Yogee New Waves

Yogee New Waves

Yogee New Waves、
新曲「Summer of Love」
配信スタート&MV公開

Yogee New Wavesの新曲「Summer of Love」が、10月10日より配信スタートとなり、合わせてミュージックビデオも公開となった。

同曲は2018年も数多く出演した夏フェスにて、早くから新曲として全国各地で披露されており、煌びやかなギターリフの重なりと、どこか土臭さを感じさせるビートが過ぎてしまった夏を追憶させる楽曲となっている。楽曲に関して角舘健悟(Vo&Gu)は““夏の歌"と思われる曲を、秋あたりにひっそりとリリースすること。日本には四季があって、それに思いを寄せて音楽を作ることができること。それをみんながこっそり聞くことができること。それを嬉しく思います。末長くこの曲を思い出とともに”とコメントしている。

そんな同曲のミュージックビデオは、The fin.、PAELLAS、iri など同世代ミュージシャンのアートワークを数多く撮影しており、Yogee New Wavesではドキュメンタリーの撮影やアートワークなどバンド初期から公私ともに交流の深い小林光大がYogeeのミュージックビデオでは初となる監督を務めた。メンバーが車に乗り旅に出かける模様を収めた作品で、見る人に夏への憧憬を思わせる映像となっている。楽曲と併せてぜひチェックしてほしい。

また、Yogee New Wavesは11月18日から全国8都市を回る約1年振りのツアー『CAN YOU FEEL IT TOUR』がスタートとなるのでこの機会に足を運んでみてはいかがだろうか。

【角舘健悟(Vo&Gu)コメント】

「Summer of love」はフェスティバルでもこっぴどくやっていた曲で、きっと耳にした人もいると思う。
“すべての夏の恋のために"そんなことをみんなに、そして僕の思い出に捧げるイメージで曲を演奏していた。
雲間に溶けていくギターのリバーブと、ビートする時の流れ。野外でできる、とっておきの曲だと思った。

「SPRING CAVE e.p.」に入ってるバージョンは、Sinking Time ver.です。沈み込み(Sink)考える(Thinking)、そんなことをイメージして造語をつくってはアレンジした。
今回のジャケットになっている絵は、メンバーと過ごした平成最後の夏を思いながら、慣れない手つきで描いた。個人的にすごく気に入っていて、原画も部屋に飾ってる。この絵を見れば、この夏のことを思い出すことができると踏んだわけだ。

“夏の歌"と思われる曲を、秋あたりにひっそりとリリースすること。
日本には四季があって、それに思いを寄せて音楽を作ることができること。
それをみんながこっそり聞くことができること。
それを嬉しく思います。
末長くこの曲を思い出とともに。

「Summer of Love」MV

『CAN YOU FEEL IT TOUR』

11月18日(日) 静岡・浜松 窓枠 
11月23日(金・祝) 京都・磔磔
11月24日(土) 香川・高松 DIME
12月02日(日) 新潟・NEXS 
12月03日(月) 石川・金沢 AZ
12月09日(日) 愛知・名古屋 ダイヤモンドホール
12月10日(月) 大阪・BIG CAT
12月13日(木) 東京・Zepp DiverCity

Yogee New Waves
配信楽曲「Summer of Love」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着