中村佳穂

中村佳穂

【ライブレポート】中村佳穂、ファン
と共に祝福したニュー・アルバム『A
INOU』の発売リリース記念ライブ。

2018年11月7日に発売された中村佳穂 約二年半ぶりのニュー・アルバム『AINOU』。
そのリリース記念ライブが発売日当日に行われた。
会場は、6月開催の自主企画「SING US」と同じく、三軒茶屋GRAPEFRUIT MOONで行われた。

このライブは『AINOU』のCD購入者向けに行われたが、『AINOU』に参加しているシンガー/ビートメイカーのMASAHIRO KITAGAWAのファースト・アルバム『POLYHEDRAL THEORY』が同日に発売されたこともあり、オープニングアクトをMASAHIRO KITAGAWAが務め、両アルバムのリリースを祝う約2時間以上のイベントとなった。
中村佳穂のニュー・アルバム『AINOU』のリリース日前日となる11月6日、中村の名前がTwitterでトレンド入りした。
もちろん同作が各所で大きな話題を集めていることもあるだろうが、それに加え、中村が各地を丹念に回るなかで交流を深めてきた各地の仲間たちからの祝福の言葉がTwitter上に溢れかえった結果ともいえるだろう。
11月7日のリリース当日、東京都世田谷区のGRAPEFRUIT MOONで行われた発売記念ライヴは、アルバム購入者だけが観覧できる特別なライヴということもあって、祝福ムードで一杯の夜となった。

オープニングアクトを務めたのは、中村佳穂バンドの一員であり、『AINOU』の制作においても録音作業やコーラスワークの面で重要な役割を果たしたMASAHIRO KITAGAWA。
奇遇にもこの日は彼のファースト・アルバム『POLYHEDRAL THEORY』のリリース日でもある。
同作は日本国内のビートメイカーを送り出すレーベル、OMOKAGEの第一弾作品。
KITAGAWAもまた、ビートミュージック以降の感覚を持つプロデューサーであると同時に、ソウルフルな歌声を聴かせるシンガーという一面を持つ。
“eio”などアルバム収録曲も披露されたこの日のステージもそうしたKITAGAWAの個性が存分に発揮。
R&B/ソウルとビートミュージックの境界線が溶解しているシーンの潮流を体現しながら、規格外のシンガー/プロデューサーでもある彼の世界に会場全体が引き込まれていく。

21時ごろ、荒木正比呂(キーボード)、深谷雄一(ドラムス)、西田修大(ギター)、さらには出番を終えたばかりのMASAHIRO KITAGAWA(コーラス)を従えた中村佳穂がステージに登場した。
「2018年11月7日、『AINOU』がリリースされました。ありがとうございます!」――中村はマイクを使わず、観客に直接そう語りかけ、約2年半もの歳月をかけて作り上げられた『AINOU』の背景をポツリポツリと話していく。
驚いたのは、そうした語りがそのままメロディーとなり、流れるように歌へと繋がっていくことだ。
中村はまるで鼻歌を歌うように語り、大切な友人に語りかけるように歌う。
そこには即興的要素も多分に含まれており、荒木らバンドメンバーは自由奔放に言葉を発する中村のアクションに瞬時に対応していくのである。
その関係性はシンガー+バックバンドという通常のバンド編成のそれとも異なり、楽曲ごとにウネウネと形を変えていくアメーバのようでもある。
“口うつしロマンス”“POiNT”といった過去の楽曲からスタートしたこの日のステージは、“intro”“GUM”を皮切りに『AINOU』の世界へ。
アルバムにも参加していたRyo Tracks(ヒューマン・ビートボックス)やCRCK/LCKSの小西遼(サックス)も加わりながら、“Fool For 日記”“永い言い訳”“SHE’S GONE”という3曲でディープに潜り込む。
結果的にアルバム収録曲全曲を演奏することになったこの日のライヴで初めて披露された楽曲もあったと聞くが、多くの楽曲で音源の再現ではなく、即興的なおもしろさが盛り込まれているのもこのバンドならでは。
迷路のようなリズムが駆け巡る“You may they”“アイアム主人公”では、そんなバンドの凄みを遺憾なく見せつける。
クライマックスとなるのは、まるでゴスペルのような神々しさに満ちた“忘れっぽい天使”と、生きるものすべてを賛美する“そのいのち”。
新しい言葉とフロウを編み出しながら、中村は聴くものの心に直接語りかけていく。
“AINOU”で幕を閉じた本編最後の中村の言葉は「あなたの人生に幸あらんことを」――。
ここでいう「あなた」とは抽象的な存在ではなく、来場したひとりひとりに向けられた極めて具体的な「あなた」でもあったのだろう。
中村のそうした誠実さと、「まだ世界に存在していない新しい音楽を作りたい」という意欲、パフォーマーとしての天性の力。
彼女の魅力はあまりにも多面的ではあるが、そうした魅力に魅せられ、めざすものに共感したメンバーとともに作りあげられたこの日のステージは、アルバムリリース当日にふさわしい幸福感に満ち溢れたものとなった。

