L→R Kazu(Ba)、KANDAI(Dr)、片桐 航(Vo&Gu)、ソラ(Gu)

L→R Kazu(Ba)、KANDAI(Dr)、片桐 航(Vo&Gu)、ソラ(Gu)

【Lenny code fiction
インタビュー】
存在感を鮮やかに示す
1stアルバムが完成

2016年にメジャーデビューして以降、精力的な活動を繰り広げてきたLenny code fictionが、ついに1stアルバム『Montage』を完成させた。ロックバンドとしての圧倒的な熱量にも満ちあふれているこの作品にメンバーが込めたものとは?

どんなアルバムにしたいと思っていました?

片桐
大前提として全曲がシングルになるようなものにしたいというのと、ライヴのセットリストの感じも出したくて、前半は攻めた曲、後半はじっくり聴かせる曲を入れたいということを思っていました。
ソラ
“Lenny code fictionはこの4人じゃなきゃいけない”というのはバンドをやる以上、すごく大切に思っていることなんです。だから、メンバー個々のフレーズがちゃんと見えるような音をアレンジの面でも考えていましたね。
kazu
メジャーデビュー前から録っていた曲もあったり、最近録った曲もあったりで、制作の時間はたっぷりありました。今までの活動の中で生まれてきた何百曲の中からメンバーそれぞれが妥協せずにじっくりと選んだ結果、この12曲になったんですけど、1stアルバムだからといって気負いすぎることはなく作れましたね。
KANDAI
1曲目のSEの「Montage」はライヴのオープニング曲なので、ライヴに来たことがある人は聴き覚えがあるはずです。このアルバムを聴けばLenny code fictionのライヴの感じも分かると思います。

「Montage」は演奏が暴れている感じで、すごくバンドの熱量を感じます。

ソラ
これ、味を占めているところがあるんですよね(笑)。ライヴでメンバーがひとりずつ登場してソロを弾くというところに、バンドの醍醐味が出ていますから。

みなさんの音楽はスタイリッシュな部分もありつつ、すごく暴れているのが独特だと今作を聴いて改めて思いました。

片桐
“すごくきれいな恰好をした人たちが荒っぽいところにいる”みたいなイメージのことをやりたいんですよね。ギャング映画みたいな感じというか。音の聴こえ方は荒々しいけど、モダンなものとしてきれいにまとまっているというギャップ感はずっと目指しています。

ぬるい雰囲気のものには抵抗があります?

片桐
あります。例えば「Snatch」はそういう意味のある曲ですね。ぬるい音楽をやっていたり、そういう音楽を聴いている人たちを、こっち側の世界に連れ込みたいという想いを込めているので。
KANDAI
僕自身も思っていることを航が描いてくれた感じもあったので、レコーディングの時からかなりオラオラな状態でドラムを叩くことができました。
kazu
いろんな情景、場面を切り取った曲が入っているので、聴くことによっていろんな自分になれるアルバムにもなっていると思います。切ない曲は切ないですし、エモーショナルな曲は思いっ切りエモーショナルですから。

前半の「Snatch」「Enter the Void」「Key-bring it on, my Destiny-」辺りは畳み掛けるようにワイルドなサウンドを連発していますよね。

片桐
そうですね。「Enter the Void」はライヴでやり始めているんですけど、お客さんの反応もすごくいいです。
ソラ
この曲、ギターソロはファズにワーミーペダルをかけているんですよ。“一緒にこのエフェクターをかけちゃうの?”みたいな感じなんですけど。

ギターをワイルドなサウンドにする要素を躊躇なくぶち込んだということですね。

ソラ
はい。ラーメンの全部乗せみたいな感じです(笑)。ギターが思いっ切り輝ける曲作りを航がしてくれているんです。
kazu
ギターソロがちゃんとあって、ドラムのフレーズも立っていて、ベースが目立つところもあるということによって、バランスがとれているバンドなんだと思います。

アニメのオープニングテーマだったシングル4曲「Key-bring it on, my Destiny-」「Flower」「Colors」「Make my story」も収録されるんですね。

片桐
はい。アニメのオープニングテーマという機会をもらったことで“いかに伝えるか?”というのと、言葉のチョイスについてすごく考えられるようになりました。同じ意味でもいくつも言葉がある中からサウンドに合わせて使う技術が上がりましたね。アニメにリンクして作ることで知らなかった感情が生まれたりもするので、いろんな発見ができました。
ソラ
アニメを通じてLenny code fictionを知った人が、このアルバムを聴くことによって、俺らが骨太なロックバンドであるという本質的な部分も知ってくれたら嬉しいです。

ラブソングの良さも感じてもらえるんじゃないですかね。シングルのカップリングで連作が展開していましたけど、今作にも収録されているじゃないですか。

片桐
男女が出会ってから別れるまでのストーリーを8曲に分けて作っていますからね。今回の「Ruby's day」は第1話、「オーロラ」は第7話です。まだ全部リリースしていないんですけど、曲は出来てるんですよ。「オーロラ」はすでにライヴでやっていますし、お気に入りの曲です。

みなさんは現在はツアーの真っ只中ですが、今後演奏する曲が広がりそうですね。

片桐
はい。新しい曲という武器でライヴをもっと強力なものにしていくのが楽しみです。
KANDAI
ファイナルまでに、さらにすごくなっていきそうです。
kazu
“この新曲はライヴでこうなるだろうな”というのが自分の中では見えているんです。それがどうなっていくかを今後のライヴで確認していきたいです。
ソラ
新曲だからと言って様子をうかがってじっくり観るのに徹するよりも、思いっ切りぶっ飛ばして盛り上がってほしいですし、俺らもそうさせないといけないなと思っています。

取材:田中 大

アルバム『Montage』2018年11月14日発売 Ki/oon Music
    • 【初回生産限定盤(DVD付)】
    • KSCL-3113~4 ¥3,241(税抜)
    • 【通常盤】
    • KSCL-3115 ¥2,593(税抜)

『LIVE TOUR 2018-2019 Montage』

11/25(日) 滋賀・U★STONE
12/01(土) 神奈川・横浜Bay Jungle
12/02(日) 千葉・千葉LOOK
12/08(土) 栃木・宇都宮Hello Dolly
12/09(日) 埼玉・西川口Hearts
12/14(金) 兵庫・MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
12/15(土) 広島・Hiroshima CAVE-BE
[ 2019年 ]
1/19(土) 福岡・DRUM SON
1/26(土) 大阪・梅田Shangri-La
1/27(日) 愛知・ell.FITS ALL
2/02(土) 東京・渋谷 CLUB QUATTRO

Lenny code fiction プロフィール

レニーコードフィクション:2012年に前身バンドにて10代限定フェス『閃光ライオット2012』決勝大会に進出。14年に現在のバンド名となり、16年にソラとKANDAIが加入。同年8月にTV東京系アニメ『D.Gray-man HALLOW』のオープニングテーマである「Key -bring it on, my Destiny-」でメジャーデビューを果たす。『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』『SUMMER SONIC』『イナズマロックフェス』等の大型フェスにも多数参戦するなど、ライヴを中心に怒涛の活動を続ける新世代のスタンダードロックを掻き鳴らすバンドとして注目を集めている。Lenny code fiction オフィシャルHP

L→R Kazu(Ba)、KANDAI(Dr)、片桐 航(Vo&Gu)、ソラ(Gu)
アルバム『Montage』【初回生産限定盤(DVD付)】
アルバム『Montage』【通常盤】

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。