【千歌繚乱インタビュー】EVERSSIC、
歌モノバンドを流行らせたい

2018年5月12日に始動したばかりのEVERSSICは、美しいメロディラインの楽曲が魅力のヴィジュアル系バンドだ。まだライブを始めて4カ月だが、5月にミニアルバム、8月に無料配布シングルをリリースと、精力的に活動している。

今回、9月26日に開催されるBARKS主催イベント<千歌繚乱vol.18>に出演するにあたり、彼らがどのような経緯でバンドを組んだのか、これからどのような目標を掲げて活動していくのかなど、インタビューで詳しく語ってもらった。
※本記事は9月26日に渋谷REXにて開催される<千歌繚乱 vol.18>において、来場者限定で配布される「千歌繚乱 ARTIST BOOK」掲載のインタビューの一部を事前に公開するもの。「千歌繚乱 ARTIST BOOK」ではメンバーへの一問一答アンケートなど、より深い内容が掲載されている。

   ◆   ◆   ◆

■曲も歌詞も“伝わる”ことを意識

――まずEVERSSICがどんなバンドなのか教えてください。

masaya(Vo):とにかく歌モノバンドがやりたくて。歌モノバンドが好きなメンバーが集まって、長く残るような音楽を作りたいと思ったのがそもそもの始まりです。バンド名のEVERSSICも、ずっとという意味の“EVER”と、音楽のMusicとClassicから“SSIC”をかけていて、ずっと残る音楽を作っていきたい、そんな思いが込められています。
▲masaya(Vo)
――“SSIC”には“Classic”という意味も含まれていたんですね。

masaya:そう。クラシック音楽って、古くから今でも聞かれていますよね。それと同じように、僕たちも何十年たっても聞かれるような曲を作りたいんです。

――みなさん歌モノバンドが好きだったそうですが、音楽的なルーツは?

masaya: GLAYとL'Arc〜en〜Cielが好きでした。

ゆづき(B):僕もGLAY、あとシドが好きです。

ケイタ(Dr):これが好き!と言うよりは色んなジャンルの曲を聴きますが、ビジュアル系バンドだとJanne Da Arcが昔から好きかもです。

Daiju(G):僕も洋楽からアニソンまで、広く浅くいろんな音楽が好きです。今好きなのはポップロックですが。

薫(G):僕の場合は、好きな音楽とか目指している音楽性といったものはなくて。バンドを組む時も、ボーカルのmasayaの声が好きで、彼のやりたい音楽をやるのが絶対にいいと思っていたんですね。
▲薫(G)
――masayaさんの声ありきでバンドを組んだ、と。

薫:もちろん。昔やっていたバンドが終わってから曲を書く仕事をしていたんですが、またバンドをやりたいなと思いはじめて。でも下手なボーカルと一緒にやるのは嫌だ、自分が納得いく人と最後に一回だけやろうと色々調べていく中で、masayaを知ったんです。
当時彼は前のバンドが解散するかどうかくらいの時期で、「何でこんな上手くてかっこいいのに解散すんの!?」って驚いて…。で、何とかして電話番号を手に入れようと奔走していました。

masaya:僕は前にやっていたバンドが解散することになって、ソロで活動するか、ヴィジュアル系以外のバンドをやるかと悩んでました。音楽はやるつもりではいたんですが、やっぱりバンドがいいよなって思い始めたくらいに、薫くんが怪しいメッセージを送ってきて…。

薫:そうそう(笑)。結局、友達がmasayaの電話番号を入手してくれたんですが、僕、人見知りなんで電話をかけることができずに、SMSのメッセージを入れたんです。

masaya:ぜんぜん知らない人からいきなりメッセージきたんですよ(笑)。でもせっかく声を掛けてきてくれたので新宿で会って話して、一緒にバンドやりましょう、って話になったんです。Daijuと薫はもともとの知り合いで、ケイタくんはTwitterのDMで出会い、ゆづきは知り合いづてに知り合って…今のメンバーが揃いました。

――へぇ!薫さんがmasayaさんの声に惚れていなかったら、こうはなっていなかったと。確かにmasayaさんの歌声にはそれだけの魅力、ありますよね。

薫:そう、歌“は”。

masaya:歌“も”!!

