【ライヴレポ】年に一度の“エビライ
”初日は驚きの発表も!グループの垣
根を超えたパフォーマンスに歓喜!!

スターダストプロモーション所属の男性若手アーティスト集団・EBiDANのライヴイベント『EBiDAN THE LIVE 2018 ~Summer Party~』が、8月28日と29日の2日間、東京国際フォーラム ホールAにて開催。この日限りのスペシャルユニットや驚きの発表が飛び出した初日の模様をお伝えする。
EBiDAN研究生から選抜されたメンバーによる新プロジェクトBATTLE BOYSがオープニングアクトとして登場。大きな舞台でも物怖じしない堂々としたパフォーマンスを見せた上で、出演する各グループをイメージした車が熱いサーキットレースを繰り広げるオープニングムービーへ。
期待感が膨らむ中、シルバーに光る衣装でステージに勢いよく飛び出してきたのはEBiSSHの4人だ。自己紹介ソング「Let’s EBiSSH!」で、順繰り紹介されるメンバーにほかの3人が抱きついたり、頭をなでなでしたり、ハグしたり。EBiSSHらしい仲の良さ、結束感を滲ませながら、いきなりステージからかけ降りて1階客席のど真ん中でパフォーマンスすれば、オーディエンスの熱量がどんどん上がっていく。
「スマホのライト点けて!」と、スマホのライトをかざしながら現れたのはHONG¥O.JP。この日、初のライヴパフォーマンスとなる彼らは、自分たちで作詞を手掛けた「Just Do It」に始まり、ステージを自由に動き回る3人。「SUPER BANANA」では「みんなで楽しんでいきましょう」「Put Your Hands!!」とオーディエンスに呼びかけながら、夏モード全開。ぐっと大人っぽくなったDJ JOEはじめ、信念に貫かれたHIP-HOPをしっかりと見せつけてくれた。
「楽しんでいきましょう!」と登場したさとり少年団は、中毒性の高い「ヘルプ ユー」でオーディエンスのハートをキャッチ。サビで美声を響かせながらも永玖が「跳べ跳べ!」と煽れば、オーディエンスも楽しくジャンプ。謙信と颯斗が代わる代わるラップした「夏へダイビング(仮)」では、みんなでタオルをぐるんぐるん回して、気付けばものすごく楽しくなっているではないか。
一転、田中雅功と髙田彪我が丁寧に歌声を重ね、アコースティックギターを紡いださくらしめじ。ノスタルジックな「恋音と雨空」ではPrizmaXの清水大樹がゲスト参加し、流麗なラップで彩りを添えるサプライズも!クラップが自然発生した「菌カツ!」にしても、笑顔で向き合ってギターを弾いたり、息を合わせてジャンプをしたり。いつだって、温かなほっこり気分にさせてくれるふたりである。
強烈なビートがグルーヴィーな「I’M SWAG」でアグレッシブに攻めたのは、EBiSSH、さとり少年団の2グループが融合したONE N' ONLY。EIKU 、TETTA、REIと、それぞれの個性的な歌声を生かしたロートーンからハイトーンへの見事な流れにしろ、HAYATO、KENSHINKOHKI、NAOYA、のクールで艶っぽさも感じさせるダンスにしろ、7人揃っての躍動にしろ刺激的だ。
SUPER★DRAGONは、ドラムンベースとハードコアが融合した疾走感溢れる「SWEET DEVIL」でとんでもないスタートダッシュをかける。ジャンのラップ、和哉のデスボイス、シンクロクランプダンス、さらにはアクロバティックな連携技と、とにかくダイナミック。レゲエでゆったり始まってサビで急に爆発的なEDMに切り替わる「ゲットレジャーニー」にしても、独自性が露わになっていたと思う。
後光に浮かんだ6人のシルエット、その正体は、浴衣をアレンジしてそれぞれのイメージカラーをあしらった衣装に身を包んだ超特急。リョウガが「最高の1日にしようぜ!」と叫んで、1曲目は「Jesus」だ。本領発揮のキレッキレのフォーメーションダンス、時に優しく、時に惑わせるようなタカシの歌声に、昂らないわけがない。おまけに、「浮つきWAVES」では6人がステージを降りて1階客席へ!ユーキの「回せ!」という声に、オーディエンスも本気のタオル回し。ステージに戻ってのラストの6人でのキメポーズもばっちり決まって、オーディエンスの興奮は最高潮に。
そこにもってきてのシャッフルタイムでは、各ユニットから抽選で選ばれたメンバーが一夜限りのユニットを結成することとなったわけだが……この日は“ぶなしめじ”と“通勤快速”が誕生。
ぶなしめじで田中雅功になりきったのは超特急のユースケ、髙田彪我になりきったのはDISH//の矢部昌暉。それぞれが雅功と彪我の衣装を着て、その手にはアコースティックギター、昌暉の首には彪我と同じくちゃんとタンバリンがかかっている。「ひだりむね」を歌い出せば、歌い方にしろ、表情にしろ、向き合ってのアイコンタクトにしろ、完全コピー。貴重なふたりのハーモニーも、なかなかのものだ。間奏部分ではユースケも昌暉も暴走して遊んだりもしつつ、ふたりの人柄が生きたほっこり感はとても温かかった。
