L→R 吉田理幹(Pf&Vo)、佐々木陽吾(Gu&Vo)

L→R 吉田理幹(Pf&Vo)、佐々木陽吾(Gu&Vo)

【The Super Ball インタビュー】
ふたりだから何でもできるーー
全てを振り切って生まれた
最高の愛の歌

前作から1年半振りとなる2ndアルバム『Out Of Bounds』は、メンバー自ら完璧なものができたと胸を張る自信作。音楽的衝動に素直に従い、バンドチューンから打ち込み曲、ダンスナンバーと変化球を織り交ぜた本作にはThe Super Ballの大きな進化が表れている。

“Out Of Bounds”というアルバムタイトルですが、これを直訳するとどういう意味になるんでしょう?

吉田
“境界線を越える”ですね。メジャーデビューして2年が経ちましたけど、正直このままで良いとは思ってなくて。もっとたくさんの人に聴いてもらうためにも“ひとつ殻を破って上に行かなきゃ!”っていう想いを込めて、こう名付けました。
佐々木
ふたりだけで路上ライヴをやっていたインディーズ時代から、メジャーではバンドと共演したり、自分たち以外の音も取り入れてみたりしてきたんですが、ここしばらく“自分たちの音楽ってなんだろう?”ってずっと考え続けていたんですよ。

今年に入ってからのシングルでも生演奏にこだわった「MAGIC MUSIC」に、初のマイナー調で新境地を開いた「Second」と、ずっと葛藤されていましたよね。

吉田
はい。それで出た答えが“ふたり組なんだから、やりたいことをやればいい!”っていうことだったんです。パートの縛りがなくて、何でもやれるのがふたり組の良さだし、だったらバラードも、ダンスナンバーも、ロックチューンも、とにかく今、本当に自分たちがやりたいことをやればいいって。そういう考えで作った結果、もうマスタリングが終わってから自分で聴かない日がないくらい大好きで、“これは完璧だ!”と断言できるアルバムになりました。
佐々木
その中でも僕らの中で圧倒的リード曲になったのが、3曲目の「ラブソング」だったんです。

その理由は?

吉田
ずっと前から自分たちの中で最高の愛の歌が作れた時に“ラブソング”っていうタイトルを付けたいと決めていたんですけど、紛れもなくそう思える曲ができたんです。もちろん男女間の愛と解釈できる曲でもあって、MVでは本当の結婚式にカメラを入れたりもしたけれど、愛にはいろんなかたちがあるじゃないですか。僕らの中ではファンやスタッフに対する感謝が本当に大きかったので、そういう人たちの手を離さず、これからも手を取り合っていこうっていう想いをサビ頭の《繋ぎたいよ》っていう言葉に込めたんです。
佐々木
「ラブソング」を含め、作家の方と一から楽曲を作っていくという挑戦ができたのも良かったですね。結果、ダンスチューンの「Night Parade」に打ち込み色の強い「雨音が止む前に」と、自分たちだけでは出せないエッセンスをアルバムに入れられたんです。
吉田
王道バラードの「消せないルール」を入れることが決まっていたから、同じバラード系でも差別化を図ろうと打ち込みでビートの重いものをということで作ったのが「雨音が止む前に」なんですよね。「消せないルール」は3年前くらいに作った曲で、ずっとライヴでも歌い続けてきた人気曲を満を持して音源化したんです。それを決めたのも、これだけ自信のあるアルバムができたからなんですよね。

恋愛中に決めたふたりのルールが別れたあとも消えないという切ない歌ですが、ちなみに今、一緒に暮らしているおふたりの間のルールって何かあります?

吉田
ま、音楽を最優先することですね。だから、陽吾さんが“同窓会に行きたいから、リハずらしてくれないかなぁ”って言っても“だめです!”って(笑)。
佐々木
言いがちだね。ちなみにこの曲では初めて生のストリングスを入れていて、それが泣けるくらい良いんですよ! そこはライヴと違うんで、注目して聴いてほしいです。

この曲を含め、今作のラブソングは実体験かと思うほど生々しい歌詞が多かったんですけれど、実際のところは?

