タイガース・オブ・パンタン、全盛期
のライブ映像作品が発売に

タイガース・オブ・パンタンによるライヴ・アルバム『ライヴ1981~ヘルバウンド・スペルバウンド』が2019年1月18日に日本先行発売される。
ジョン・サイクスはタイガース・オブ・パンタンの一員として1981年発表の『スペルバウンド』『クレイジー・ナイツ』でプレイした後シン・リジィに加入し、さらにホワイトスネイク/ブルー・マーダーでの活動を通じてハード・ロック/ヘヴィ・メタル・シーンを代表するトップ・ギタリストとなったわけだが、いわばジョン・サイクスの原点となるのがこのタイガース・オブ・パンタンである。

本作は、ハード・ロック/ヘヴィ・メタルの名盤と呼ばれる『スペルバウンド』発売にともなう1981年の英国ツアーから、ノッティンガム・ロック・シティでのライヴ・パフォーマンスを収めたもので、最強布陣と謳われた栄光の瞬間を追体験することができる貴重な作品となっている。全盛期のライヴ作品として、かつて一度発売されたきり長く廃盤となっていたが、このたび最新リミックス&リマスターが施された新装盤として蘇ることとなった。最新技術によりかつてのナンバーはさらにダイナミックかつエキサイティングに変貌を遂げている。若き日のサイクスによる野心に満ちたギター・プレイに注目だ。

この1年後にはサイクスがバンドを去ることになるため、ライヴ・アルバムとしてはもちろん、歴史的資料としても極めて価値の高い作品と言える。ジョン・サイクスは2019年にリリース予定と噂される久々の新作の制作に突入しており、2019年は“サイクス・イヤー”として、ファンを歓喜させる年になりそうだ。

タイガース・オブ・パンタン『ライヴ1
981~ヘルバウンド・スペルバウンド』

2019年1月18日日本先行発売予定
【ライヴCD】 GQCS-90681 / 4562387208548 / ¥2,500+税
※日本語解説書封入
1.テイク・イット
2.ロックンロール・マン
3.ブラックジャック
4.タイガー・ベイ
5.狂気
6.安楽死
7.ミラー
8.ワイルド・キャット
9.マネー
10.ドント・ストップ・バイ
11.ギャングランド
12.シルヴァー&ゴールド
13.ヘルバウンド
14.スレイヴ・トゥ・フリーダム
15.オール・オア・ナッシング

【メンバー】
ジョン・サイクス(ギター)
ジョナサン・デヴァリル(ヴォーカル)
ロブ・ウィアー(ギター)
ロッキー(ベース)
ブライアン・ディック(ドラムス)

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。