「サマーソニック2019」レッチリ・B
’z・チェインスモーカーズがヘッド
ライナー、東京&大阪で3日間

「サマーソニック(SUMMER SONIC)2019」が、ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセと大阪・舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)にて2019年8月16日(金)・8月17日(土)・8月18日(日)の3日間、開催される。
2000年8月、都市型フェスティバルとして産声を上げたサマーソニック。通称サマソニ。記念すべき最初の出演アーティストは、グリーン・デイ、ブルース・エクスプロージョンをヘッドライナーに迎えていた。その後もガンズ・アンド・ローゼズ、レディオヘッド、ブラー、オアシス、メタリカ、リンキン・パークら名だたるアーティストを誘致し続け、年々変化し続けた“サマソニ”は、今や世界的な音楽フェスティバルといっても過言ではない。
そして迎える2019年は、20周年となる記念すべき年だ。アニバーサリーイヤーにふさわしく、10年ぶりに3日間開催で行われる。
東京のスタート日(大阪3日目)にヘッドライナーを務めるのはB’z。数々の海外の大物がプレイして来たサマソニだが、待望の日本からの初ヘッドライナーだ。また、同じく初日を飾る日本人アーティストとして注目したいのは[ALEXANDROS]。日本を代表するロックバンドに昇りつめた彼らがどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか期待が高まる。
さらに、同日の海外勢には、新作で世界的アーティストに成長したTHE 1975のほか、トゥー・ドア・シネマ・クラブ(TWO DOOR CINEMA CLUB)、ザ・ストラッツ(THE STRUTS)らが決定。ブリットアワード新人賞を獲得したサム・フェンダー(SAM FENDER)、オーストラリア・パース出身のインディサイケバンド、サイケデリック・ポーン・クランペッツがサマソニで初来日を果たす。
熱を帯びてきた2日目(大阪1日目)、レッド・ホット・チリ・ペッパーズがヘッドライナーを務める。2011年の東日本大震災の年、キャンセルもやむ追えないと思っていた中でも熱いライブを繰り広げてくれた彼らが、再びサマソニのステージに立つ。
同日には、RADWIMPSMAN WITH A MISSIONも参戦。また、世界の名だたるフェスでもその名を馳せるBABYMETAL、サマソニ最多出場記録を誇るパンク・バンド、ゼブラヘッド(ZEBRAHEAD)、パンクロックシーンの重鎮ランシド(RANCID)、ロック界のホープ ブリング・ミー・ザ・ホライズン(BRING ME THE HORIZON)らが登場する。
最終日(大阪2日目)は、アメリカ発のデュオ、ザ・チェインスモーカーズがヘッドライナーとして参戦。2018年の日本ツアーでは東京で2万人、大阪で1万人を歓喜の渦に巻き込んだ彼らが、サマソニに2年ぶりとなる出演を果たす。
ともに最終日を盛り上げるのは、ディスクロージャー(DISCLOSURE)、アラン・ウォーカー(ALAN WALKER)、ブロックハンプトン(BROCKHAMPTON)、ブラックピンク(BLACKPINK)(※東京のみ)ら。最終日まで目が離せないラインナップだ。
2020年のオリンピックイヤーは開催されないことも決定しているため、2年分の豪華アーティストが集結。今後も続々と発表されていくアーティストは随時要チェックだ。
【詳細】
サマーソニック(SUMMER SONIC)2019
開催日:2019年8月16日(金)・8月17日(土)・8月18日(日)
東京:ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ
大阪:舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)
【チケット情報】
■東京会場
価格:1DAYチケット 15,000円、3DAYチケット 39,000円
プラチナチケット(サマソニ1DAY+プラチナ特典・枚数限定) 25,000円
※プラチナ特典:専用ヴューイングエリア、専用ラウンジ、専用クローク、グッズ売り場ファストレーン、ウェルカムドリンク、会場間専用シャトルバス
プレイガイド:e+、ローソンチケット、チケットぴあ、楽天チケット、CNプレイガイド、Yahoo!チケット、LINE TICKET他
一般発売日:5月25日(土) AM10:00~
■大阪会場
価格:1DAYチケット 13,800円、3DAYチケット 36,000円、プラチナチケット 25,000円
プラチナチケット(サマソニ1DAY+プラチナ特典・枚数限定) 25,000円
※プラチナ特典:専用ヴューイングエリア、専用ラウンジ、専用クローク、グッズ売り場ファストレーン、ウェルカムドリンク