――(笑)。そんなみなさんは、EVERSSICの一番の魅力は何だと思っていますか?

masaya:曲ですね。その辺のバンドにはない感じ。ヴィジュアル系のファンだとか関係なく、誰にでも聴きやすいと思います。シャウトもあえて入れず、わかりやすく聞きやすいことを心がけてます。あと、曲中にタイトルを入れたり。曲も歌詞も“伝わる”ことを意識して作っています。
▲Daiju(G)
――曲を活かすためのサウンドのこだわりは?

masaya:今のヴィジュアル系で、チューニングがレギュラーなのは珍しいかな。だいたいみんな下げるから。

薫:そうだね。ドロップチューニングすると重くて耳にどーんって入ってはくるんですけど、何やってるかわからないんですよ。全部同じように聴こえてしまうので、せっかくちゃんとコードを抑えてもちゃんと伝わらなかったりするんです。とはいっても重さが欲しい場所とかもあるんで、7弦を使ってローを補ったりしています。

masaya:メジャーなバンドってレギュラーチューニングが多いんで。そもそもそれが耳にすっと入ってくる音域なんですよね。

――徹底して、聴かせることを意識しているんですね。

masaya:歌詞も基本的に前向きです。「SAIL AWAY」って曲があるんですが、これはバンドの始動を船出に例えて、「これから航海に出ましょう」って感じの曲。これがベースとなってて、例外で「TIC TAC」ってサスペンスっぽい遊びをもたせた曲もありますが、基本は前向き。
――どういうイメージで制作されましたか?

masaya:今って音楽シーンが全体的に元気じゃない。そこに嵐を起こせるような存在になれたら、という思いで作りました。

――聴きどころは?

ゆづき:Bメロからサビにかけてのベースの盛り上がり方とギターソロの最後で弾いているフレーズは特に良いものが出来たと思います。

薫:1stミニアルバムの『SAIL ON MUSIC』では2人のギターがそれぞれ個性的なフレーズをあまり前面に出しておらず。せっかくツインギターなんで、今回はお互いの個性を出しました。Daijuが得意なフレーズが入っていたり、僕好みなフレーズが入っていたり。ギター両サイドを聞き比べても面白いと思います。

ケイタ:ドラムに関しては、『SAIL ON MUSIC』が全体的にシンプルだったんで、それをちょっと激しくしてみました。シンプルだけど激しい、というところにこだわりました。

――カップリングの「トライアングル・パラドクス」は、タイトルからすると前向きっぽくなさそうですが…。

masaya:そうなんです。これは「TIC TAC」と同じく遊びの一曲で。三角関係が崩壊する曲です。とはいっても曲調は楽しめるように仕上げました。作り話ですけど、実はフィクションとして女々しい歌詞を書くのも好きなんです。こういう一面も見せれたらなと。

薫:「トライアングル・パラドクス」はキラーチューンだと思ってます。サビのループが何回聴いても気持ちいいんですよね。
――じゃあこのシングルには印象の違う2曲が入っている感じなんですね。

masaya:そうですね。でも2曲とも「SAIL AWAY」のような爽やかさはなくて、クセがあります。

薫:このシングルは全国のCDショップなどで無料配布するんですが、無料で配る意味って曲を聴いてライブに足を運びたいなって思ってもらいたいからなので、楽しい曲にしたかったんです。それを念頭に置いていろいろ遊びましたし、かなり聴きごたえがあるんじゃないかなと思います。

――こういうリリースの仕方、面白いですね。

masaya:好評なら続けたいです。とりあえず聞いてもらわないと始まらないんでね。

――そうでした、まだ始動して三カ月ですもんね。始動当初と今で、何か印象が変わったことはありますか?

薫:始動したての頃は、ライブがどんな感じのノリになるか想像がつかなかったんです。世間の人が思うEVERSSICのイメージって、ミュージックビデオにもなってる「SAIL AWAY」だし。あれを見て「全部こういう曲調なのかな、ライブは楽しいのかな?」って思ってライブに行くのを躊躇う方も少なからずいたと思うんです。でも最近はライブで楽しませる自信がついてきたので、そういう人たちに対して「EVERSSICにはいろんな曲があるんだぞ、取りこぼしてるのもったいないぞ?」って思えるようになりましたね。

――他のバンドさんの曲だったら「この部分で頭振るんだろうな、ここはジャンプするだろうな」って景色が見えますが、確かに「SAIL AWAY」はわからなかった。

薫:今のところ、EVERSSICに頭を振る曲はないんです(笑)。

masaya:なかなか珍しいですよね。いずれできるかもしれないけど、今ある持ち曲には頭をふるセクションすらないんです。
▲ケイタ(Dr)
――頭を振ってたらしっかり曲を聴けないかもしれませんしね。

masaya:そうそう。バンギャルさんたちが頭を振って楽しい、とかライブの楽しみ方は色々あると思うけど、うちは曲をしっかり聴いて欲しいんでね。何かをして楽しい、というより、普通に楽しんで欲しいです。