通勤快速では、カイをSUPER★DRAGONの毅、リョウガを同じくSUPER★DRAGONの楽、偶然にもタクヤになりきったのは実弟であるEBiSSHのNAOYA、ユーキをさくらしめじの雅功、ユースケをSUPER★DRAGONの楓、タカシをM!LKの吉田仁人がなりきり。ちゃんとそれぞれの衣装を着て、パフォーマンスしたのは「My Buddy」だ。普段、ステージではストイックなSUPER★DRAGONの面々が、思いきった変顔をしたり、最高スマイルを見せたり。いつものステージでは見られないダンスで雅功が沸かせたり。このときばかりは、NAOYAが本気でタクヤに見えたり。仁人がボーカル力で全体を引っ張ったり。それぞれに新たな開花を感じさせてくれた数分間は、感動的ですらあった。ぶなしめじ、通勤快速共に、一夜限りだなんて本当にもったいない!
後半戦のトップバッターはPrizmaX。ゆったりとした高揚感で心地良く包む「Are you ready?」から、森崎ウィンの伸びやかで情感豊かな歌声、清水大樹のなめらかで心地良いラップ、福本有希、島田翼のしなやかで独創的なダンスが映える。「OUR ZONE(2018ver.)」の美しく繊細な歌声、指先まで見逃せない躍動にしても、しっかりと着実に経験値を積み重ねてきた4人のパフォーマンスは、目も耳もじっくりと満たしてくれる。「国際フォーリンラブしようぜ!」と言い出した有希はじめ、MCともなれば途端に和やかになってしまうというギャップもまた素敵。「のど乾いたね、何飲みたい?」と振るウィンに、翼が笑顔で「カフェオレ!」と答えて、「カフェオレ」へ。4人が輪になるパフォーマンス、大樹の軽やかなラップ、ウィンのロングトーンでも魅せてくれた。
M!LKは、なんと新メンバー3名の追加と新たなアーティストロゴを電撃発表。新メンバーは、BATTLE BOYSを卒業した曽野舜太、山中柔太朗、琉弥だ。ステージに姿を現した7人は、それぞれのイメージカラーを配したロングのナポレオンジャケットを着こなして、その顔は実に凛々しい。新曲「Over The Storm」は、“始まりはここから”“曇天を突き抜けていけ”と7人が歌う、“嵐を越えていけ”というタイトル通りの力強いナンバーで、そこにいるのはかわいいM!LKではなく、カッコいいM!LKだ。板垣瑞生が決意を込めて“覚悟はできている”と歌い、いつも通り佐野勇斗がかけ声を上げ、塩﨑太智がオーディエンスを煽った新曲では、7人で肩を組んで歌う場面も。「テルネロファイター」では吉田仁人が歌で頼もしく牽引、7人のテルネロポーズも気迫十分だ。歌詞の通り、まさにM!LKの虹色に輝く可能性は無限大である。
トリはDISH//。4人揃いの赤いジャケットも鮮やかだ。矢部昌暉が弾くイントロのギターリフで1曲目が「僕たちがやりました」だとわかると、客席から大歓声が上がる。どっしりビートを繰り出す泉大智。キーボードを弾きながら歌ったりもする橘柊生。歌声に魂を込め、高まるままにシャウトもする北村匠海。DISH//は、やはりとことんエモーショナルなロックバンドだ。柊生のラップやターンテーブル回し、昌暉のファンキーなギターリフ、大智の「いただきまーす」、匠海のステージを広く使った動きが映えた「I’m FISH//」。「大きく揺らしていきましょう!」と柊生が叫び、昌暉がギターを携えたままジャンプ、匠海が挑発的に歌い、踊らせる「愛の導火線」。パワフルな歌と演奏に、オーディエンスの大きなクラップが添えられた「勝手にMY SOUL」。何があろうと自分たちを信じてがむしゃらに突き進む彼らの姿に、バンドとしての底力を見た。
そして、「SUMMER PARTY」では全員が集合して豪華共演。ステージを去ろうとするNAOYAに「ばいばいタクヤ!」、タクヤに「またなNAOYA!」と言っちゃうイタズラなリョウガに、コラ!っとタクヤが詰め寄る、微笑ましいひと幕も。それぞれの単独ライヴとはまた違った化学反応や楽しさがてんこ盛りなのが“エビライ”の最大の魅力。それを存分に味わえた年に一度のお祭り初日は、もっと観ていたい!という余韻を残し幕を閉じた。
写真/米山三郎、笹森健一、小坂茂雄 文/杉江優花

ランキングBOX

“気になる人の気になるランキング”をテーマに、様々な分野の著名人へ直撃した「MY BEST3」を紹介!オリジナルのランキングインタビュー記事をはじめグルメなどのトレンド情報やエンタメなどのストレートニュースなども毎日配信中です。

0コメント