SIX LOUNGE

SIX LOUNGE

SIX LOUNGE、
ミニアルバム『ヴィーナス』について
語るオフィシャルインタビューを公開

大分発日本語ロックンロールの風雲児、SIX LOUNGEがミニアルバム『ヴィーナス』を完成させた。どうしようもないブルース的マインド、ドストレートなロックンロールサウンドを武器に、新たなる地図を切り開いてみせるこの3人。新作へ込めた率直な想いを訊いた。
文:秋摩竜太郎

――前作『夢うつつ』からメジャーフィールドへ殴り込みをしましたけども、実感としてはいかがですか?

ヤマグチユウモリ(Vo&Gu):やっぱり前回は、それまでよりもダントツで取材してもらう機会が多かったんですよ。ありがたいことですけど、もう同じこと言うのに疲れちゃった(笑)。
イワオリク(Ba):あとは制作のスパンが短くなったとか……それくらいですかね?

――てかリクくんすごい眠そうだけどまだ頭が回転してないでしょ(笑)。

リク:はい(笑)。
ユウモリ:夜通しセックスしてたんか?(笑)
リク:昨日、相席居酒屋に行ってきたんすよ(笑)。

――それモテるのかなあ(笑)。さて、今回の『ヴィーナス』はいつから曲作りしてたんですか?

ナガマツシンタロウ(Dr):“憂鬱なブルー"は『夢うつつ』の曲と同じタイミングでレコーディングしてました。
ユウモリ:ただ、作戦があって前作に入れなかったわけじゃなくて、単純にこの曲は次がいいなっていう感じで。
シンタロウ:うん、今回でよかった。
ユウモリ:そんとき“青に捧ぐ"も原型はできてたかもね。ちょくちょく大分に帰って作ったり、東京とかでもスタジオ入ったりしながら仕上げていきました。で、ガツっとレコーディングしたのは今年の7月。福岡のPLUMっていうスタジオで録りました。

――『ヴィーナス』というタイトルはどういうイメージで付けました?

シンタロウ:決め方は前回と同じで、レコーディング中に候補を何個か考えて、メンバーに「どれがいいですか?」って選んでもらったんですね。俺が思うのは、艶感というか、エロさみたいなものが作品にピッタリだなっていう。

――たしかにね。“憂鬱なブルー"はどう作ったの?

ユウモリ:アコギで作ったんですけど、とりあえずフェイドアウトしていきたいなあって。たしかその時期から日本のオルタナおじさんたちを聴き始めたんですよね(笑)。eastern youthとかbloodthirsty butchersとかにハマり出して。ああいう雰囲気の曲やりたいなって時期だったと思います。

――それでDの5度を半音ずつ下げるリフになったわけだ。

ユウモリ:そう、ちょっと変な、キモい音を挟んで。でもいいんですよね、そこが気持ちよかったりして。
リク:映画の主題歌っぽいなと思いますよね。エンディング感があって。
シンタロウ:展開の起伏がある。
ユウモリ:うん、でもここぞっていうピークはあんまない気がしてて。波のように終わっていく感じ。だから「マジかっけえ!」ってよりは「カッコいい……」つって終わるアルバムになったかな。

――うんうん。“青に捧ぐ"はどうですか?

ユウモリ:6/8拍子の曲を作りたくて。あのリズムに名曲じゃない曲なんかない気がして。銀杏BOYZの“惑星基地ベオウルフ"とか。
シンタロウ:“月光"も。
ユウモリ:そうだ、斉藤和義さんの。
リク:あと“なあ〜んにも"。
ユウモリ:うん、爆弾ジョニーのね。

――6/8拍子って初めてやるよね。

ユウモリ:今まで1曲もないすね。だからやってみたいなと思って、ほんとリズムありきで作りました。Aメロがすごいお気に入りで。昭和歌謡チックで大好きですね。

――「チック」なのが良くてさ。1曲聴くと、ロックンロールバンドのバラードって最高だなって思うんですよね。

ユウモリ:たしかに。歌謡曲っぽさだけじゃないですね。

――と言いつつ転調もさせてて。

ユウモリ:そう、けっこうイジくり倒してます。今まで転調やったことあるっけ?
シンタロウ:……転調?
ユウモリ:(笑)。
リク:“朝焼けプロムナード"は?
ユウモリ:あ、そっか。じゃあ初めてじゃないけど、それ以来ですね。“青に捧ぐ"のピークはどこだろうと思ったときに、いつもラスサビに向けて持っていきがちなんで、今回もそこをどう派手にしようかってことで、キーを上げたらグッとくる感じになった。ただその代わり、全体通して音程差が激しいので、歌うのは大変ですけど。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着