L→R アイナ・ジ・エンド、リンリン、ハシヤスメ・アツコ、アユニ・D、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー

L→R アイナ・ジ・エンド、リンリン、ハシヤスメ・アツコ、アユニ・D、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー

【BiSH インタビュー】
媚びずに自信を持って
やれるようになった

人気ゲームソフト『GOD EATER 3』のオープニングテーマ曲に起用され、スケール感のある曲調が見事にマッチしたメジャー5thシングル「stereo future」。カップリング曲にも新たな挑戦を盛り込んだりと聴き応え十分だ。

今年は夏フェスにもたくさん出演しましたけど、印象に残ったライヴなどがあれば教えてもらえますか?

アユニ
『RISING SUN ROCK FESTIVAL』は地元だったので感慨深かったです。でも、一番印象に残ったのは『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』ですね。生バンドでやったので、それがすごく楽しくて。今後も生バンドでやりたい(笑)。
チッチ
それぞれに思い出があるんですけど…『風とロック 芋煮会』は福島を盛り上げようとしていて愛にあふれているし。あと、アーティスト主催でやってるフェスはこだわりを感じるし、自分たちの音楽に自信を持ってる気がして。BiSHもこういう人たちみたいになれたらいいなと。

今は初の全国ホールツアー中で初日の中野サンプラザホールを観に行きましたが、メンバーひとりひとりのスキルはもちろん、BiSHとしての一丸感も増しているし、ショーとしても格段にレベルアップしてましたね。

チッチ
演出のこだわりもすごいので、リハも一番多くやったんですよ。だから、そんなに不安なくやれましたね。
アユニ
私も不安なくできました。個人的なことを言うと、自分の中で音楽への考え方が変わったんですよ。今まではあまり上手くノレなかったけど、自然と身体がリズムにノレたり、空気感を掴めるようになったから。音楽への興味が深くなった上でBiSHとしてライヴをやれているので楽しいですね。

えっ、今まではノレなかった?

アユニ
“やらなきゃ!”という気持ちのほうが強くて。
チッチ
えっ、そうだったの?(笑)
アユニ
今までは受け入れるだけだったけど、考えて動くようになったので。それはソロプロジェクトのPEDROをやったことが大きいですね。曲作りからミックスまで関わることができたから。

チッチ、アユニさんともにソロをやった経験が活きてると?

チッチ
そうですね。媚びずに自信を持ってやれるようになりました。PAさんに“歌い方が変わった?”と言われたし、歌も開放的になったのかなと。あと、アユニと楽器のことを話すようになって…“このベースの音いいよね”とか。
アユニ
最近楽器のことが少し分かるようになったから、チッチに言ったら全部伝わるんですよ。チッチはすごいなって。
チッチ
今までにはなかった会話が増えましたね(笑)。

それはいいことですね。で、今作の表題曲はゲームソフト『GOD EATER 3』のオープニングテーマ曲になりましたが、ストリングスが入った壮大系の曲調に仕上がりましたね。

チッチ
『GOD EATER』はもともと知っていたし、歌詞も孤独で闘ってる人みたいな話にも受け取れるし。BiSHは6人いるけどひとりひとりがいろいろ抱えて闘っているので、それとも重なるなと。
アユニ
曲を聴いた時に残酷なファンタジーが思い浮かんで。『GOD EATER』のタイアップなので、世界観がすごく出ているなと。この間MV撮影をしたんですけど、その世界観を表現しているし、カッコ良い映像になりました。

チッチさん、アユニさんの歌声もかなり前に出てますよね。

チッチ
歌の譜割も斬新だったし、キーも高かったので必死に歌いました。アユニと私は1日多くて、2日間レコーディングしましたからね。ドスン!と響いてくれたらいいなと。
アユニ
BiSHのサビと言えば、チッチとアイナちゃんなので、そこに挟まれて私が入っているからヤバイなって。振り付けもBiSHで一番なぐらい難しいダンスなんですよ。歌にもダンスにも感情が入るので、鼻血が出そうですね(笑)。
チッチ
ライヴで歌いながら踊るのは大変だなって…。

