11月12日(月)@東京・DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERY

11月12日(月)@東京・DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERY

中村雅俊、松井五郎主催の
トークイベントで制作秘話明かす

松井五郎が主催するトークイベント『GORO MATSUI presents Talk Gallery』が11月12日にDAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERYで開催。中村雅俊がゲスト出演した。

松井が自身にゆかりのあるアーティストをゲストに招き、“言葉”“音楽”をテーマにアーティストの世界観を紐解いていく同イベント。会場には中村雅俊の通算55枚目となるシングル「だろう!!」の予約者の中から抽選で選ばれた応募者が参加した。

イベントでは2人の出会いや、中村の音楽ルーツ、過去にリリースしてきた楽曲の制作秘話や、松井の作詞の仕方などをトーク。過去に30曲以上もの詞を中村に提供してきた松井は、「雅俊さん気づいてないかもしれないですけど、やっぱり(話すと未だに)僕緊張するんですよ」と明かした。 中村の楽曲は数多くの作家やミュージシャンが楽曲提供していることもあり、中村の新作が発表されるたびに「雅俊さんの新曲、今度はだれが書くんだろう」といつも気にしてきたという。

それを受け中村は、自身のラジオ番組『オールナイトニッポン ミュージック10出逢いに感謝』のタイトルになぞらえ、「(人や楽曲など)色々な出逢いが中村雅俊をつくってくれたのだと本当に思います。ありがたいです」と、作家陣に感謝を述べた。・

2011年に発生した東日本大震災を受け、統合された小学校の校歌となった「花になろう ~東松島市立鳴瀬桜華小学校歌~」は、共に宮城まで赴き現地の様子を実際に見て制作。中村は松井のアイデアで、「Hey Jude」のように楽曲の後半に別のメロディーが加えることで2校の生徒たちがハーモニーを作れるように、という願いを込めたというエピソードも。

後半では、シークレットゲストとして作曲家の都志見隆が登場。 都志見は1988年発売のアルバム『ACROSS THE UNIVERSE』収録の「永遠にJUST A PAIN」で初めて中村に楽曲提供したが、
直接出会ったのは約10年後に開催されたミュージカル『銀河の約束』の終演後の楽屋あいさつだったはず、と思い出話に花を咲かせた。

これまでもタッグを組んで中村の楽曲を手掛けてきた松井と都志見だが、ニューシングル「だろう!!」の収録曲は“新しいアプローチ”という。カップリングの「千年樹」は、現在開催中の全国ツアーで披露されており、ファンレターでは絶賛の声も多いと語る。

一方、エネルギッシュなロックチューンで人生の応援歌となっている「だろう!!」は、直近の過去3作に収録された松井・都志見タッグの楽曲群とは異なり、“作曲先行”で楽曲が制作。 都志見が提示した、楽曲の“キメ”となる部分の2音に松井がタイトルにもなった、「だろう!!」の言葉を乗せ、結果、力強く呼び掛けるメッセージが印象的なインパクトの強い楽曲になったとのこと。ノリが良く、コールアンドレスポンスも楽しめる「だろう!!」で、ライブでは一緒に盛り上がってほしいと中村が集まったファンに呼びかける場面も。

最後に映像ディレクター・映画監督のウスイヒロシが監督を務めた「だろう!!」のMVのフルバージョンを初披露し、イベントは幕を閉じた。

中村はツアー『中村雅俊コンサートツアー2018「ON and ON Vol.2」』を実施中。

Photo by 森久

「だろう!!」 MV

シングル「だろう!!」2018年11月21日発売
    • COCA-17531/¥1,080(税込)
    • <収録曲>
    • 1.だろう!!
    • 2.千年樹
    • 3.だろう!! カラオケ
    • 4.千年樹 カラオケ

中村雅俊コンサートツアー2018「ON and ON」Vol.2

11月17日(土) 三重クラギ文化ホール
11月24日(土) 静岡森町文化会館
※Acoustic Unit
11月25日(日) 岐阜美濃加茂市文化会館
※Acoustic Unit
12月01日(土) 中野サンプラザホール
12月09日(日) 福島二本松市民会館
※Acoustic Unit

11月12日(月)@東京・DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERY
11月12日(月)@東京・DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERY
11月12日(月)@東京・DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERY
11月12日(月)@東京・DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERY
シングル「だろう!!」
中村雅俊

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。