エッセイ『何者かになるのは決してむずかしいことじゃない』

エッセイ『何者かになるのは決してむずかしいことじゃない』
昨年デビュー15周年を迎えたMIYAVIが、自身初のエッセイとなる『何者かになるのは決してむずかしいことじゃない』を11月16日に宝島社から発売することが決定した。

自身初のエッセイの帯には「人生は偶然と必然からできている。日本から世界へ。ギタリストとして、UNHCR親善大使として、ハリウッド俳優として、移動し続け、挑戦し続けるMIYAVIの「魂」の遍歴」とあるように、MIYAVI自身が経験してきた10代の葛藤から、ギタリストしての成長、アンジェリーナ・ジョリーとの出会いも含めて記した「挑戦が決してむずかしいことではない」ことを説くエッセイ×自己啓発書になっている。

アーティスト・モデル・俳優・UNHCR大使にと世界中で活躍のMIYAVIだが、11月23日には出演映画『ギャングース』も公開される。

■映画『ギャングース』公式サイト
http://gangoose-movie.jp/

【MIYAVIの文章を本文中より一部抜粋】

「誰もが誰かにとって特別な“何者"かになりうるし、自分以外の誰かに、力や幸福を与えられるはずだと信じている」

「困難は、筋トレのようなもの。(中略)困難からは逃げることができても、自分から逃げることはできない」

「もがく姿は美しい。誰がなんと言おうと、だ」

「ギタリストとしてキャリアを始めたとき、まさか自分が水色のキャップ(UNHCRのオフィシャル帽子)をかぶって難民キャンプを訪問するなんて、思ってもみなかったし、正直、ロックスターとしてカッコいいとも思っていなかった。でも、今は、『これこそがロックだ』と思っている」
書籍『何者かになるのは決してむずかしいことじゃない』 2018年11月16日(金)発売 
    • 四六版・256ページ
    • ¥1,500+税
アルバム『SAMURAI SESSIONS vol.3 – Worlds Collide -』 2018年12月5日(水)発売
    • 【初回限定盤】(CD+DVD)
    • TYCT-69137/¥5,000+税
    • 【通常盤】(CD)
    • TYCT-60126/¥3,000+税
    • <収録内容>
    • ■CD
    • 収録内容後日発表
    • ■DVD ※初回限定盤のみ
    • 2018.4.12 Zepp Tokyoのライブ映像
エッセイ『何者かになるのは決してむずかしいことじゃない』

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。