ヨーコ・オノ Photo by Matthew Placek

ヨーコ・オノ Photo by Matthew Placek

ヨーコ・オノ、10月にニューアルバム
『ウォーゾーン』日本盤発売決定

生誕85周年を迎えたヨーコ・オノ。1968年に発表したジョン・レノンとの『トゥー・ヴァージンズ』からも50周年となる2018年秋に、ニューアルバム『ウォーゾーン』の日本盤をボーナストラックを収録して10月24日にソニーミュージックからリリースされることが決定した。2013年発表『地獄の果てまで連れてって』以来5年ぶり、通算20作目(ジョンとの共作含む)のオリジナル作品となる。

新作の収録曲は1970年から2009年までのヨーコ・オノ作品の中から彼女自身が13曲選び、新たな解釈で新たにレコーディングされたもの。今の時代にもピタリと当てはまる、その不変のメッセージは、2018年の今の方がより一層人々の苦境に寄り添い、適切さを増している。

1973年にリチャード・ニクソンを批判した「ウーマン・パワー」は45年後、ホワイトハウスにいるもう一人の男へ向けて歌われる。“あなたは今大統領かも知れない/あなたは今も男性かも知れない/だけどあなたは人間でもあるに違いない/ だから心を開いて、私たちと一緒に生きましょう”と。「ナウ・オア・ネヴァー(時はいま)」では彼女の最も有名でインスピレーションを与えるフレーズ、“独りで見る夢はただの夢に過ぎない。だけど私たちが一緒に見る夢は現実である”と再び一人一人に語り掛ける。 「ホワイ」では獰猛な動物の鳴き声がフィーチャーされ、変わらぬ動物への人間の行ないに対し警鐘を鳴らす。そして、2017年6月に1971年から46年の時を経て、作詞・作曲のクレジットにジョン・レノンとともにヨーコ・オノの名前が追加されたことも話題となった「イマジン」の新ヴァージョンも誕生。新ヴァージョンについてヨーコはこう語る。“この曲をやるのは怖かった。トム(プロデューサーのトーマス・ベネット)も少し怖がっていたんじゃないかと思います。世界中の人が知っている曲ですから。でも、今回のアルバムのテーマに合うと思ったから、やるべきだと決心しました”。「イマジン」について1980年のインタビューでジョン・レノンはこう語っていた。“あれはLenonn-Onoの曲としてクレジットされるべきだ。歌詞やコンセプトの多くはヨーコから来ているからね。でも、その時の僕はいつもよりちょっと自分本位で、いつもよりちょっと男権主義的だったから、彼女の貢献に言及するのを省いてしまったんだ”。

さらに、日本のみのボーナストラックとしてヨーコ自身が選んだのは『イマジン』と同時に1971年発表された『フライ』からの「ミッドサマー・ニューヨーク」の2018年ミックス別ヴァージョン。この曲ではオリジナル・ヴァージョンのジョン・レノン(G)、クラウス・フォアマン(B)、ジム・ケルトナー(Drs)のバッキング・テイクがフィーチャーされている。

ヨーコ・オノは新作について、“世界はあまりにも混乱しています。誰にとっても、ものごとがとても困難になっています。私たちが今生きているのは戦闘地帯・・・。私は新しい方法で創作することが好きなのです。ものごとは日々変わってゆくものだから”と語っている。

プロデュースをヨーコと共に手がけたのはトーマス・ベネット。1981年生まれの若干36歳、Doveman としても知られている彼は、2013年の『地獄の果てまで連れてって』にプラスティック・オノ・バンドの一員として参加。また、プロデューサーとしてスフィアン・スティーヴンス(映画「君の名前で僕を呼んで」サントラ収録曲など)やデヴィッド・バーン、Rhye、ノラ・ジョーンズ、フローレンス・アンド・ザ・マシーン、グレン・ハンサード等と、ミュージシャン(Key)、ソングライターとしてデヴィッド・バーン、ザ・ナショナル、アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ、ルーファル・ウェインライト、そしてエド・シーランまで、数多くのアーティスト達と共演している。ヨーコが2014年にアントニーと行ったデュエット「アイ・ラヴ・ユー・アース」でも共演し、その後も連絡を取り続け、時折彼女の自宅でリハーサルも行なっていた。

