「ULTRA JAPAN」開催特集! これまで
の名場面をプレイバック

今年で5周年を迎える「ULTRA JAPAN」を目前に、過去4回の名場面を改めてプレイバック!
こうやって振り返ってみると、本当にいろいろなことがありましたね。
今回は数ある中から10個のトピックを紹介します♪ 皆さんの記憶に残ってる名場面はいくつあるでしょうか!?
もはや伝説! 嵐の中のザ・チェインスモーカーズ
まだまだ記憶に新しい「ULTRA JAPAN 2017」。その2日目には、ザ・チェインスモーカーズが初登場したものの、まさかの台風直撃……。激しい風雨が吹き荒れる中でのステージでしたが、フロアは台風をものともせずに大盛り上がり。「ULTRA JAPAN」史上最大の悪天候にも負けないオーディエンスの一体感は感動ものでした。
究極の選択…3組のスーパースターが同時にパフォーマンス
これまた「ULTRA JAPAN 2017」から。3日目の大トリでは、なんとティエスト(MAINSTAGE)、カール・コックス(RESISTANCE)、アンダーワールド(LIVESTAGE)がトリプルブッキング。半径500mぐらいの中でこの3組が同時にプレイするなんて確実に日本初。誰を見ればいいのか迷った人も多かったはず。こんな事態になるのも「ULTRA JAPAN」ならでは。
デヴィッド・ゲッタの胸に刻まれた、忘れられないステージ
「ULTRA JAPAN 2015」の大トリを飾ったのはデヴィッド・ゲッタでした。しかし、その前日に彼の盟友とも言えるツアーマネージャーが逝去。「ULTRA」史上初めて全消灯し、黙祷が捧げられました。そんな中でのステージでしたが、ゲッタはものすごく素晴らしいプレイを披露。本人も「人生の中で忘れられないステージになった」と言っていたそうです。
2014年、記念すべき「ULTRA」初上陸の目玉は世界No.1の初来日
「ULTRA JAPAN」が初上陸した2014年、待ちに待ったと多くのオーディエンスが詰めかけましたが、そのときのヘッドライナーがハードウェル。同年、DJ MAGのランキングで1位になったこともあり、日本中のファンが大熱狂。それは本当に凄まじいものでした。そんな彼も、つい先日ツアー活動一時休止を発表。また復活して、ぜひ「ULTRA JAPAN」でハードウェルが見たい!
サプライズすぎるゲストも登場! 鬼才が魅せた至高の舞台
「ULTRA JAPAN 2015」の2日目は、当時世界を賑わせていたトラップ〜ベースミュージックが炸裂。DJスネイク〜スクリレックスという脅威のリレーは、オーディエンスを興奮の渦に叩き込みました。とりわけ、スクリレックスのステージでは自身のアンセムに加え、宇多田ヒカルKOHHの曲をプレイしたり、サプライズゲストにBABYMETALが登場したりと驚きの連続でした。
誰もが待ちわびた、トロピカルハウスの貴公子初登場!
2014年あたりからジワジワと盛り上がり、日本でもブレイクしたトロピカルハウス。その代表格カイゴが「ULTRA JAPAN 2016」で待望の初来日を果たしました。夕暮れどきのMAINSTAGEに鳴り響いた心地よいサウンドは、集まった多くのオーディエンスの笑顔を生んでいましたね。
今をときめく若き皇帝も「ULTRA JAPAN」で初来日
DJ MAGのランキングで2016〜2017年と二年連続で1位に輝いた若き皇帝マーティン・ギャリックスの初来日も「ULTRA JAPAN」でした(2014年)。しかも、当時18歳。現在に比べるとどこかあどけなさが残りますが、そのプレイは本物。“Animals”の盛り上がりも本当にスゴかったです。ちなみに、マーティン・ギャリックスは2016年にも出演しています。
マイアミで産声をあげたRESISTANCE、すぐさま日本上陸
2015年のマイアミ「Ultra Music Festival」からスタートした、アンダーグラウンドのハウス&テクノの極みRESISTANCE。それが同年の「ULTRA JAPAN」でも初開催! その後、毎年のようにステージが設けられていますが、今年はニーナ・クラヴィッツが初登場(世界でも初)。本当に楽しみです。
「ULTRA」の新たな魅力、LIVESTAGEが2017年早くも日本へ
DJがメインの「ULTRA」に、ライヴを中心としたステージLIVESTAGEがマイアミで誕生したのは2017年。RESISTANCE同様、このステージも同じ年に日本上陸。エンパイア・オブ・ザ・サン、ポーター・ロビンソン、チャミ、カシミア、ペンデュラム、そしてアンダーワールドなど豪華なアクトが出演し、大きな話題となりました。
ヘッドライナーだけじゃない! サポートも超豪華
毎年、世界中から選りすぐりのアーティストが出演する「ULTRA JAPAN」ですが、ヘッドライナー以外にも注目のアーティストは盛りだくさん。今やビッグスターとなったマシュメロが2016年にサポートとして登場していたり、ギャランティスやジョーズ、グリフィンなどもいち早く出演していました。今年の「ULTRA JAPAN」からはどんなスターが生まれるのか、ヘッドライナー以外も要チェックです!
今年の「ULTRA JAPAN」5周年の節目には、どんなドラマが生まれるのでしょうか? みなさん一緒に最高の時間を楽しみましょう!
ULTRA JAPAN 2018
2018年9月15日(土)、16日(日)、17日(月・祝日)
TOKYO ODAIBA ULTRA PARK(東京・お台場)
早割第4弾 GA3日通し券 42,000円/GA2日通し券 29,000円/GA1日券 15,000円/VIP1日券 30,000円
http://www.ultrajapan.com
Text by EDM MAXX編集部

EDM MAXX

EDMをライフスタイルとして提案する総合ポータルサイト「EDM MAXX」。音楽、ファッション、カルチャー、ライフスタイルとして、“EDM”を誰でも分かりやすく、おもしろく情報発信します。 #edmmaxx