2018年8月28日 at 日本武道館

2018年8月28日 at 日本武道館

【小田和正 ライヴレポート】
『Kazumasa Oda Tour 2018
「ENCORE!!」』
2018年8月28日 at 日本武道館

2018年8月28日 at 日本武道館
2018年8月28日 at 日本武道館
 小田和正は今、5月から10月まで続くロングツアーの真っ最中だ(※来年1月に振替公演を追加)。およそ2年振り、70歳になって初のツアーだが、その全貌は21カ所48公演に及ぶ大規模なもの。衰え知らずの美しいハイトーンと、時代を超える名曲が次々と披露されるステージに、各地から届くのは絶賛の情報ばかり。その辞書に“限界”の文字はない、そんなレジェンドの驚異のパフォーマンスを8月29日の日本武道館で目撃した。

 小田和正に武道館はよく似合う。この日のMCでも話してくれたが、36年前、伝説となったオフコースの武道館10デイズをはじめ、思い出の詰まったこの空間に今も立てるという歓び。それは観客も同じで、“あの時ここにいた人?”という問いかけに応えてあがったいくつもの手が、その歌を今日までともに受け継いできた。“知ってる歌があったら遠慮なく歌ってください。前の人の迷惑にならない程度に(笑)”という、これが小田和正のライヴのポリシーだろうか。

 それにしても、なんというタフネスだろう。ピアノ、エレキ、アコギ、ハンドマイクを使い分け、休みなく歌い続ける。アリーナに張り巡らせた長い花道を歩き、客席に降りて歌い、階段を上って1階席のすぐ近くでファンに向けてマイクを差し出す。どんな若いロックバンドよりもライヴ中の“走行距離”は小田和正が上のはずだ。

 ツアーに先駆けてリリースされた4曲入りニューシングル「この道を/会いに行く/坂道を上って/小さな風景」も、もちろん披露してくれた。アップテンポの「坂道を上って」では総立ちで手拍子とともに、「この道を」も多くの人が口ずさんでいる声が聴こえる。新曲にこれほど大きな反響があるとは、なんて素敵なことだろう。

 “みなさん、僕より年下に見えますが。体に気を付けて、元気で生きていってください”――ファンへの呼びかけというより、同じ時代を過ごした同志へ贈るメッセージ。もう“70歳にも関わらず”という枕詞は禁句にしよう。小田和正の声と曲は時を超え年を超え、日本のAORのメインストリームの上で輝き続けている。

撮影:菊地英二/取材:宮本英夫

小田和正 プロフィール

オダカズマサ:1947年9月20日生まれ、神奈川県横浜市出身のシンガーソングライター。東北大学工学部、早稲田大学理工学部建築科修士課程卒。66年に鈴木康博とオフコースを結成し、70年にシングル「群衆の中で」でデビューを果たす。「愛を止めないで」「さよなら」「Yes-No」ほか名曲群を数多くリリース。しかし、89年2月に解散した。その後、ソロ活動を再開すると、91年に「ラブ・ストーリーは突然に」が大ヒット。以降、数多くオタイアップ楽曲、名曲を世に放ち、シングル、アルバム、ベストアルバムを定期的にリリース。さらにライヴツアーも開催し続けており、日本の音楽シーンに大きな功績をもたらしているひとりだ。2016年4月にはオールタイムベスト『あの日あの時』を発表。21年には自身初の配信シングル「風を待って」をリリースした。続けて配信にて2作を発表し。22年6月、8年振りのオリジナルアルバム『early summer 2022』を発売、同月から74歳8カ月でのアリーナツアー『明治安田生命 Presents Kazumasa Oda Tour 2022 「こんど、君と」』がスタートした。小田和正 オフィシャルHP
小田和正 レーベルアーティストページ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着