『ウォーゾーン』の録音とアレンジは極限まで削ぎ落とされた、ミニマルな音風景の中、ヨーコの声と歌詞に特に重点が置かれており、彼女のメッセージはダイレクトに心に突き刺さり、遮るものは何一つない。時には陰鬱な警告であり、時には高揚感のある励ましでもあり、彼女の英知と不屈の精神は果敢に力強く、そのメッセージは歳月と人生経験を経て更にパワフルになっている。まさに“今だからこそ”再び全世界へ問うRE-IMAGINE的メッセージの数々、今だからこそやらねばならなかった彼女の叫び。世界を変えるのはまだ手遅れではない。私たちには今まで以上にヨーコが必要なのだ。

2018年10月9日はジョン・レノンの78回目の誕生日。それに合わせて、10月5日には『イマジン:アルティメイト・コレクション』、10月9日には書籍『イマジン ジョン&ヨーコ』が全世界同時発売されるなど、『イマジン』関連の作品が数多く発表される。

また、日本では六本木の森美術館にて10月6日(土)から開催される展覧会『カタストロフと美術のちから展』で、YOKO ONOのアート作品“色を加えるペインティング(難民船)”が展示される。近年の難民問題を題材とした作品で、観客はクレヨンを使って展示室の壁や床、そして難民船を思わせる船のどこにでも、平和の願いを書くことができる、昨今注目される鑑賞者参加型アートの先駆けとも言える作品となっている。

ヨーコ・オノのバック・カタログは2016年から『YOKO ONO REISSUE PROJECT』としてソニーミュージックより継続発売中。第一弾は『トゥー・ヴァージンズ』『ライフ・ウィズ・ザ・ライオンズ』『ヨーコの心/プラスティック・オノ・バンド』を2016年12月リリース。第二弾は『フライ』『無限の大宇宙』『空間の感触』を2017年8月リリース。第三弾は2019年前半に『シーズン・オブ・グラス』『イッツ・オーライト』『スターピース』『ストーリー』、そして『ウェディング・アルバム』をリリース予定。

「Woman Power」

「Now Or Never」

「Why」

『カタストロフと美術のちから展』

10月6日(土)~1月20日(日) 森美術館
開館時間:10:00~22:00(火曜日は17:00まで)
※入館は閉館時間の30分前まで
<入館料>
一般¥1,800/学生(高校・大学生)¥1,200/子供(4歳~中学生)¥600/シニア(65歳以上)¥1,500
※詳細はこちら:https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/catastrophe/index.html
アルバム『ウォーゾーン』2018年10月24日発売
    • SICX-30062(BSCD2)/¥2,500+税
    • ※解説・歌詞・対訳付/海外ブックレット「Feminization of Society(社会の女性化)」翻訳付
    • ※日本盤のみのボーナストラック1曲収録
    • <収録曲>(すべてNEW RECORDING/カッコ内はオリジナル・ヴァージョンを収録したアルバム)
    • 1.WARZONE/ウォーゾーン(『ライジング』 1996)
    • 2.HELL IN PARADISE/ヘル・イン・パラダイス(『スターピース』1985)
    • 3.NOW OR NEVER/ナウ・オア・ネヴァー(時はいま) (『無限の大宇宙』1972)
    • 4.WHERE DO WE GO FROM HERE/ホェア・ドゥ・ウィ・ゴー・フロム・ヒア (『ライジング』1996)
    • 5.WOMAN POWER/ウーマン・パワー(『空間の感触』1973)
    • 6.IT'S GONNA RAIN/イッツ・ゴナ・レイン(『スターピース』1985)
    • 7.WHY/ホワイ(『ヨーコの心/プラスティック・オノ・バンド』1970)
    • 8.CHILDREN POWER/チルドレン・パワー(『スターピース』1985)
    • 9.I LOVE ALL OF ME/アイ・ラヴ・オール・オブ・ミー(『スターピース』1985)
    • 10.TEDDY BEAR/テディ・ベア(『スターピース』収録「Cape Clear」をリメイク)
    • 11.I'M ALIVE/アイム・アライヴ Between My Head and the Sky(『ビトウィーン・マイ・ヘッド・アンド・ザ・スカイ』2009)
    • 12.I LOVE YOU EARTH/アイ・ラヴ・ユーアース(『スターピース』1985)
    • 13.IMAGINE/イマジン(『イマジン』1971)
    • [日本のみのボーナストラック]
    • 14.MIDSUMMER NEW YORK/ミッドサマー・ニューヨーク (alternate version)(『フライ』1971)
ヨーコ・オノ Photo by Matthew Placek
アルバム『ウォーゾーン』
「カタストロフと美術のちから展」展覧会YOKO ONOアート作品《色を加えるペインティング(難民船)》画像
「カタストロフと美術のちから展」展覧会メインヴィジュアル

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着