DREAMS COME TRUE

DREAMS COME TRUE

DREAMS COME TRUE、
2度目のNHK朝ドラ主題歌となった
「あなたとトゥラッタッタ♪」の
歌詩を先行公開

10月1日(月)よりスタートするNHK連続テレビ小説『まんぷく』の主題歌となった、DREAMS COME TRUEの「あなたとトゥラッタッタ♪」の歌詩が、ドラマの初回オンエアに先駆けてドリカム特設サイトと主要歌詞サイトにて初公開された。

「あなたとトゥラッタッタ♪」は、ドラマとハモりながらドリカムの存在を物語に溶かしていくような作風で、気づけばドラマの世界に誘ってくれる、まるで詠み人知らずの歌のような普遍的な強さを持った楽曲だ。困難を乗り越えながら明るくたくましく世界初の発明を成し遂げる夫婦の愛情を、“愛している”や“好き”という言葉を一切使わずに深い次元で表現している歌詩となっている。吉田美和による歌詩の先行公開というプレミアムな機会に注目だ。

また、同一アーティストが2回目の主題歌を制作し歌うのは連続テレビ小説史上初とのこと。ドラマのヒロイン役を務める安藤サクラも“初めて聴いたときからわくわくが止まりません。わくわくがあふれて聴く度に涙が出ます。この曲と一緒なら、絶対ぜったい大丈夫じゃんってちょっぴりあった不安は全部吹っ飛んでいきました”とコメント。歌詩に触れることでいち早く朝ドラ主題歌の世界観を体感し、どのような楽曲に仕上がっているのか、ドラマの初回放送へ期待を募らせてほしい。

なお、「あなたとトゥラッタッタ♪」は11月14日(水)にリリースされるDREAMS COME TRUEにとって4年ぶりとなる両A面シングル「あなたとトゥラッタッタ♪/THE WAY I DREAM」に収録される。

■シングル「あなたとトゥラッタッタ♪/THE WAY I DREAM」 特設サイト
http://dreamscometrue.com/anatato/

【コメント】

■DREAMS COME TRUE・中村正人/吉田美和
「1992年放送開始の「ひらり」では主題歌「晴れたらいいね」を担当しました。それ以来二度目の主題歌担当ということでとても光栄に思っています。笑ったり泣いたり怒ったり、福子さんの萬平さんに対するスペシャルな「愛」をマーチのリズムに乗せて届けます。この楽曲が「まんぷく」と一心同体となり、ひとりでも多くのみなさまが「トゥラッタッタ♪」と口ずさんでくださることを願っています」

■安藤サクラ
「初めて聴いたときからわくわくが止まりません。わくわくがあふれて聴く度に涙が出ます。この曲と一緒なら、絶対ぜったい大丈夫じゃんってちょっぴりあった不安は全部吹っ飛んでいきました。この曲が毎回ど頭で流れるなら確実におもしろい!この朝ドラ!!」
シングル「あなたとトゥラッタッタ♪/THE WAY I DREAM」 2018年11月14日発売
    • UMCK-5663/¥1,204+税
    • <収録曲>
    • ■CD
    • 1.あなたとトゥラッタッタ♪
    • 2.THE WAY I DREAM
    • 3.晴れたらいいね ~ VERSION'18 ~
    • 4.あなたとトゥラッタッタ♪ - INSTRUMENTAL -
    • 5.THE WAY I DREAM - INSTRUMENTAL -
    • 6.晴れたらいいね ~ VERSION'18 ~ - INSTRUMENTAL -
    • 7.あなたとトゥラッタッタ♪ ~ BRASS BAND VERSION ~
DREAMS COME TRUE

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」