8月19日@ 上野恩賜公園水上野外音楽堂

8月19日@ 上野恩賜公園水上野外音楽堂

吉田山田、
4年連続の『吉田山田祭り』が
大盛況&バンドセットツアー決定

男性シンガーソングライターデュオ・吉田山田が、4年連続4回目となる一夜限りの真夏のライブ『吉田山田祭り2018』を8月19日(日)に東京・上野水上野外音楽堂にて開催した。2018年もチケットは即ソールドアウトし、立見席も満員御礼。ニコニコ生放送での生配信も行う程の人気ぶりに、まさにプレミアムな一夜となった。

10月31日(水)に6thアルバム『欲望』を発売することを発表したばかりの吉田山田。この日のライブでは早くもその中から新曲「拝啓」「 虹の砂」「COLOR」「もし」の4曲を含む全20曲を披露した。

MCでは、吉田山田らしく笑いを誘う、軽快なトークが続く。2018年10月21日で活動10年目に突入する彼等だが、“改めて、10周年で吉田山田の活動が終わると仮に想定してみたら後悔したくないと思い、そうやって活動をしていたら毎日が楽しくなって、必死で取り組む楽しさを実感しました。そして昨年『変身』というアルバムを出したのですが、そうするといろんな欲望がどんどん湧いてきて、その想いを曲達に込めて『欲望』というタイトルにすることにしました”と、吉田からしっかりと、真面目に、アルバムそして10周年への意気込みが語られた。

さらに、11月17日(土)東京・東京国際フォーラム ホールCでの公演を皮切りに、12月26日(水)愛知・Zepp Nagoyaまで、全国5ヶ所で開催の吉田山田全国ワンマンツアー『吉田山田ツアー2018 <Band Set>』が開催されることも発表! そしてライブ終盤には、吉田山田の二人が客席を走り回ることが恒例となりつつある 「未来」を披露。今回はなんと、多数来場している小さいお子様連れファミリーの中から、ランダムに子供を抱きかかえてステージにあげるサプライズも。

ライブのラストを飾る 「夏のペダル (祭りver)」の最後で、二人がステージ中央の和太鼓を連打し、観客はそれに掛け声で応え、会場が一体となり約3時間のステージを一気に駆け抜けた。

<セットリスト>
■第1部
1.魔法のような
2.新しい世界へ
3.RAIN
4.OK
5.カシスオレンジ
6.キミに会いたいな
7.Today,Tonight
8.拝啓
9.ハローグッバイ
~インターバル / RADIO~
■第2部
10..虹の砂
11.カシオペア
12.カケラ
13.僕らのためのストーリー
14.日々
15.COLOR
16.もし
17.未来 (メンバー紹介)
18.イッパツ
19.YES!!!
20.夏のペダル (祭りver)

全国ワンマンツアー『吉田山田ツアー2018 <Band Set>』

11月17日(土) 東京・東京国際フォーラム ホールC
12月08日(土) 大阪・なんばHatch
12月09日(日) 福岡・イムズホール
12月16日(日) 宮城・仙台Rensa
12月26日(水) 愛知・Zepp Nagoya
<チケット>
全席指定前売¥5,500/当日¥6,000(税込) ※D代別
※12月16日(日)宮城公演のみ全自由(指定なし)
※11月17日(土)東京公演のみドリンク代なし
■オフィシャルモバイルファンクラブ先行予約
8月19日(日) 21:00~8月26日(日)23:59まで
■一般発売
9月29日(土)

8月19日@ 上野恩賜公園水上野外音楽堂
8月19日@ 上野恩賜公園水上野外音楽堂
8月19日@ 上野恩賜公園水上野外音楽堂
8月19日@ 上野恩賜公園水上野外音楽堂
8月19日@ 上野恩賜公園水上野外音楽堂
8月19日@ 上野恩賜公園水上野外音楽堂
8月19日@ 上野恩賜公園水上野外音楽堂
8月19日@ 上野恩賜公園水上野外音楽堂
吉田山田

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着