしい姿を見せてくれた。
THE CHARM PARK
LIVE HOUSE Antennaのトップバッターは、THE CHARM PARK。メジャーファーストアルバムのリード曲「Imperfection」が、最新の2018年12月のヘビーローテーションに選ばれるなど、大注目のシンガーソングライターだ。ロサンゼルスで育ったため、自らを“外国人”と茶目っ気たっぷりに称しながら、MCで場を和ませる。かと思えば、初となるバンド生演奏にのった歌唱力で圧倒。
THE CHARM PARK
ネイティブな英語詞が心地よく、肩を揺らして聞き耽ってしまう熱量の込もったムーディーなライブを展開。より大きなステージも映えるだろうなと、想像してしまうほどの凄まじいポテンシャルを見せつけた。
マカロニえんぴつ
同じくLIVE HOUSE Antennaに登場した、マカロニえんぴつ。開演前から入場規制がかかっていたほど、注目度の高さが伺えるライブに。キャッチーなサビと疾走感溢れるナンバーを続々と放ち、観客とテンションを練り上げていく。「この1年の活動は、バンドを始めた中で大事な1年になりました」と、振り返ったはっとり(Vo/Gt)。
マカロニえんぴつ
さらに、初出場のステージにかける想いを語り、「俺たちはJ-POPです。すぐ捨てられるような曲はひとつもない。だから、ずっと追いかけてください。それが唯一のお願いです」とぶつけ、「ミスター・ブルースカイ」へ。音楽への愛と、ひたむきに高みを目指す姿が印象的なステージだった。
◆Z-STAGEにはgo!go!vanillasTHE ORAL CIGARETTESフレデリックが登場◆
go!go!vanillas
注目が集まったといえば、Z-STAGEのgo!go!vanillasだろう。今月、ベースの長谷川プリティが交通事故に合い、意識不明の状態が続いていた。しかし、27日に意識回復が伝えられ、バンドもサポートを迎える形で 活動の継続を発表。そんな安堵の知らせがあっただけに、彼らのライブに注目が集まっていた。いつもと違っ た独特の緊張感が張り詰めた会場にメンバーが登場。ベースのサポートで登場したのは、THE ORAL CIGARETTESのあきらかにあきら。
go!go!vanillas
「レディクレの出演をどうしようか考えていた時に、すぐに手を差し 伸べてくれた愛すべき友達です」と、 牧達弥(Vo/Gt)が紹介。並々ならぬ気合いたっぷりなステージ、楽 しそうなあきらかにあきらの表情に胸を撃ち抜かれた。間違いなく、バンドの歴史に、そして観客の記憶に 残るかけがえのないライブになったはず。会場内には、FM802の呼びかけで、プリティのトレードマークの蝶ネクタイを千羽鶴のように折り紙を作って届けるブースも。メンバーの想いだけでなく、観客の想いも彼に届いたに違いない。
THE ORAL CIGARETTES
その後、THE ORAL CIGARETTESも同じZ-STAGEに登場。怒涛のセットリストで、会場の興奮をぶち上げていくアグレッシブなステージ。山中拓也(Vo/Gt)が、「ここからエンジンかけていくよ!」と煽り、艶やかな歌声を届ける。さらに山中が1年を振り返り、「いろんな奇跡を見せてもらって、感動しました。
THE ORAL CIGARETTES
一人じゃつらいことは乗り切れないし。みんなが一人にならんように手をとりあっていけたらと思います」と思いの丈を語って、大切な想いを込めた新曲も披露。
THE ORAL CIGARETTES
THE ORAL CIGARETTES
ラストは、選ばれたFM802の学生リスナーがステージに呼び込まれ、バンドと共に熱唱。メンバーと肩を組んだり、顔を寄せ合いながら歌う感動のフィナーレを迎えた。

フレデリック