――<千歌繚乱vol.18>のライブステージを楽しみにしています。最後に今後の目標を教えてください。

ケイタ:とりあえず長く続けることですね。小さな一歩だとしても、着実にステップアップしたいです。最近のバンドさんって一気にガッと火がつくタイプのバンドさんがいて凄いなと思うんですが、、僕たちは少しずつでいいから前に進んで、決して後ろには下がらない、そんな活動をしていきたいです。

薫:ずっと自分を磨き続けることはもちろんですが、作曲に関してもギターの知識に関しても足りないなと感じる部分がたくさんあるんで、どんどん実力を高めて誰も追いつけないところにいきたいです。自分にしか書けない物やいろんな選択肢をmasayaに出してあげられるように。

Daiju:自分の技術もそうですが、今後は自分も作曲していきたい。経験値を重ねて、よりいいものを作れたらと思います。

ゆづき:曲もベースも活動内容も、引き出しを増やしたいです。

masaya:僕は歌モノバンドを流行らせたいですね。昔みたいに。最近いろんな音楽が増えたけど、どれも元気がなくなっちゃってるんで、自分が好きだった歌モノをスタンダードにできるように頑張りたいです。

取材・文◎服部容子(BARKS)

   ◆   ◆   ◆

EVERSSICが出演する<千歌繚乱vol.18>、チケットは現在
にて発売中。
<千歌繚乱vol.18>

日時:2018年9月26日(水)開場17:30 開演18:00
出演:EVERSSIC/Soanプロジェクトwith芥/ヘルタースケルター/The Benjamin/More
会場:渋谷REX
料金:【先行チケット】3,500円 【一般チケット】3,800円 【当日券】4,000円 ※ドリンク代別途

・チケット受付
【先行抽選受付】
7月13日(金)12:00~8月19日(日)16:00
チケット購入ページURL:[チケットデリ] http://ticket.deli-a.jp/

【一般先着受付】
8月20日(月)12:00~9月25日(火)
[イープラス]
チケット購入ページURL:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002265279P0030001


1st SINGLE「STORMY」

2018年8月20日より全国CDショップにて無料配布

[CD] 1.STORMY 2.トライアングル・パラドクス

配布店舗
・自主盤倶楽部・ライカエジソン東京店、名古屋店、大阪店・little HEARTS.新宿店、仙台店、静岡店、名古屋店、大阪店、札幌店・ZEAL LINK全店・Brand X・five stars・マジカルスクエア・SKULL ROSE

