2018年11月11日 at 横浜アリーナ

2018年11月11日 at 横浜アリーナ

【スキマスイッチ ライヴレポート】
『SUKIMASWITCH 15th Anniversary S
pecial at YOKOHAMA ARENA
~Reversible~』
2018年11月11日 at 横浜アリーナ

2018年11月11日 at 横浜アリーナ
2018年11月11日 at 横浜アリーナ
2018年11月11日 at 横浜アリーナ
2018年11月11日 at 横浜アリーナ
2018年11月11日 at 横浜アリーナ
2018年11月11日 at 横浜アリーナ
2018年11月11日 at 横浜アリーナ
2018年11月11日 at 横浜アリーナ
2018年11月11日 at 横浜アリーナ
2018年11月11日 at 横浜アリーナ
 スキマスイッチのデビュー15周年を祝う横浜アリーナ2デイズ、その2日目。いきなりの「全力少年」「view」というスタートダッシュに驚き、後半の盛り上げ定番曲をこんなに早くやっちゃっていいの?と思ったのだが、その謎はあとで解ける。ホーンセクションを加えたバンドは音圧もグルーブも申し分なく豊かで力強く、「ボクノート」「未来花(ミライカ)for Anniversary」ではさらに12人編成のストリングスが加わる。大橋卓弥(Vo&Gu)は赤で常田真太郎(Piano&Cho)は白、紅白の衣装が実にめでたい。14,000人の超満員、ムードはコンサートというより祝賀パーティーだ。

 センター席をぐるりと取り巻く周回通路を歩きながら、15年間の四方山話に花を咲かせるふたりは、まるで近所の居酒屋にいるようなリラックスモード。あぁ、それで次の曲が「飲みに来ないか」なのか…というのはただの偶然だが、弦カルテットを加えた「僕と傘と日曜日」「life×life×life」と、アコースティックセットでのふくよかな演奏、力の抜けた大橋の歌の心地良い軽みに、15年の年輪がのぞく。簡単に言えば大人のグルーブだ。

 映像によるインターミッションを挟み、今度は大橋が白、常田が青へと衣装替え。ドラマチックなミドルバラード「奏(かなで)」「藍」の二連発は、間違いなくこの日のハイライトのひとつだ。アニメ映像と幻想的なレーザーを駆使した演出と、大橋の心のこもった歌が素晴らしくエモい。一転して“後半戦行きますよ!”と叫び、しなやかなグルーブを刻む「Revival」からファンキーに突っ走る「螺旋(らせん)」、ホーンが大活躍する「トラベラーズ・ハイ」と、まるでソウルミュージックのレビューのような華やかさ。これもまたスキマスイッチ15年間の年輪のたまものだ。

 “行くぞ横浜!”と大橋が叫んだと思ったら走り出し、周回通路で「ユリーカ」を歌う姿を大歓声と手拍子が包み込む。「Ah Yeah!!」ではついにセンター席にまで飛び込み、なかなか帰って来ない。常田が笑ってる。みんな笑ってる。一体感とよく言うが、それは手振りが揃うことではない。音楽で心がひとつになる、それがスキマスイッチの一体感だ。

 アンコール。デビューから今日までの15年間、“5604日”を歌詞に織り込んだ「Hello Especially」は、トランペット田中充のコミカルな演技付きで。「ガラナ」を経て最後のMCで、大橋は“15年間、その時の正直な気持ちをかたちにしてきました。正直にやってきて今ここでできることを心から嬉しく思います”と、音楽家としての矜持を語った。常田は、“みんなの気持ちが同じ方向を向かないと、15年間続かないと思います”と、ファンへの感謝の思いを伝えた。ラスト曲「リアライズ」のいつまでも続く14,000人のコーラスは、スキマスイッチを愛するファンからの返答だった。鳴りやまない拍手の中、“続けて良かった”と常田がつぶやく。

 この日のセットリスト本編は、前日の曲順を真逆にひっくり返したものだとあとで知った。なるほど、だから“Reversible”か。常に面白いこと、楽しいことに挑戦し続ける思いがある限り、スキマスイッチは続く。15年ありがとう。そしてこれからもよろしく。

撮影:岩佐篤樹、古賀恒雄/取材:宮本英夫


セットリスト

  1. 1. 全力少年
  2. 2. view
  3. 3. SL9
  4. 4. 蝶々ノコナ
  5. 5. パラボラヴァ
  6. 6. ボクノート
  7. 7. 未来花(ミライカ)for Anniversary
  8. 8. 飲みに来ないか
  9. 9. 僕と傘と日曜日
  10. 10. life×life×life
  11. 11. 奏(かなで)
  12. 12. 藍
  13. 13. Revival
  14. 14. 螺旋(らせん)
  15. 15. トラベラーズ・ハイ
  16. 16. ゲノム
  17. 17. ユリーカ
  18. 18. Ah Yeah!!
  19. <ENCORE>
  20. 1. Hello Especially
  21. 2. ガラナ
  22. 3. リアライズ
スキマスイッチ プロフィール

スキマスイッチ:大橋卓弥、常田真太郎のソングライターふたりからなるユニット。1999年結成。2003年にシングル「view」でメジャーデビュー。大橋の温かく包み込むような独特の歌声、それを支える常田の卓越したサウンドクリエイトで「奏(かなで)」「全力少年」など、ヒット曲を次々と生み出している。スキマスイッチ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。