Z-STAGEには、フレデリックも登場。神戸ワールド記念ホールでのワンマンを成功させただけに、壮大なスケールを帯びた堂々たるライブを展開。「シンセンス」、「KITAKU BEATS」、「TO GENKYO」とまくしたて、会場をダンスホールと化す。
フレデリック
「俺たちの信じた音楽だけで、やりきりたいと思います!」と三原健司(Vo/Gt)が宣言して、「LIGHT」へ。グルーヴィーなサウンドにまた体がうずき、トドメの「オドループ」へ。
フレデリック
「気になったバンドがいたら、ワンマンにぜひ行ってみてください。そこでこそ、そのバンドの本質が見れるから」とメッセージを伝え、ラストの「飄々とエモーション」へ。とことん躍らせるフレデリックらしい圧巻のステージだった。
◆2009年の1月にヘビーローテーション阿部真央、バンド結成20周年の節目を迎えたTHE BACK HORNは共鳴ステージ◆
阿部真央
L-STAGEに登場した阿部真央は、2009年の1月にヘビーローテーションに選ばれた「ふりぃ」を筆頭に、ロックでキュートな楽曲を披露。ヒールを履いてスカートをひるがえしたかと思えば、拳を振りかざしながら熱唱。そんな彼女のロックスピリッツに胸が熱くなる。
阿部真央
ハスキーな声といじらしい声が織り交ぜられた独特の歌唱に聞き入る観客たち。イントロから歓声が沸いた「ロンリー」、そしてラストのドキッとさせられる歌詞の「ストーカーの歌~3丁目、あなたの家~」にいたるまで、観客の視線を釘付けにしてステージを後にした。
同じくL-STAGEには、ウルフルズが出演。『FM802 RADIO CRAZY 2018』当日は、何とトータス松本(Vo/Gt)52歳のバースデー! 終始笑顔が絶えないハートウォームなステージをもたらしてくれた。軽快にドライヴするギター、極太のリズムと、個が際立った泥臭いバンドアンサンブルで、会場の熱量はぐんぐん上昇。端々にオールドロックやブルースなど先人たちへのリスペクトを散りばめつつ、彼ららしい飾らないナニワ節での言葉が実に胸を掴む。
ウルフルズ
今年2月からはトリオで活動してきた彼ら。より研ぎ澄まされたサウンドメイクを奏でるも「ウルフルズが楽しく音楽をやることは変わりません」とはにかむトータス松本。その言葉どおり、最上にハピネスな音空間をもたらしてくれた。
the pillowsからのR-STAGEは、ロック・レジェンドの応酬に! なかでも凄まじい音像をもたらしてくれたのはThe Birthdayの4人だ。チバユウスケ(Vo/Gt)がオフマイクで「カモン!」と煽るや、ド頭から特大アンセム「涙がこぼれそう」を投下!
The Birthday
阿吽の呼吸でシンガロングを放つオーディエンスとのシンクロ率は100%を超え、突き上げられた数多の拳と4人のシルエットが生み出す絶景の何と美しいことか。チバのブルースハープとフジイケンジ(Gt)のスリリングなセッションも湧出した「Red Eye」や、甘酸っぱいノスタルジーをまぶした「1977」と、研ぎ澄まされたエッジィさに潜む柔らかなピュアネスが実に彼ららしいひとときとなった。
THE BACK HORN
その轟音を合図に多くのロックキッズがR-STAGEに集結。2018年はバンド結成20周年の節目を迎えたTHE BACK HORNが、特大の“共鳴”をブチかます! これまで様々なかたちで心の琴線を震わせてきた彼らのプロジェクト“KYO-MEI”が『FM802 RADIO CRAZY 2018』と合体し、ゲストとの今宵限りの宴が開幕に。
THE BACK HORN
まずは「僕らが一番最初に作った曲です」と導いた「冬のミルク」をスガ シカオとコラボ! 甘く艶めいたスガの歌声が、山田将司 (Vo)の硬派な声質と重なり、情景をまざまざと浮かび上がらせていく。続いてはSUPER BEAVER・渋谷龍太と「美しい名前」を歌唱。
THE BACK HORN
