『Yamaha Music Audition』

『Yamaha Music Audition』

ヤマハグループ主催の新人発掘
オーディション新シーズン開始
&18歳以下の楽曲応募者には
評価コメントの返信も

株式会社ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングスが毎年主催している新人アーティスト発掘のオーディション『Yamaha Music Audition』の新シーズンがスタート! 応募期間は、2018年11月1日(木)〜2019年1月31日(木)までの3カ月間となる。

これまでヤマハグループの発掘活動を通じては、阿部真央、吉澤嘉代子、さユりなど数多くのアーティストが輩出されてきた。今回スタートした『Yamaha Music Audition -3rd Season-』では、新たに若年活動層向けにコピー・オリジナルを問わないU-15部門、U-18部門が設けられ、18歳以下の楽曲応募全エントリーに対しては事務局から評価コメントが返信される。

なお、全合格者とは育成契約締結の上で、アーティスト育成プログラムの無償提供、メジャーデビューを目指した音楽活動の支援がなされる。“とにかく感想がほしい!”という人も、“プロを目指したい!”という人も貴重なチャンスとなっているので、この機会にぜひチャレンジしてみてはいかがだろうか?

『Yamaha Music Audition
-3rd Season-』
オーディション概要

<募集期間>
2018年11月1日(木)〜2019年1月31日(木)

<応募条件>
国籍、音楽ジャンル、演奏形態等不問。ただし、応募時点でメンバー全員が25歳以下であること。また、特定のレコードメーカーやプロダクションなどと契約がない方。

<合格者特典>
育成契約を締結し、アーティスト育成プログラムを提供、メジャーデビューを目指した音楽活動を支援します。副賞としてiTunes CARD 2万円分を贈呈いたします。

<部門(3部門)>
1. 一般部門(19〜25歳)
2. U-18部門(16〜18歳)
3. U-15部門(15歳以下)

<求める才能>
■一般部門:人々の"心を揺さぶる"ことのできる人/グループ。
優れた「歌唱力」に加え、a)「演奏技術」b)「ソングライティング力」c)「発信力」のいずれか1つ以上を兼ね備えていること。応募楽曲はオリジナルに限ります。
■U-15部門、U-18部門
自分の歌、演奏、作った楽曲を、世の中のできるだけ多くの人に聴いてほしい!という情熱のある人/グループ。応募楽曲のコピー/オリジナルは問いません。

<特典詳細>
1. 全部門共通合格者特典
育成契約を締結し、アーティスト育成プログラムを提供、メジャーデビューを目指した音楽活動を支援します。なお、副賞としてiTunes CARD 2万円分を贈呈いたします。
2. U-15部門、U-18部門参加者特典
事務局スタッフが作品について個別にアドヴァイスコメント返信いたします。

<応募方法>
以下のURLにアクセスし、「応募方法」>「webで応募」のリンクより応募フォームに進み、必要な情報およびファイルをご登録ください。
https://yamahamusicaudition.jp/3rd/
※一次審査(音源・書類審査) 応募締切:2019年1月31日(木)

主催:株式会社ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス

【オーディションの流れ】

◎二次審査以降の詳細は審査通過者に連絡いたします。

<東京>
※二次審査(ライブ審査) 2019年3月2日(土)・3日(日)
◆最終審査(面接・レパートリーチェック) 2019年3月23日(土)

<大阪>
※二次審査(ライブ審査) 2019年2月23日(土)
◆最終審査(面接・レパートリーチェック) 2019年2月24日(日)

<福岡>
※二次審査(ライブ審査) 2019年3月9日(土)
※最終審査(面接・レパートリーチェック) 2019年3月10日(日)

『Yamaha Music Audition』
『Yamaha Music Audition』 ロゴ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着