8月24日(金)@代官山UNIT photo by RENSHAR JAPAN

8月24日(金)@代官山UNIT photo by RENSHAR JAPAN

吉田凜音、初のワンマンツアー完走
&SKY-HIプロデュース新曲も披露

吉田凜音の初のワンマンライヴツアーのファイナル公演が、8月24日に代官山UNITで行なわれた。

SEが始まると、女子高校生で構成された4人のバックダンサー“NATT!”と、DJを務めるクリエイターのYonYonが登場。観客も一緒に体を動かし始めたころについに、吉田凜音が現れると会場中のボルテージが一気にあがった。

最新アルバムはラップと歌の両方を表現できるものとなっており、同世代のファンの大歓声の中、「Ride On Turtle」「旬感少女」「YOLO♪」の3曲を立て続けにパフォーマンス。「こんにちは! ツアーファイナル始まりました! こんなにたくさん来てくれると思わなかったから嬉しい! みんな踊れますか?」と吉田がMCで呼びかけ、会場はそれに応えるように手を伸ばし一体感を見せた。

その後、作詞をYUI(バクバクドキン)、作曲をAvec Avec(Sugar's Campaign)が手がけた「スキ」や「サイダー」など、かわいい楽曲でフロアをしっとり聴かせた後、「SKY-HIさん、作詞・作曲・プロデュースの新曲『Find Me!』は、強気な女の子が言いたくないことを言ってしまう、そんなラブソングになっています」と披露したのは、ツアー初日の名古屋公演からオーディエンスと作り上げてきた、SKY-HIプロデュースのデジタルシングル「Find Me!」。女子高生の気持ちを歌った歌詞や、体が自然と揺れだすトラックに、会場が一気に盛り上がり、ツアーの集大成を見せつけた。

バックダンサーNATTのメンバー紹介の後、「STAY FOOL!!」「BQN」を披露。ラップと歌とダンスの3 つの融合で作り上げるパフォーマンスを会場に見せつけ、会場を沸かせた。そして、YouTubeの再生回数114万回を超える自身の代表曲「パーティーアップ」を大歓声の中で披露し本編を終えた。

アンコールの歓声の中登場しSNSで10代から話題を集める「りんねラップ」を歌い上げ、この日、最大の歓声の中、幕を閉じた。

なお、SKY-HIプロデュースの新曲「Find Me!」は8月29日に配信リリースされる。

Live photo by RENSHAR JAPAN
【セットリスト】
1.Ride On Turtle
2.旬感少女
3.YOLO♪
4.裏原ンウェイ
5.kitty
6.スキ
7.サイダー
8.Find Me!
9.KESALAN BLUES
10.EYE CANDY
11.Circuit Board
12.onely rap girl
13.Sheep Rock
14.STAY FOOL!!
15.BQN
16.パーティーアップ
アンコール
1.SUMMER MAGIC
2.ready make some noise
3. りんねラップ

◎ セットリストを再現したプレイリストをサブスクリプションサービスにて配信中。
プレイリスト「吉田凜音 SEVENTEEN TOUR」
https://jvcmusic.lnk.to/rinne_setlist
配信シングル「Find Me!」2018年8月29日配信リリース
8月24日(金)@代官山UNIT photo by RENSHAR JAPAN
8月24日(金)@代官山UNIT photo by RENSHAR JAPAN
吉田凜音
配信シングル「Find Me!」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着