*なお、この日のライヴ後、あらゆるジャンルの音楽に精通するApple Musicのエキスパートたちが今最も注目すべき新人アーティストを毎週1組ピックアップし、紹介する企画「今週のNEW ARTIST」にMASAHIRO KITAGAWAが選出された。

文/大石始

【セットリスト】

MASAHIRO KITAGAWA
01. アドリブ1
02. eio
03. アドリブ2
04. sounds so
05. who’s day

中村佳穂BAND
01. アドリブソロ~ 口うつしロマンス
02. POiNT
03. intro
04. GUM
05. Fool For日記
06. 永い言い訳
07. SHE’S GONE
08. You may they
09. アイアム主人公
10. get back
11. きっとね!
12. 忘れっぽい天使
13. そのいのち
14. AINOU
EN 1. 72億人分のあの人

文:大石始
写真:森建二

【リリース情報】

中村佳穂『AINOU』
2018.11.07 Release
DDCB-14061 / ¥2,800+税
https://nakamurakaho.lnk.to/ainou
[収録曲]
01. You may they
02. GUM
03. きっとね!
04. FoolFor日記
05. 永い言い訳
06. intro
07. SHE’S GONE
08. get back
09. アイアム主人公
10. 忘れっぽい天使
11. そのいのち
12. AINOU

【ツアー情報】

中村佳穂BAND presents.2nd album「AINOU」release party
■2018年12月4日(火) @京都 磔磔
18:00 / 19:00 (Pコード:131-225)
■2018年12月6日(木) @名古屋 得三
18:00 / 19:00 (Pコード:131-320)
■2018年12月22日(土) @下北沢 club251
18:00 / 19:30 (Pコード:132-892)
出演 : 中村佳穂BAND

中村佳穂 presents.2nd album「AINOU」release party ~好きな人の音楽で旅立たせるの巻~ at下北沢440
■2018年12月22日(土) @下北沢440
12:00 / 13:00 (Pコード:132-892)
出演 : 中村佳穂SOLO+ゲスト

チケットぴあにて一般発売中。

【プロフィール】

「手は生き物、声は祈り。」
1992年生まれ、京都、ミュージシャン。20歳から本格的に音楽活動をスタートし、音楽その物の様な存在がウワサを呼ぶ。ソロ、デュオ、バンド、様々な形態で、その音楽性を拡張させ続けている。ひとつとして同じ演奏はない。見るたびに新しい発見があるその姿は、今後も国内外問わず、共鳴の輪を広げていく。

2016年『FUJI ROCK FESTIVAL』出演。2017年tofubeats『FANTASY CLUB』コーラス参加。imai(group_inou)『PSEP』コーラス参加。ペトロールズ『WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?? -EP』参加。

◆Official Site ⇒ http://nakamurakaho.web.fc2.com/
◆Twitter ⇒ https://twitter.com/KIKI_526

【MASAHIRO KITAGAWA リリース情報】

MASAHIRO KITAGAWA『POLYHEDRAL THEORY』
2018.11.07 Release
OMK001 / 2,300円(税込)
12inch LP(45RPM) / デジタル配信
※先行予約限定で、デジタルデータ付き。

[収録曲]
A01. clj
A02. eio
A03. soen feat. Masahiro Araki
B01. edge.
B02. sounds so
B03. who’s day

All written and vocals by Masahiro Kitagawa
A03 synthesizer by Masahiro Araki
Mastered by Hiroshi Shiota at Tokyo Recording Co., Ltd.
Cover Pottery by Tadashi Mori
Cover Photo & Graphic Design by funklovesme
Published by OMOKAGE
中村佳穂
中村佳穂BAND
中村佳穂『AINOU』
MASAHIRO KITAGAWA『POLYHEDRAL THEORY』
中村佳穂 発売リリース記念ライブ
中村佳穂 発売リリース記念ライブ
中村佳穂 発売リリース記念ライブ
中村佳穂 発売リリース記念ライブ
中村佳穂 発売リリース記念ライブ
中村佳穂 発売リリース記念ライブ
中村佳穂 発売リリース記念ライブ

中村佳穂

0コメント