まるで持ち歌の如くフィットした渋谷の鮮やかなボーカルを経て、ラストは9mm Parabellum Bullet菅原卓郎がオン・ステージ! シルキーな菅原の歌声で放つ「刃」の高潔さには拳を強く、強く握りしめずにはいられない。それにしても、TBHの持つ強靭な楽曲のパワー、そして山田の広大な空間をも残らず鼓舞する声の強さ……。
THE BACK HORN
コラボで改めて知るバンドの地力も含め、レディクレの新たなヒストリーに燦然と輝くステージとなったことは言うまでもない。
◆CRAZY MAN CLUB BANDに木村カエラ怒髪天増子直純ら登場、そして2018年『FM802 RADIO CRAZY』の大トリはSUPER BEAVER◆
CRAZY MAN CLUB BAND
10回目となるロック大忘年会も残すところあと数組。間違いなく2日間のハイライトのひとつとなったのは、R-STAGEのエンディングを飾るCRAZY MAN CLUB BANDだ。2010年以来の登場となる謎の覆面バンド……その正体は奥野真哉(Key / ソウル・フラワー・ユニオン)、クハラカズユキ(Ds / The Birthday)、隅倉弘至(Ba / 初恋の嵐)、山内総一郎(Gu / フジファブリック)と邦ロック名うてのプレイヤー5人だ。先陣を切ったのは髭・須藤寿を呼び込んでの「テキーラ!テキーラ!」。マーブル模様の髭サウンドを一層サイケに奏でる5人に、須藤も音の波にサーフするかのように実に心地よさそう。9mm Parabellum Bullet・菅原卓郎との「ハートに火をつけて」では、奥野のカラフルな鍵盤と山内の泣きのギターが絡み合い、場の温度も急上昇!  
CRAZY MAN CLUB BAND
お次は怒髪天・増子直純とフラワーカンパニーズ・鈴木圭介による「オトナノススメ」「ファンキーヴァイブレーション」を。FM 802のDJ陣もお目見えし、お祭り騒ぎは一層加速。全員での大合唱に今宵イチのピースな空間と化したなか、紅一点・木村カエラが登場! ギターを手に「BEAT」など豪華なカエラ・メドレーを経て、今年逝去した漫画家・さくらももこへの愛情を込めた「おどるポンポコリン」でフィナーレへ! 全員が満面のスマイルをたたえ、大団円を迎えたと思いきや……「待て待て待てーぃ!」と、忘れられた(!?)キュウソネコカミ・ヤマサキセイヤが滑り込む! フレディ・マーキュリーよろしく、銀のギリギリな衣装をまとい正真正銘のエンディング「クレイジーマンのテーマ」をお見舞い! 次に会えるのはいつになるのか……豪華過ぎる顔ぶれがアニバーサリーを彩る、痛快なステージとなった。
SUPER BEAVER
そして、2日間の大トリを務めるのはSUPER BEAVER。LIVE HOUSE Antennaのステージで2015年にトリを務め、昨年はL-STAGEに出演。みるみる飛躍してきた彼らが、2018年の最後を締めくくる。ステージ上でメンバーが円陣を組み、気合を入れてライブがスタート。年忘れだと息巻いてる世の中に、渋谷龍太(Vo)が物申す。「SUPER BEAVERがトリを務めるのは、楽しかったことも辛かったことも、全てを持って、何一つ忘れないためのオンステージ!」と宣戦布告して、「美しい日」へ。「やなこと、たのしかったこと、かかえきれないことがいくつもあった。あなたしか分からないことを、あなたが守らないでどうする!」と投げかける、その実直な目に心がざわつく。
SUPER BEAVER
あくまでも、観客ひとりひとりと向き合うように、語り合うように歌う渋谷。彼の歌をどこまでも遠くへ、一人でも多くの人へと届けるように、柳沢亮太(Gt)と上杉研太(Ba)、そして藤原広明(Dr)のアンサンブルが轟く。全ての言葉が突き刺さるライブの勢いはとどまることをしらず……。ビジョンに映し出された観客たちの中には、涙を拭っている人も多くいた。《あっという間に終わってしまうよ》と謳われた「閃光」で、全てが尊く、またとない瞬間の連続だということを証明。だからこそ、「何がやりたい? どうしたい? 周りのことなんか気にすんな」と投げかけ、「楽しい方へ向かっていこう」というメッセージが沁みるし、否定されながらも自分たちの信じる道を進んできたSUPER BEAVERの言葉だからこそ説得力がある。
