9月22日(土)@東京・人見記念講堂 (c)TAKASHI OKAMOTO

9月22日(土)@東京・人見記念講堂 (c)TAKASHI OKAMOTO

高中正義、『BRASILIAN SKIES』
40周年全国ツアーが開幕

高中正義の全国ツアー『TAKANAKA SUPER LIVE 2018 “BRASILIAN SKIES 40th”』の初日公演が9月22日に人見記念講堂で開催された。

毎年開催されている高中のツアー。今年のテーマは、1978年にリリースされたソロアルバム『BRASILIAN SKIES』。40周年を迎えた同アルバムは、ロサンゼルスやリオで録音されたラテン色の強い作品で、「DISCO “B”」「伊豆甘夏納豆売り」といった後年、高中のライヴでよく演奏される楽曲が収録されている。

揃いの赤い衣装に身を包んだA“MAZONS”の3人のコーラスで始まったライヴ。そこへ黄色いパンツとベストに黒のシャツとバンダナという格好で高中が小太鼓を叩きながら登場するというオープニングで幕を開けた。

前半はアルバム『BRASILIAN SKIES』中心の構成。会場も徐々にホットなブラジルのムードに染まっていく。 「渚モデラート」で始まった中盤。「MAMBO NO.5」ではAMAZONSが赤いマラカスを持ってダンスしながら会場を盛り上げていく。アップテンポの曲が続くと、それまで腕を組んでじっと高中のギターを見守っていたオーディエンスも次々と立ち上がる。この勢いはラストまで続き、スタンディングオベーションの中、本編は終了。アンコールでは名演と言われた1986年の『JUNGLE JANE TOUR』時の「BLUE LAGOON」バージョンを演奏。さらにファンからプレゼントされた『虹伝説コンサート』で使った復刻レインボーカラーYAMAHA SGも登場。これには古くから応援しているファンも大喜びで、2時間超に及んだパフォーマンスは終了した。

『BRASILIAN SKIES 40th』ツアーは10月28日の大阪フェスティバルホールまで5公演が実施される。また、10月13日には日比谷野外音楽堂で同ツアーの野外版も行なう。

(c)TAKASHI OKAMOTO

【ツアー情報】

『TAKANAKA SUPER LIVE 2018 “BRASILIAN SKIES 40th”野音 de カーニバル!!』
10月13日(土) 東京・日比谷野外音楽堂 
出演:高中正義(Gt)/斉藤ノヴ(Per)/岡沢章(Ba)/宮崎まさひろ(Dr)/宮崎裕介(Key)/井上薫(Key)/AMAZONS(大滝裕子、吉川智子、斉藤久美)

『TAKANAKA SUPER LIVE 2018“BRASILIAN SKIES 40th”』
9月24日(月・祝)  福岡・ももちパレス
9月30日(日) 宮城・SENDAI GIGS
10月07日(日) 愛知・Zepp Nagoya
10月19日(金) 北海道・札幌わくわくホリデーホール
10月28日(日) 大阪・フェスティバルホール

9月22日(土)@東京・人見記念講堂 (C)TAKASHI OKAMOTO
9月22日(土)@東京・人見記念講堂 (C)TAKASHI OKAMOTO
9月22日(土)@東京・人見記念講堂 (C)TAKASHI OKAMOTO
9月22日(土)@東京・人見記念講堂 (C)TAKASHI OKAMOTO
9月22日(土)@東京・人見記念講堂 (C)TAKASHI OKAMOTO
9月22日(土)@東京・人見記念講堂 (C)TAKASHI OKAMOTO

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着