9月23日@ZeppTokyo

9月23日@ZeppTokyo

寺岡呼人率いるスーパーバンド
“カーリングシトーンズ”が
デビューライブを開催

寺岡呼人の25周年プレゼンツとして、寺岡呼人、奥田民生斉藤和義浜崎貴司YO-KINGトータス松本という全員50代のフロントマンによるスーパーバンド・カーリングシトーンズのデビューライブが9月23日にZeppTokyoで開催された。

オリジナルのSEが会場に流れると2,700人の超満員のファンから大歓声が上がり、記者会見と同じ白いタキシードをまとったメンバーが登場。1曲目からいきなり新曲「スベり知らずのシラズ」を披露する。ライブ前にリーダーの寺岡シトーン(寺岡呼人)が『デビューライブといことで、正真正銘の初日なので、やってみないととわからないところもありますが、楽しみます』と話していた通り、メンバー全員が楽しんでいることが早速伝わってくる。

当然、詰め掛けた満員のファンを次々と楽しませていく。そんな中で訪れたお約束の時間。そう、結成記者会見でも宣言していたモグモグタイムだ。浜崎シトーン(浜崎貴司)は「さば寿司」、キングシトーン(YO-KING)は「ひねり揚げ」、トータスシトーン(トータス松本)は「黒糖ドーナツ棒」、斉藤シトーン(斉藤和義)は「皿うどん」、奥田シトーン(奥田民生)は「イカフライ」、そして寺岡シトーンは「チョコ」をモグモグしていく。

さらにスペシャルシークレットゲストとして、寺岡呼人にとって同郷の先輩であり、奥田民生、斉藤和義もライブでの共演経験のある世良公則が登場し「銃爪」「宿無し」を披露し会場を盛り上げる。6人のボーカリストというスーパーバンドでありながら、ティン・パン・アレーの様にボーカリストを受け入れバックバンドとしても成し遂げてしまうミュージシャンとしての実力も兼ね備えていることが、このステージでも証明された。さらにマイクスタンドを使ったパフォーマンスでも大歓声を浴びた。

全員50代のフロントマンによるスーパーバンド・カーリングシトーンズのデビューライブは、ほぼ新曲でアンコールも含め16曲+もぐもぐタイム3回が披露され幕を閉じた。

なお、ライブスタート前に寺岡シトーンが『今後は、今日の打ち上げで打合せしたいと思います』という発言に対してトータスシトーンが『うまい具合に熱量がはまって、このまま終わる感じじゃないとこまで来ている』と話すなど、今後の展開も楽しみである。
9月23日@ZeppTokyo
9月23日@ZeppTokyo
9月23日@ZeppTokyo
カーリングシトーンズ ロゴ
カーリングシトーンズ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着