SUPER BEAVER
「自分自身のことをごまかしちゃいけない」 だとか、まっすぐに生きることの大切さを教えてくれるステージに身震いがした。自分は彼らみたいにまっすぐ生きられているだろうか、やりたいことをやったほうがいいんじゃないか。そんな風に考えたり、突き動かされた人も多かったはず。渋谷が言っていたような、「生きててよかった」と思える瞬間が間違いなくあったし、音楽が好きでよかったと再確認もできたステージだった。こんなすごいライブが観られるなら、来年も年末は『FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY 2018』に来ようとも思えたはず。
SUPER BEAVER
インディーズバンドながら、大トリを任せられたのはラジオ局主催のイベントならではの関係性が実現したことであり、任せるに値するだけの熱いものをSUPER BEAVERが持っていたからだろう。大トリの出演と聞いて、最初は不安だったとも語っていたが、文句なしのラストライブを飾ってくれた。
SUPER BEAVER

この直後、会場の控え室前に設置された特設ステージで『ROCK KIDS 802』の公開生放送に参加したSUPER BEAVER。ライブ音源が早速OAされただけでなく、ステージにかけた想いや感想がいち早く届けられた。こうした、ライブの余韻にすぐさま浸れるのもFM802主催のイベントならでは。さらに、帰りのシャトルバスでも、ライブ音源が聞けるという粋なはからいも嬉しい。随所に散りばめられた、観客への気遣い、そしてよりアーティスト自身のことを知ってほしいという想い、ライブによりのめり込んで欲しいという熱意は、きっと来年で30周年を迎えるラジオ局として、毎日リスナーひとりひとりと向き合ってきただけに自然なことなのかもしれない。
FM802 RADIO CRAZY
また、ヘビーローテーションナンバーが演奏されるとブチ上がる一体感は、毎日オンエアを続けてきたからこそ生まれるものだったはず。さらに、CRAZY MAN CLUB BANDといった豪華なコラボなど横のつながりは、FM802とイベントを通して培われてきた関係性の賜物。そして、『FM802 RADIO CRAZY』は10年、FM802は30年になる地続きになってきた縦の歴史があるからこそ生まれるドラマも、ここでしか見れないスペシャルなものだった。イベント10回目も、漢字にすると「十回目」。802ならではの横のつながりと、縦の歴史……。それらが十字に交わって、集結したもっとも濃い魅力を、この二日間に渡って体感することができたのではないだろうか。
FM802 RADIO CRAZY
10回目の集大成であり、FM802の30周年イヤーに向けた新たなスタートとなった『FM802 RADIO CRAZY』。年が明けてもこの日のライブ音源や公開収録の模様がOAされるだけでなく、19年6月1日、2日には2Daysで大阪城ホールでの30周年のアニバーサリーイベントの開催も決まっているので、余韻を増幅させながら、まだ知らぬ音楽と出会い、より深く知ることで、また来年の『FM802 RADIO CRAZY』がより楽しめるようにラジオをチェックしてみてほしい。
1日目のレポートはこちら
取材・文=大西健斗、岡田あさみ、後藤愛 撮影=井上嘉和、田浦ボン、日吉“JP”純平、森好弘、渡邉一生、Peta

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。