Tribal Scream of Phoenix L to R:恵依(【K】/ vo)、渡辺ゆう(you +/ b)、HINA(ds&vo)、TAIJI(b)、Shu(g)、RIKI(vo)、THUNDER(b)、Kouzy(vo)

Tribal Scream of Phoenix   L to R:恵依(【K】/ vo)、渡辺ゆう(you +/ b)、HINA(ds&vo)、TAIJI(b)、Shu(g)、RIKI(vo)、THUNDER(b)、Kouzy(vo)

Tribal Scream of Phoenix、
TAIJIが残した未発表曲含む
初期ベスト盤発売&トレーラー公開

Tribal Scream of Phoenix(以下、TSP)が10月10日(水)に、TAIJIが残した未発表曲を含む、初期ベストアルバム『Tribal Scream of Phoenix vol.1』を発売することを発表した。また、トレーラー映像も併せて公開された。

2010年、TSPはフルアルバムを作るために制作作業を重ねていた。楽曲を作り、レコーディングスタジオに入りの連続。時には、TAIJIとShuのふたりで、TAIJI宅にてデモを録りためることもあり、夏をすぎる頃にはアルバム1枚分に近い数の楽曲が出来た。しかし、2011年7月にTAIJIが不慮の死を遂げ、制作していたアルバムどころかTSP自体が活動を続けられない状況に陥ってしまった。TAIJI が残した楽曲を世に出さなければという意志のもと、新メンバーを迎えて1stアルバム『The Last Resistance of Firebird』を完成するが、リリースできたのは2012年9月のことだった。その制作期間中に、「OLD BELLS」と「NEW BELLS」という2曲の楽曲のアレンジをどうするか、TAIJIが生前の時格闘していたそう。

その結果、「NEW BELLS」は「FLY TO HELL」となりアルバムに収録、「OLD BELLS」は未完成のまま予約特典CDにデモが収録されることとなる。しかし、実は「FLY TO HELL」はTSPが結成される前に TAIJIとShuで制作されていた楽曲で、言うなれば「OLD BELLS」なのである。そして、「NEW BELLS」は、TAIJIの最後のライブとなった2010年12月5日高田馬場クラブ・フェイズで、TAIJIにより「Bell On Hell」と命名され披露されていた、この楽曲を今回のベストアルバムリリースに合わせ、リアレンジ。TAIJI が残してくれたベースは、そのままに、タイトルも「Bells Of Hell」とし生まれ変わった。イントロで聴けるベースプレイには、まさに沢田泰司の存在感がある。TAIJIにしかできない、TAIJIならではのベースでアルバムは幕を開ける。

【Tribal Scream of Phoenixコメント】

「日本のロック・シーンは、稀代の天才ミュージシャンを失いました。 しかし、TAIJIは、みんなの心のなかで永遠に生き続けています。 彼は、TSPを残してくれました。そして、今でもTSPのメンバーです。 彼が、最後に手がけていたTSPを続けることこそ、TAIJIの遺志を継ぐことだと信じ、 彼が残した音楽を世界に発信し続けます」

『Tribal Scream of Phoenix vol.1』
トレーラー

アルバム『Tribal Scream of Phoenix vol.1』2018年10月10日発売
    • RADC-108/¥3,000+税
    • <収録曲>
    • 01.Bells Of Hell
    • 02.ASH&RAIN
    • 03.FREEZE
    • 04.廃壊
    • 05.SAND OF THE SUN
    • 06.矛盾
    • 07.FROM HERE TO WHERE I AM
    • 08.the times
    • 09.FLY TO HELL
    • 10.業
    • 11.MAD CLUSTER!!
    • 12.燎原烈火
    • 13.BLACK VAMPIRE
    • 14.sorrow
    • 15.REST IN PEACE
    • 16.附和雷同
    • 17.SLEEP FOREVER
Tribal Scream of Phoenix   L to R:恵依(【K】/ vo)、渡辺ゆう(you +/ b)、HINA(ds&vo)、TAIJI(b)、Shu(g)、RIKI(vo)、THUNDER(b)、Kouzy(vo)
Tribal Scream of Phoenix
アルバム『Tribal Scream of Phoenix vol.1』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。