11月27日@東京・Zepp DiverCity

11月27日@東京・Zepp DiverCity

GLAY、
“GLAY MOBILE”10周年を記念した
Zeppツアーが開幕

11月14日(水)に56枚目となるシングル「愁いのPrisoner/YOUR SONG」を発売したばかりのGLAYが、『GLAY MOBILE』10周年を記念したZeppツアー『GLAY MOBILE Presents 10th Anniv. Tour「平成最後のGLAYとChristmas 2018 ~SURVIVAL~」』をスタートさせた。

11月27日、ツアー初日公演の会場は東京・Zepp DiverCity。久しぶりのGLAYに会うため、会場には多くのファンが集まっていた。今回のツアータイトルには様々なキーワードが散りばめられており、“平成最後”や“クリスマス”といったワードに加え、あの伝説の20万人を集めたライブタイトル『SURVIVAL』が入っていることもまた、ライブに対しての期待感を煽る。期待蠢く会場が暗転しSEが流れると、そんな期待の鼓動が早くなるのが感じ取れた。

GLAYの登場と共にZeppの熱は一気に上がり、ライブがスタート。のっけからアッパーチューンをたたみかけ、TERU(Vo)が“あの夏を経験した人も、経験したなかった人も、全ての人に送ります!”と語り、幕張を彷彿させるナンバー「サバイバル」を披露した。

ライブ中盤では“この陽気な曲で、皆んなの心を晴天にしてやる!”というTERUのMCから、すでにライブでも鉄板の曲となりつつある、ニューシングル収録「YOUR SONG」を披露。この楽曲はTERUの人柄そのものが出ているGLAY流応援歌。歌詞の《Oh Doo-bee Doo-wop》にはTERUが国境を越えて、全ての人達で歌えるパートにしたいとの想いが込められており、この日も会場が一体化となってシンガロングが起きた。

そして“久々だね”と一言TERUが呟くと、代表曲の一つでもある「ここではない、どこかへ」を披露。ライブでは久しぶりの披露とあり、会場からは歓声が起こった。懐かしのナンバーを披露したと思えば、続いてはニューシングル収録曲であり、セブン−イレブンとの大型タイアップ曲となったTAKURO作詞作曲の「愁いのPrisoner」へ。駆け上がるイントロから、曲が進むに連れて開放感があふれてくる、まさにGLAYらしいロックナンバーだ。会場には熱気とともに、どこか広々とした開放感ある空気が流れていた。

ライブ最後はここ最近の定番ライブナンバー「XYZ」。Red Bullとのタイアップ曲であったこの楽曲は、まさにジェット機が駆け抜けるような疾走感あふれる一曲となっている。あの幕張のライブを思わせるような、まるで夏のような熱が会場を包みこみ、この日のライブは幕を閉じた。

『GLAY MOBILE Presents 10th Anniv. Tour「平成最後のGLAYとChristmas 2018 ~SURVIVAL~」』

11月28日(水) 東京・Zepp DiverCity
12月03日(月) 大阪・Zepp Osaka Bayside
12月04日(火) 大阪・Zepp Osaka Bayside
12月06日(木) 愛知・名古屋Zepp Nagoya
12月07日(金) 愛知・名古屋Zepp Nagoya
12月13日(木) 福岡・Zepp Fukuoka
12月14日(金) 福岡・Zepp Fukuoka
12月18日(火) 東京・Zepp DiverCity
12月19日(水) 東京・Zepp DiverCity
12月22日(土) 北海道・札幌Zepp Sapporo
12月23日(日) 北海道・札幌Zepp Sapporo

11月27日@東京・Zepp DiverCity
11月27日@東京・Zepp DiverCity

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着