カップリング曲「S・H・i・T」はアユニさんが作詞を担当されていて。

アユニ
使われるとは思ってなかったんですけどね。PEDROでは自分が思ってることを書いていたので。この曲は原点に戻るというか、BiSHのことを書こうと思いました。

やはり歌詞はBiSHのことを書いてるんですね。

アユニ
自分なりにBiSHっぽくしようと思って、同じ言葉を繰り返して書いたりしました。あと、《囚われ身 見せ物 醜くて美しくて》の歌詞は今のツアーで檻を使っているので、それともリンクできたらいいなと。

《俺ら目立ちたがりの六人十色》の歌詞も面白いなと。

アユニ
語呂が合わなかったので“十色”にしました(笑)。それと最初は“僕”と表現していた歌詞も“俺”に変えました。そのほうが面白いかなって。

曲調自体はビートも速くてパンキッシュな曲調なので、ライヴでも盛り上がりそうなナンバーですね。

チッチ
歌い方は挑戦的というか、もっと遊んでいる感じですね。でも、サビはエモーショナルなんですよ。“こういうふうに歌ってみて”と言われることが多くて。レコーディングも面白かったですね。“アユニみたいに歌ってみてよ”と言われたので、私はアユニの真似をしました。
アユニ
嫌だ!(笑)
チッチ
だけど、“チッチがアユニの真似したら、全然アユニじゃなくて面白いなぁ”と言われちゃいましたけど。

ははは。そして、12月には史上最大2万人規模の幕張メッセ国際展示場9~11ホール単独ワンマン公演を控えてますよね。

チッチ
今まではライヴハウスで熱さや生き様をさらして、お客さんと一体感を持つライヴが大事だったけど。今のホールツアーではショーとして魅せて楽しんでもらえるものを追求しているので、このツアーでみんな何かしら得るものがあるだろうから、幕張はまた別の公演になると思います。集大成というより、新しいBiSHを観せられたらいいなと。
アユニ
BiSH史上最大キャパなので、初めて観る人も多いだろうし。今まで観てきた人を飽きさせず、初めて観た人をもっと興味深くさせるライヴができたらいいな。

取材:荒金良介

シングル「stereo future」2018年12月5日発売 avex trax
    • 【初回生産限定盤】
    • AVCD-94215~6/B ¥6,800(税抜)
    • ※クロコダイル三方背、デジパック仕様
    • ※Live CD+Blu-ray付
    • 【DVD盤】
    • AVCD-94217/B ¥4,500(税抜)
    • 【CD盤】
    • AVCD-94218 ¥1,000(税抜)

【ライヴ情報】

『BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR』
11/21(水) 東京・オリンパスホール八王子
11/23(金) 福岡・福岡市民会館
11/25(日) 京都・ロームシアター京都

『BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL "THE NUDE"』
12/22(土) 千葉・幕張メッセ 9~11ホール

BiSH プロフィール

ビッシュ:2015年3月に結成。16年5月にシングル「DEADMAN」でメジャーデビュー。17年11月に発表したメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』は3作連続となるiTunes総合アルバムチャート1位を獲得。18年3月に発表したメジャー3rdシングル「PAiNT it BLACK」は自身初となるオリコン週間シングルチャート1位を獲得。同年5月22日に開催した自身最大規模となる横浜アリーナでのワンマン公演も平日にも関わらず即日完売。今夏全国の大型フェスに多数出演、10月より初のホールツアー、12月に2万人規模のワンマンライヴ『BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL "THE NUDE"』を千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールで開催する。BiSH オフィシャルHP

L→R アイナ・ジ・エンド、リンリン、ハシヤスメ・アツコ、アユニ・D、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー
シングル「stereo future」【初回生産限定盤】
シングル「stereo future」【DVD盤】
シングル「stereo future」【CD盤】

「stereo future」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。