44MAGNUM

44MAGNUM

44MAGNUM、35年目にして
“新たな1stアルバム”と言える
新作の全容とは?

2018年にデビュー35周年を迎えてアニバーサリーイヤーを展開中のロックバンド、44MAGNUM。そんな彼らが1月30日にリリースするニューアルバム『PRISONER』の詳細と最新アーティスト写真を公開した。

『PRISONER』は44MAGNUMの“歴史”と“現在”をこの節目の年にコンプリートさせるというコンセプトのもと、主にデビュー前に制作されたデモ音源、仮音源。また、完成していながらアルバムに収録されなかった楽曲など、スタジオ音源として発表されずにいた楽曲を“最新”の作品としてレコーディングした。

たとえば、本作1曲目に収録の「I'm Lonely Man」はインディーズ時代から多く演奏してきた当時の代表曲と言えるものであり、1stアルバムに収録される予定でもあったが、最終的に見送られ、ファンの間では幻の名曲として今日に至っている楽曲だ。

さらに、STEVIE(Vo)の参加以降、44MAGNUMの音源は5人によって制作されていたが、本作はヴォーカルパートをすべてPAUL(Vo)が担当して歌うことで、35年目にして“新たな1stアルバム”とも呼ぶべき、44MAGNUMが44MAGNUMであり続けるための作品として完成した。

アルバムリリース後の初ライヴは2月3日(日)、2月10日(日)に新横浜NEW SIDE BEACH!!で、そしてアニバーサリーイヤーの集大成となる『44MAGNUM 35th ANNIVERSARY FINAL GIG』は3月31日(日)に梅田am HALL、4月4日(木)に新宿BLAZEで開催される。
アルバム『PRISONER』2019年1月30日発売
    • 【初回限定版】(CD+24Pスペシャルフォトブック)
    • YZLM-5023/¥4,400(税込)
    • 【通常盤】
    • YZLM-5024/¥3,000(税込)
    • <収録曲>
    • 01.I’m Lonely Man
    • 02.Girl
    • 03.Come On Let’s Go!l
    • 04.Ow!
    • 05.I Don’t Know What You Say
    • 06.Be4 We Leave Together -Quite Decade City-
    • 07.Through The Night
    • 08.I Believe This Town
    • 09.UK

【ライブ情報】

『44MAGNUM 35th ANNIVERSARY LIVE in YOKOHAMA』
2月03日(日) 神奈川 新横浜NEW SIDE BEACH!!
2月10日(日) 神奈川 新横浜NEW SIDE BEACH!!
<チケット>
¥7,500(税込) ※スタンディング
一般発売:12月22日(土)より全国プレイガイドで発売
※チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、CNプレイガイド

『44MAGNUM 35th ANNIVERSARY FINAL GIG』
3月31日(日) 大阪 梅田 am HALL
4月04日(木) 東京 新宿BLAZE
<チケット>
・PREMIUM SEAT:¥20,000(税込、D別)
※プレミアムエリア特設シート、アフターショーイベント参加、プレゼント付き
・一般SEAT:¥7,800(税込、D別)
・オフィシャルHP先行発売:12月28日(金)まで受付中 
http://www.44magnum2001.com/live.html
・一般発売:2019年1月12日(土)より全国プレイガイドで発売
※チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、CNプレイガイド

44MAGNUM
PAUL(Vo)
JIMMY(G)
BAN(B)
JOE(Dr)
アルバム『PRISONER』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」