スマッシング・パンプキンズ、オリジ
ナル・メンバー再結成後初のアルバム
を11月に発表

スマッシング・パンプキンズがこの秋、ビリー・コーガン、ジェイムス・イハ、ジミー・チェンバレンのオリジナル・メンバー3人が揃い、18年ぶりに制作したアルバム『SHINY AND OH SO BRIGHT VOL. 1 / LP: NO PAST. NO FUTURE. NO SUN.』をリリースする。
アルバムは、リック・ルービンがプロデュースし、彼が所有するShangri La Studiosでレコーディングされたという。「Knights of Malta」「Silvery Sometimes (Ghosts)」「Travels」「Solara」「Alienation」「Marchin’ On」「With Sympathy」「Seek and You Shall Destroy」の8曲を収録し、木曜日(9月13日)、「Silvery Sometimes (Ghosts)」がラジオでプレミアされ、金曜日(14日)ダウンロード・リリースされた。
ビリー・コーガン、ジェイムス・イハ、ジミー・チェンバレンによるアルバムは、2000年リリースの『Machina』シリーズ以来となる。新作にはジェフ・シュローダーも参加している。

バンドは週末、LAで「Silvery Sometimes (Ghosts)」のミュージック・ビデオを撮影。ビリー・コーガンが監督しているという。

『SHINY AND OH SO BRIGHT VOL. 1 / LP: NO PAST. NO FUTURE. NO SUN.』は、海外で11月16日にリリースされる。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。