kimi(Amiliyah)、かなでももこ、IBUKI、Haruka(e:cho)

kimi(Amiliyah)、かなでももこ、IBUKI、Haruka(e:cho)

かなでももこ、IBUKIなど
『Valentine's LIVE 4 YOU』に
出演する4人のヴォーカリスト
の対談を公開

2019年2月11日(月・祝)、池袋RUIDO K3を舞台に『Valentine's LIVE 4 YOU』と題したイベントが行なわれる。出演するのは、かなでももこ/IBUKI/Amiliyah/e:cho。今回、Amiliyahのkimi、かなでももこ、e:choのHaruka、IBUKIと4人のヴォーカリストたちが一堂に会し、対談を行なった。

かなでさんに告白タイムを
されているような(笑)

――まずは、4人の繋がりから教えてください。

IBUKI:もともとの接点は、私とかなでさんが出会ってでしたよね。一緒にツアーも行きましたしね。

かなでももこ:IBUKIさんとは、一緒に名古屋までライブをしに行きました。元を辿るとですね、私が司会を担当しているMUEステーションという番組にIBUKIさんがゲストで来てくださってお話をした時に、凄くシンパシーを感じまして。IBUKIさんはすごく素敵な方。しかも、ゲストで来ていただいですぐにIBUKIさんのワンマンライブがあったことから、そのライブへお邪魔をしに行きました!!

IBUKI:さっそく、観に来ていただけましたからね。

かなでももこ:あのときに私、“これからやってやるぜ、不屈の魂”をIBUKIさんのステージから感じ、響く言葉や歌っている姿が本当にカッコ良くて…。私はIBUKIさんと出会って短かったけど、本当に楽曲と人柄だけの印象でライブを観に行ったのに、ボロボロ泣いてしまうくらいの感動を覚えていました。それくらい、IBUKIさんのことが好きなんです。

IBUKI:かなでさんは、人柄が本当に素敵な方。でも、ステージに立つとパワフルでメタルシンガーという感じになりますよね。

かなでももこ:子メタルみたいな感じです(笑)。

IBUKI:そこは、大メタルで行きましょうよ(笑)。

かなでももこ:私はアニソンを歌いデビューを飾りましたけど。ロックな楽曲が好きだし、とくにロックバラードが好きなんですね。同時に、ドコドコとした音を叩き出すメタルな曲調も大好きです。それもあって激しいスタイルにも挑戦し続けてきたように、いつしかメタルの世界にも足を突っ込んでいた面もあるんですけど。そんな自分の表現の変化や流れもあった時期だったからこそ、IBUKIさんと出会えたことがすごく嬉しかったんです。今のかなでももこであったからこそIBUKIさんとも出会えたし、今のかなでももこがIBUKIさんの曲を聞いたから、こんなにも共鳴したんだと思えています。

IBUKI:なんか、かなでさんに告白タイムをされているような(笑)。
かなでももこ

かなでももこ

私がたまねぎを
切ろうとしているのに、
耳に惹かれて包丁を
振り降ろせない世界観

――IBUKIさんとAmiliyahさんは、同じレーベルへ所属している間柄。

IBUKI:そうです。しかも、私のライブ演奏のときには、e:choのベーシストであるY.O.U.さんにサポートで入っていただいているように、e:choさんとも繋がりは深いです。

かなでももこ:AmiliyahさんにもMUEステーションに来ていただきました。あのときは、ホントに素敵なドレス姿で、もうお姫さまが来てくれた感じでした。kimiさんとお話をしたら、エンターテイメント性に長けていて、独自の音楽性、世界が本当に素晴らしくて。Amiliyahさんのライブも、番組に来てくださった直後の単独公演を観にいかせていただいたんですけど。もちろん音楽だけでも楽しめるけど、その世界やストーリーを知ることで、どんどんAmiliyahの沼にはまってゆく感覚だし、そこが素敵ですよね。

kimi:ありがとうございます。

かなでももこ:私、IBUKIさんもAmiliyahさんも好きな世界観だから、今回、一緒に共演が決まってすごく嬉しかったです。e:choさんですが、実はヴォーカルのHarukaさんとは今日が初めてになります。でもe:choのベーシストのY.O.U.さんがライブで私のサポートしてくださったり、Y.O.U.さんご自身がMUEステーションにゲスト出演したこともあって、e:choさんの音楽は前々から聞かせていただいております。

Haruka:ありがとうございます。

かなでももこ:e:choさんは多ジャンルを表現していると言いますか、“えっ、さっきまで聞いていたのと同じ人?”と思えるくらい多様性を持っているバンドさんです。それこそ、一瞬たりとも聞き逃せないというか、私がたまねぎを切ろうとしているのに、耳に惹かれて包丁を振り降ろせない世界観。それくらいBGMにはならない、耳が惹かれる音楽世界を持っているバンドです。とても目の離せないバンドさんという印象のように、今回イベントでご一緒してライブを生で体感できるのが、今からすごく楽しみです。
kimi(Amiliyah)、かなでももこ、IBUKI、Haruka(e:cho)
かなでももこ
かなでももこ
IBUKI
IBUKI
kimi(Amiliyah)
kimi(Amiliyah)
Haruka(e:cho)
Haruka(e:cho)
kimi(Amiliyah)、かなでももこ、IBUKI、Haruka(e:cho)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着