WOMCADOLE

WOMCADOLE

樋口侑希(WOMCADOLE)、
未発表曲「kamo river」の
弾き語り映像を公開

WOMCADOLEのフロントマン樋口侑希が、京都鴨川で弾き語る未発表曲「kamo river」の映像をYouTubeにて公開した。

「kamo river」は過去にWOMCADOLEとしてバンド演奏で披露したことはなく、樋口侑希の弾き語り公演や、今春開催されたツアー『己の心に吠えろよツアー』のアンコールなどで突如披露されていた楽曲。樋口本人とスタッフらの強い意向で実際に京都の鴨川で演奏し、撮影された映像が公開された。WOMCADOLEのLIVE VIDEOやシングル「ライター」の初回盤ライブDVD映像などを手がける福島吉人がディレクションを務め、きわめてシンプルに撮影、編集されている。

同曲に関して樋口は“夕方6時と俺のリアルを描きました。是非黒ラベル片手に聴いて欲しいです”とコメント。また、現時点で「kamo river」の発売予定はないとアナウンスされているが、11月にリリースされたシングル「ライター」を京都のCDショップで購入した方に、サプライズプレゼントとして「kamo river」の弾き語り音源CDRが付与されていたことも明かされた。

WOMCADOLEは現在『己の炎を絶やすなツアー』を開催中。2019年3月には自主企画『瀧昇』を冠したワンマンツアー『瀧昇 二〇一九 五本目 独奏謝謝春嵐編』を全4公演で開催する。

【樋口侑希 コメント】

kamo river

出会いの場所、待ち合わせの場所、はたまた始発が出るまでの飲み場所。
鴨川等間隔にこれっぽっちも憧れはなかったのに。
今では少しだけ感じる。
本当に単純な男だ。

あの時ロックは僕らを近づけたけど、今じゃロックは僕らを遠ざける。
「会いたいのに会えないのは、変わらないから?」なんて唄って。

夕方6時に会いたくなるのは、また君と黒ラベルを飲みたいから。
ってのは口実かもしれない。
でもそれでいい。
本当に単純な男だ。

夕方6時と俺のリアルを描きました。
是非黒ラベル片手に聴いて欲しいです。

「kamo river」弾き語り映像

シングル「ライター」発売中
    • 【初回生産限定盤】(DVD付)
    • UNCR-08~09/¥2,200(税抜)
    • <収録曲>
    • ■CD
    • 1.ライター
    • 2.追想
    • 3.ノスタルジックアパート
    • ■DVD ※初回生産限定盤のみ
    • 2018.1.26@大阪江坂MUSE「瀧昇 二〇一八 三本目 同一平面爆発編」
    • 1.人間なんです
    • 2.ドア
    • 3.黒い街
    • 4.夜明け前に
    • 5.絶望を撃て
    • 6.少年X
    • 7.月
    • 8.独白
    • 9.馬鹿なくせして
    • 10.アオキハルヘ
    • 11.アルク
    • 12.唄う
    • 13.綺麗な空はある日突然に
    • 14.ワンダー
    • 【通常盤】
    • UNCR-12/¥1,000(税抜)

【ライブ情報】

■『己の炎を絶やすなツアー 』
1月17日(木) 東京・渋谷CLUB QUATTRO
w)tacica
1月18日(金) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
w)Saucy Dog
1月31日(木) 大阪・梅田CLUB QUATTRO
w)ハルカミライ

■『瀧昇 二〇一九 五本目 独奏謝謝春嵐編 』
3月02日(土) 広島・HIROSHIMA 4.14
3月15日(金) ???(後日発表) 
3月16日(土) 静岡・Shizuoka UMBER
3月30日(土) 宮城・仙台LIVE HOUSE enn 2nd

WOMCADOLE
シングル「ライター」【初回生産限定盤】(DVD付)
シングル「ライター」【通常盤】

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。