ゴールデンボンバーが新曲「暴れ曲」
サプライズリリース、“バンギャが暴
れてみた動画”も話題に

ゴールデンボンバー/「暴れ曲」

ゴールデンボンバーが新曲「暴れ曲」を9月13日に配信リリースした。
当日まで一切告知が無く、突如配信されたこの楽曲は、7月に埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催されたライブ<キラーチューンしかやらねえよ>のアンコールで披露されたもの。

鬼龍院翔曰く「暴れるための曲を作った」とのことで、ファンからの「ヴィジュアル系らしい“暴れ曲”は作らないんですか?」という声から生まれたのだそう。楽曲のタイトル通り、ゴリゴリのロックサウンドにデスボイスありのTHE“暴れ曲”となっている。

また配信と同時に『【バンギャが】暴れ曲/ゴールデンボンバー【暴れてみた】』というタイトルの動画も公開された。こちらではバンギャ(ヴィジュアル系バンドの熱心なファンの総称)に扮したゴールデンボンバーと見られる4人が、曲に合わせて一心不乱にヴィジュアル系ならではの振り付けを激しく行なう姿が収められており、公開から1日で20万回以上の再生数を記録。急上昇ランキング4位をマークした。

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。