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

23コメント
  • RT @SquareMagical: 【千歌繚乱インタビュー】EVERSSIC、歌モノバンドを流行らせたい https://t.co/vIoqzltW93
  • RT @SquareMagical: 【千歌繚乱インタビュー】EVERSSIC、歌モノバンドを流行らせたい https://t.co/vIoqzltW93
  • RT @barks_news: 【千歌繚乱インタビュー】EVERSSIC、歌モノバンドを流行らせたい 9/26開催のBARKS主催イベント<千歌繚乱vol.18>に出演する、EVERSSICへのインタビュー。“歌”にかける熱い思いを語ってもらいました。 https://t.…
  • RT @barks_news: 【千歌繚乱インタビュー】EVERSSIC、歌モノバンドを流行らせたい 9/26開催のBARKS主催イベント<千歌繚乱vol.18>に出演する、EVERSSICへのインタビュー。“歌”にかける熱い思いを語ってもらいました。 https://t.…
  • RT @SquareMagical: 【千歌繚乱インタビュー】EVERSSIC、歌モノバンドを流行らせたい https://t.co/vIoqzltW93
  • 【千歌繚乱インタビュー】EVERSSIC、歌モノバンドを流行らせたい https://t.co/vIoqzltW93
  • RT @SquareMagical: 【千歌繚乱インタビュー】EVERSSIC、歌モノバンドを流行らせたい https://t.co/vIoqzltW93
  • RT @barks_news: 【千歌繚乱インタビュー】EVERSSIC、歌モノバンドを流行らせたい 9/26開催のBARKS主催イベント<千歌繚乱vol.18>に出演する、EVERSSICへのインタビュー。“歌”にかける熱い思いを語ってもらいました。 https://t.…
  • RT @barks_news: 【千歌繚乱インタビュー】EVERSSIC、歌モノバンドを流行らせたい 9/26開催のBARKS主催イベント<千歌繚乱vol.18>に出演する、EVERSSICへのインタビュー。“歌”にかける熱い思いを語ってもらいました。 https://t.…
  • RT @barks_news: 【千歌繚乱インタビュー】EVERSSIC、歌モノバンドを流行らせたい 9/26開催のBARKS主催イベント<千歌繚乱vol.18>に出演する、EVERSSICへのインタビュー。“歌”にかける熱い思いを語ってもらいました。 https://t.…
  • RT @barks_news: 【千歌繚乱インタビュー】EVERSSIC、歌モノバンドを流行らせたい 9/26開催のBARKS主催イベント<千歌繚乱vol.18>に出演する、EVERSSICへのインタビュー。“歌”にかける熱い思いを語ってもらいました。 https://t.…
  • RT @barks_news: 【千歌繚乱インタビュー】EVERSSIC、歌モノバンドを流行らせたい 9/26開催のBARKS主催イベント<千歌繚乱vol.18>に出演する、EVERSSICへのインタビュー。“歌”にかける熱い思いを語ってもらいました。 https://t.…
  • RT @barks_news: 【千歌繚乱インタビュー】EVERSSIC、歌モノバンドを流行らせたい 9/26開催のBARKS主催イベント<千歌繚乱vol.18>に出演する、EVERSSICへのインタビュー。“歌”にかける熱い思いを語ってもらいました。 https://t.…
  • RT @BARKS_VISUAL: 【千歌繚乱インタビュー】EVERSSIC、歌モノバンドを流行らせたい 9/26開催のBARKS主催イベント<千歌繚乱vol.18>に出演する、EVERSSICへのインタビュー。“歌”にかける熱い思いを語ってもらいました。 https://…
  • RT @barks_news: 【千歌繚乱インタビュー】EVERSSIC、歌モノバンドを流行らせたい 9/26開催のBARKS主催イベント<千歌繚乱vol.18>に出演する、EVERSSICへのインタビュー。“歌”にかける熱い思いを語ってもらいました。 https://t.…
  • RT @barks_news: 【千歌繚乱インタビュー】EVERSSIC、歌モノバンドを流行らせたい 9/26開催のBARKS主催イベント<千歌繚乱vol.18>に出演する、EVERSSICへのインタビュー。“歌”にかける熱い思いを語ってもらいました。 https://t.…
  • 【千歌繚乱インタビュー】EVERSSIC、歌モノバンドを流行らせたい - BARKS https://t.co/hEYtDCumRh
  • 【千歌繚乱インタビュー】EVERSSIC、歌モノバンドを流行らせたい 9/26開催のBARKS主催イベント<千歌繚乱vol.18>に出演する、EVERSSICへのインタビュー。“歌”にかける熱い思いを語ってもらいました。… https://t.co/UCq90OOgnu
  • RT @barks_news: 【千歌繚乱インタビュー】EVERSSIC、歌モノバンドを流行らせたい 9/26開催のBARKS主催イベント<千歌繚乱vol.18>に出演する、EVERSSICへのインタビュー。“歌”にかける熱い思いを語ってもらいました。 https://t.…
  • 【千歌繚乱インタビュー】EVERSSIC、歌モノバンドを流行らせたい 9/26開催のBARKS主催イベント<千歌繚乱vol.18>に出演する、EVERSSICへのインタビュー。“歌”にかける熱い思いを語ってもらいました。… https://t.co/rb7XqutyX3
  • RT @BARKS_VISUAL: 【千歌繚乱インタビュー】EVERSSIC、歌モノバンドを流行らせたい 9/26開催のBARKS主催イベント<千歌繚乱vol.18>に出演する、EVERSSICへのインタビュー。“歌”にかける熱い思いを語ってもらいました。 https://…
  • RT @BARKS_VISUAL: 【千歌繚乱インタビュー】EVERSSIC、歌モノバンドを流行らせたい 9/26開催のBARKS主催イベント<千歌繚乱vol.18>に出演する、EVERSSICへのインタビュー。“歌”にかける熱い思いを語ってもらいました。 https://…
  • RT @BARKS_VISUAL: 【千歌繚乱インタビュー】EVERSSIC、歌モノバンドを流行らせたい 9/26開催のBARKS主催イベント<千歌繚乱vol.18>に出演する、EVERSSICへのインタビュー。“歌”にかける熱い思いを語ってもらいました。 https://…