9月22日@東京国際フォーラム

9月22日@東京国際フォーラム

藤井フミヤ、
35周年記念ツアーが開幕!
チェッカーズからソロまで熱唱!

藤井フミヤの全国ツアー『35 Years of Love』の初日公演が9月22日に東京国際フォーラムで行なわれた。

同ツアーは、藤井が今年デビュー35周年、ソロデビュー25周年を迎えたことにちなみ、35公演を実施。7月18日には3枚組50曲収録のベストアルバム『FUMIYA FUJII ANNIVERSARY BEST 25/35 L盤』『FUMIYA FUJII ANNIVERSARY BEST 25/35 R盤』をリリースしており、ツアーのセットリストは両作の収録曲で構成されている。

公演はサポートバンドのゆったりとしたブルージィなジャムセッションで16時過ぎに始まった。短いセッションが終わるとステージには黒いスーツに身を包んだ藤井フミヤが登場。¥Welcome Everybody! Com'on RocK'n' roll!」のシャウトで豪快なロックンロールナンバー「GIRIGIRI ナイト」がスタート。演奏が終わると「今日から35本のライヴが始まります。35年も歌ってこれたのは、こうして皆さんが聴きに来てくれ続けたから」と、まずは客席に感謝のあいさつを述べた。

前半はアップテンポのナンバーで会場を温め、「俺が35周年ということは、弟も35周年!」と藤井尚之を紹介し「白い雲のように」など、藤井尚之が作った曲を歌う。この日のライヴではフミヤのMCを挟んで、「親友」「バラード」といったテーマに沿ったコーナーが設けられる。「Another Orion」などが入ったバラードコーナーの前には、総立ちの客席に座るよう促す気遣いをみせ、広い会場の隅々まで響き渡るよう、朗々と歌い上げる。曲の合間に入るフミヤの美しいファルセットボイスに観客もうっとりと聴き入る。歌い終えると「バラードは胸を張って体を反って歌うから、腰に来るなぁ」と腰をさすりながらボヤき、会場を笑いに誘う一幕も。

今回のサポートメンバーは若手中心ながら、1970年代のアメリカのロックバンドを彷彿させる、無骨でソリッドな実に渋いサウンドを出す。藤井尚之を除き、いすれも初顔合わせのミュージシャンだそうだが、パーマネントのバンドかと見紛うばかりにフミヤとの息はぴったり。全体のアレンジもロックテイストで統一された。

初日の公演では「素直にI'm Sorry」「I Love you,SAYONARA」などのチェッカーズの楽曲、「SHOOTING STAR」といったF-BLOODの楽曲、ファン投票1位になったソロ曲「ALIVE」「Another Orion」「TRUE LOVE」と、藤井フミヤのオールタイムベストなセットリスト。全20曲超、2時間30分を全力で歌い切ったフミヤは「めっちゃシンドイわ~! 初日だからペース配分間違えた!」とぐったり。「また一緒に遊ぼうぜ! じゃあな!」と長丁場となったステージを降りた。

全国ツアーは、この後、名古屋、大阪、神戸から島根、山梨、新潟、東京などを巡る。また年末には15回目となる武道館カウントダウンライヴも開催。日本武道館は2019年9月から改修工事に入るため、改修前の最後のカウントダウンイベントとなる。
9月22日@東京国際フォーラム
9月22日@東京国際フォーラム
9月22日@東京国際フォーラム
9月22日@東京国際フォーラム

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着