L→R 辻村勇太(Ba)、高村佳秀(Dr)、田邊駿一(Vo&Gu)、江口雄也(Gu)

L→R 辻村勇太(Ba)、高村佳秀(Dr)、田邊駿一(Vo&Gu)、江口雄也(Gu)

【BLUE ENCOUNT インタビュー】
どんな曲も堂々とやれるし、
バンドの土台がしっかりした

今年3月にアルバム『VECTOR』をリリースして以降、ツアーや多くのフェス出演を経て、さらなる自信と逞しさに満ちあふれるBLUE ENCOUNTから届いた最新シングル「FREEDOM」は、新たなサウンドアプローチに彼らの最新型が見える快作となった。

BLUE ENCOUNTの2018年はいかがでした?

田邊
個人的には夏、ELLEGARDENの復活が観れたのが大きかったですね。「FREEDOM」ができたのもその前後だったんですけど、その時期にback number先輩の東京ドームが観れたり、アコギを持つきっかけになった森山直太朗さんに会えたりもして、あの頃の感覚を思い出させてもらって。ライヴも強くなったし、曲も生まれたし、熱い夏になりましたね。

改めて自分のルーツに向き合えたと。では、3月にリリースしたアルバム『VECTOR』はバンドにどんな影響を与えました?

高村
アルバムの曲もフェスでやるようになって、盛り上げるだけじゃなく、しっかり聴かせる曲や魅せる曲もできるようになったし、ライヴの幅が広がったのは間違いないですね。
江口
前はそういう曲をやるのが怖かったんです。特にフェスだと盛り上がってない画が怖い自分たちがいて、100パーセント自信が持てなかった。でも、アルバムを作ってツアーでやったことで自信がついて、どんな曲も堂々とやれるようになりましたね。『VECTOR』が自分たちを堂々とさせてくれました。
辻村
バンドの土台がしっかりしましたね。ゆっくりした曲をどう表現するかってところも自信が付いた分、演奏の呼吸が深くなったと思うし、セットリストも定番を壊すことができるようになったし。それは『VECTOR』のお陰です。

恐れずに聴かせることができるようになって、定番を壊して深い呼吸で演奏ができてって、まるで「FREEDOM」の話をしてるみたいですよね。空間も活かした堂々とした演奏で、明らかにこれまでのシングルとは違った曲になりましたね。

田邊
この曲ができるまでに、アニメ『BANANA FISH』のOPテーマに向けて何曲か作ってたんですけど、なかなか納得する曲ができなくて。改めてストーリーや要望を考えてた時、駅からスタジオに行くまでの間にフッと沸いたのがこの曲だったんです。で、スタジオに行ってよっちゃん(高村の愛称)と合わせながら仮歌を録って、その場で歌詞を書いたんですよね。この夏、一番いいタイミングで曲出しができたから一気に仕上がったってのもあるし、混じりっ気のないブルエンが出せたかなと思ってて。英詞でカッコ良くソリッドに作れたけど、それだけじゃないエモさも出せてるし、すごく満足してます。

過去現在未来も見返して、現実と真摯に向き合った上で覚悟を決めて前に進む決意表明的な歌詞が、さっきの自分のルーツと向き合えた話ともつながりますよね。仮歌の段階で田邊くんからはどんなアイデアを受け取ったんですか?

高村
アニメ制作サイドから“熱いブルエンじゃなくて、クールでカッコ良いブルエンで”という要望があったのと、ごちゃごちゃしすぎないようにっていうところを意識したんですが。田邊にも明確な画が見えていて“もっとシンプルにしよう”とか意見も出ながらだったので、すごく作りやすかったですね。
江口
田邊の中で方向性が見えてから、みんながスタート位置に付くのは早かったですね。そこから完成までもすごく早かったし、『BANANA FISH』を観てる人からの反応も良くて、1期からの圧を乗り越えることができた自負はあります(笑)。
田邊
2期で結果を出すのがブルエンですから(笑)。僕の場合、タイアップはあまり作品にのめり込まずに曲を作ることが多くて。玄関だけ見て中を想像で書くみたいな感覚で、作品タイトルや物語のワードをパッと見て、そこからイメージして書くんです。でも、『BANANA FISH』はアニメで観てたから自分の中にイメージはあったし、新参者だからこそ作れた曲でもあるので、それがはまったんだと思います。試作段階でいろんなタイプの曲を作れたのもすごく良くて。タイアップの曲を作る時って毎回、次の種を撒く機会にもなるんですけど、今回はとてつもなく輝いてる曲があって、それはブルエンの今後の武器になっていくと思います。

お~、それも楽しみですね。辻村くん、サウンド面は?