吉田
…まぁ、「消せないルール」はわりと実体験含んでますけど、最近は全然大恋愛はしてないんで(笑)。
佐々木
「Are you ready?」とか、多少は高校時代にフラれた時の“なんでだよ!”って気持ちを思い出して作ったりはしましたけど(笑)。単純に生々しいほうが面白いし、リスナーとしても好きなんですよね。個人的には「キミ by me」(通常盤のみ収録)も僕が22歳で上京して最初に書いた曲ということで感慨深いです。これもずっとライヴでやってきた曲ですし、今回のツアーではみんなで歌う曲にしたいなと。

アルバムを引っ提げてのツアーですから、きっとこれまでとは趣も変わるでしょうね。

佐々木
この13曲が加わることでかなり変わると思います。ベース始まりで歌謡調の「Are you ready?」やカッティングの利いた「FUSEKI」も大きなフックになるだろうし、楽器を持たず歌だけに専念する曲もあるかもしれない。
吉田
あとは、自信を持てる作品ができた今だからこそネジを外して、“俺たちに付いてこいよ!”って引っ張っていくようなライヴをしてもいいんじゃないかなって。そういう熱量が今まで足りなかった気もしてるんですよ。アルバム冒頭の「フタリボシ」や「ヒカリグライダー」みたいなロックバンドっぽい曲にも今やりたいことを詰め込めたし、これまでになく幅広い音楽でライヴをやれるのが楽しみです!
佐々木
しかも、今回はバンドを引き連れてのツアーと並行して、ふたりだけで回るアコースティックツアーもやるんですよ。今までワンマンをやったことのない札幌、仙台、青森、静岡、京都を回るんですけど、ふたりだけのかたちとバンドでのライヴ、やっぱり両方を突き詰めていきたいんですよね。前シングル「Second」のカップリング「弘前公園」の効果もあって、最近は僕の地元の青森でのお仕事も増えつつあるし、“Bound Up”というタイトル通り、このツアーで高く跳び上がっていきたいなと。
吉田
楽曲制作においても歌唱に関しても、最近ようやく成長しているなっていう実感を持てているんです。“このまま目の前にあることをひとつひとつ全力でこなしていけば、絶対に大丈夫!”っていう自信があるので、まずはこのツアーに全力で挑んでいきたいですね。

取材:清水素子

アルバム『Out Of Bounds』2018年8月22日発売 徳間ジャパンコミュニケーションズ
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • TKCA-74677 ¥3,426(税抜)
    • 【通常盤】
    • TKCA-74678 ¥2,593(税抜)

ライヴ情報

『The Super Ball ワンマンツアー2018 ~Bound Up~』
9/01(土) 神奈川・新横浜 NEW SIDE BEACH
9/09(日) 千葉・柏ThumbUp
9/16(日) 大阪・amHALL
9/17(月) 愛知・名古屋APOLLO BASE
9/25(火) 東京・代官山UNIT
10/07(日) 福岡・DRUM Be-1

『The Super Ball ワンマンツアー2018 ~Bound Up フタリダケ~』
9/30(日) 北海道・Musica hall cafe
10/20(土) 宮城・cafe Kubelu
10/21(日) 青森・弘前Mag-Net
10/26(金) 静岡・LIVEHOUSE UHU
10/27(土) 京都・café & Music Second Room
10/28(日) 広島・アップル・ジャム

The Super Ball プロフィール

ザ・スーパーボール:青森県出身の佐々木陽吾と神奈川県出身の吉田理幹によるツインヴォーカルユニット。都内のライヴハウスや路上ライヴ活動を2015年から本格化。カバー曲を歌った動画をWebで毎日アップし始めて以降、ファンが急増し要注目の新人として知られることになる。数社による争奪戦が行なわれ、徳間ジャパンコミュニケーションズから16年7月20日にアニメ『不機嫌なモノノケ庵』主題歌となったデビューシングル「トモダチメートル」を発売した。The Super Ball オフィシャルHP

吉田理幹(Pf&Vo)、佐々木陽吾(Gu&Vo)
アルバム『Out Of Bounds』【初回限定盤(DVD付)】
アルバム『Out Of Bounds』【通常盤】

「ラブソング」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。