亜無亜危異

亜無亜危異

亜無亜危異、
レコ発ライブにて
世代の異なるパンクバンド
BRAHMAN、SAと激突

9月5日(水)に18年振りの新作『パンクロックの奴隷』をリリースした亜無亜危異。すでにそのレコ発ライヴとして9月16日(日)に開催する東京公演と、11月21日(水)に福岡にて開催するワンマンが発表されているが、11月23日(金)に大阪・味園ユニバースで行なわれる『パンクロックの奴隷TOUR2018 EXTRA』に、BRAHMANSAがゲスト出演することが分かった。

世代の異なる3組のパンクバンドが、味園ユニバースという独自の空気感漂う会場で激突! 激アツ必至の見逃せない公演となりそうだ。争奪必至となるチケットは9月30日(日)から一般発売となるので、お早めにチェックしてほしい。

『パンクロックの奴隷
TOUR2018 EXTRA』

11月23日(金) 大阪・味園ユニバース
出演:亜無亜危異、BRAHMAN、SA

<チケット>
前売¥4,500(当日料金未定)※ドリンク代別
一般発売:9月30日(日)~
ミニアルバム『パンクロックの奴隷』2018年9月5日発売
    • 【CD+DVD】
    • CRCP-40560/¥3,241+税
    • <収録曲>
    • ■CD
    • 01.パンクロックの奴隷
    • 02.偽善者ワロタ
    • 03.くるくるパトリオット
    • 04.イカサマ伝道師
    • 05.タブーの正体
    • 06.弱者の行進
    • ■DVD
    • パンクロックの奴隷/心の銃/もうアウト/シティ・サーファー/逃げろ/バラッド/平和の裏側/Harder They Come/団地のオバサン/Ready Steady Go/改革子供/旗をかかげて/デラシネ/530/パトリオット/屋根の下の犬/タレント・ロボット/ヒーロー/叫んでやるぜ/ノット・サティスファイド
    • ※2018年1月8日 東京・新宿LOFTワンマンライブを収録
亜無亜危異
ミニアルバム『パンクロックの奴隷』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着