辻村
みんながでかくリズムを取ってる分、ベースラインもでかくしちゃうとソリッドさが薄まるから、そこはすごい考えました。静と動がある曲なので、そこの緩急も考えて。今だからできる曲…ちゃんと成長の見える曲になりましたね。

「FREEDOM」はすでにライヴで披露してるんですか?

辻村
してます。そこで“そう、これだよ!”って声があるのも嬉しくて。全然意識してなかったんですけど、「HALO」(2012年4月発表の2ndミニアルバム『HALO EFFECT』収録曲)に通じるものを感じる人も多いらしくて。ブルエンが好きな人のツボを押さえてたんだなっていうのは思ったし、現在のBLUE ENCOUNTを表したシングルになったと思います。

『BANANA FISH』というきっかけはあったけど、この作品が生まれる理由や流れがあったんでしょうね。

田邊
出来上がってみるとそうですね。あと、できることもすごい増えました。だからこそ、田邊的には大変なんじゃないかとも思ってて。キャンバスが広くなりすぎて、どういうアプローチをしていこうかって悩んでる時期です。

嬉しい悩みじゃないですか。

田邊
嬉しいですけど、そうなると何が正しいか分からなくなるんじゃないかってのがちょっと怖くて。また本質に戻る時が来てるのかなと思ったりするんです。とはいえ、“アレっぽいもの”って作り方は絶対にできないし。夏に自分の胸を熱くさせる人たちに出会って、“自分たちもそういう存在になっていけるのか?”と思った時、“自分を信じて、その時々に自分がやりたいことをやればいいのかな?”とか思いながら、今も曲を作ったりしています。

そう思いながらできた「FREEDOM」が、今できるべくしてできたシングルと思えるものになったし、何も悩むことないと思いますよ。何も出ないより100倍いい!

田邊
そうか、確かにそうだ。何も出てこないよりいいですよね。無理せずに出したいものを素直に出していけば、本質が見えてくるのかな。良かった、すっきりしました!(笑)

取材:フジジュン

シングル「FREEDOM」2018年11月21日発売 Ki/oon Music
    • 【初回生産限定盤(DVD付)】
    • KSCL-3118〜9 ¥1,759(税抜)
    • 【通常盤】
    • KSCL-3120 ¥1,204(税抜)

『BLUE ENCOUNT presents 「DO IT HERE vol.1」』

12/06(木) 熊本・B.9 V1 w)キュウソネコカミ
12/07(金) 熊本・B.9 V1 w)SiM

BLUE ENCOUNT プロフィール

ブルーエンカウント:熊本発、都内在住の4人組バンド。2014年9月にEP『TIMELESS ROOKIE』でメジャーデビュー。15年1月にリリースしたファーストシングル「もっと光を」は、新人ながら全国35局でのパワープレイを獲得した。また16年10月には日本武道館ワンマン公演『LIVER’S 武道館』を大成功に収める。さらに17年1月にはセカンドアルバム『THE END』をリリースし、バンド史上最大規模であり幕張メッセ公演を含む全国ツアー『TOUR2017 break”THE END”』を大盛況のうちに終了させた。19年11月にはシングル「ポラリス」をリリースする。 BLUE ENCOUNT オフィシャルHP

L→R 辻村勇太(Ba)、高村佳秀(Dr)、田邊駿一(Vo&Gu)、江口雄也(Gu)
シングル「FREEDOM」【初回生産限定盤(DVD付)】
シングル「FREEDOM」【通常盤】

「FREEDOM」MV
(Short Ver)

シングル「FREEDOM」
初回生産限定盤DVDトレーラー

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」