8月16日@千葉・幕張 ZOZOマリンスタジアム
photo by AZUSA TAKADA

8月16日@千葉・幕張 ZOZOマリンスタジアム
photo by AZUSA TAKADA

[ALEXANDROS]、
初のスタジアムワンマン
『VIP PARTY 2018』が大熱狂
&リクエストメドレーの披露も

[ALEXANDROS]のワンマンライブ『[ALEXANDROS] VIP PARTY 2018』が8月16日、千葉・幕張のZOZOマリンスタジアムにて開催された。『VIP PARTY』は[ALEXANDROS]がバンドの節目ごとに行ってきたファン感謝祭的なスペシャルライブ。2012年にライブハウスで産声を上げた『VIP PARTY』は、日本武道館(2015年)、大阪城ホール(2016年)、日本ガイシホール(2017年)での開催を経て今回、自身初のスタジアムワンマンライブとして実施されるに至った。

スタンディング形式のアリーナとスタンドの客席を埋め尽くしたオーディエンスは実に3万5千人。強烈な海風すら跳ね返すほどの熱気と期待感に満たされた中、いよいよ開演の時を迎えた。

巨大なステージにまず登場したのは、[ALEXANDROS]のライブではすでにお馴染みの、村田泰子率いるストリングスセクション、通称“村田一族”。8人編成のストリングスの調べに、庄村聡泰(Dr)、磯部寛之(Ba&Cho)、白井眞輝(Gu)が加わって「ワタリドリ」のフレーズをシンフォニックに奏でていく。そして、“行くぞZOZOマリン!”というハイトーンシャウトとともに、川上洋平(Vo&Gu)が通路の先のセンターステージに登場。ハンドマイクで激しく観客を煽りながら、ユニバーサルミュージックという新たな舞台への旅立ちのシングル曲でもあった「ワタリドリ」を熱演するメンバーの姿に、スタジアムは開演早々から圧巻のシンガロングに包まれる。

巨大ビジョンに『VIP PARTY』のヒストリー映像が流れ、“R U READY?(準備はいいか)”という煽り文句が映し出されたところで、今度は一転して「For Freedom」(1stアルバム『Where's My Potato?』/2010年)や「city」(2ndアルバム『I Wanna Go To Hawaii.』/2011年)といったインディーズ初期のナンバーを畳み掛ける。沸き立つ衝動をソリッドなロックに託した当時の楽曲が、スタジアムの舞台を揺さぶる“今”のスケール感をもって鳴り渡り、会場の温度は刻一刻と高まっていく。

同じく『I Wanna Go To Hawaii.』から披露した「Cat 2」では、ギターをフライングVに持ち替えた白井が“手を挙げろ! 違う、こうだ!”と観客にメロイックサインを促し、“行けるか千葉!”と挑むように呼びかける。曲中にメタリカ「Master of Puppets」のリフを挿入する定番の流れも、ここスタジアムでは格段に痛快かつダイナミックに響いてくる。

続けて3rdアルバム『Schwarzenegger』(2012年)から演奏したのは、縦ノリのビート感とアグレッシブな歌がせめぎ合う「Waitress, Waitress!」。間奏で聴かせるジャジィなアンサンブルでは、サポートキーボーディスト=ROSÉが奏でるピアノの音色とともに妖艶な時間を描き出してみせた。さらにもう1曲、再びストリングスを迎えての「spy」では川上がアコギを構え、豊潤な旋律をスタジアムの隅々にまで染み渡らせていく。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着