キッスのP・スタンレー「欲しくもな
いくせに、新曲作るのかと質問する」

キッスは来年、ラスト・ツアーを開催するが、ポール・スタンレーいわく、新曲をリリースする予定はないという。ファンが聴きたいと思う曲がすでに多数あるのに、わざわざ新しい音楽を作ることに「意味はあるのか?」と思うそうだ。
<Rock 'N' Roll Fantasy Camp>で、ティーンエイジャーのリポーターから「ラスト・ツアーが終わる前に、新曲を聴けるチャンスはあるか?」と問われたスタンレーは、こう答えた。

「いや、そうは思えない。もし俺がいま"Let It Be"を作れたとしても、ファンは"素晴らしい曲だ。でも"Detroit Rock City"を聴こう"って言うだろうよ。俺はそれを理解できる。君との歴史がある曲は、君の人生のスナップショットみたいなものだ。それは一晩で成し得ることではない」「俺は"Modern Day Delilah"(2009年)や"Hell Or Hallelujah"(2012年)は初期の作品と同じくらいいいと思う。でも、人々が昔の曲により繋がりを感じるのはわかる」

「"いつ新曲出すんだって?"って訊かれると、いつも面白く思うよ。彼らは、やってくれ、作ってくれって言うけど、同時に、欲しいわけじゃないんだ。だから、ある時点で"ホントか? 意味あるのか?"ってなったよ」

キッスが現時点、最後にリリースしたスタジオ・アルバムは2012年の『Monster』。セールスは、前作『Sonic Boom』(2009年)同様、それまでキッスのアルバムではお決まりだったゴールド・ディスク(50万枚)にはほど遠かった。

Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。