2018年7月20日 at TSUTAYA O-WEST

2018年7月20日 at TSUTAYA O-WEST

【THE PINBALLS ライヴレポート】
『Leap with Lightnings tour』
2018年7月20日 at TSUTAYA O-WEST

2018年7月20日 at TSUTAYA O-WEST
2018年7月20日 at TSUTAYA O-WEST
2018年7月20日 at TSUTAYA O-WEST
2018年7月20日 at TSUTAYA O-WEST
2018年7月20日 at TSUTAYA O-WEST
2018年7月20日 at TSUTAYA O-WEST
2018年7月20日 at TSUTAYA O-WEST
2018年7月20日 at TSUTAYA O-WEST
2018年7月20日 at TSUTAYA O-WEST
2018年7月20日 at TSUTAYA O-WEST
2018年7月20日 at TSUTAYA O-WEST
 前回のツアーから会場の熱がさらに一段階も二段階もグッと上がり始めた。それはTHE PINBALLSの人気上昇もさることながら、“ライヴがどんどん楽しくなってきている”と事あるごとに語らずにいられない、そのわくわくする気持ちを古川貴之(Vo&Gu)がこれまで以上にステージの上で露にするようになってきたことも大きいんじゃないだろうか。古川が心底楽しんでいるんだから、それを観ている客席のファンだって、“じゃあ、俺だって”“私だって”となるだろう。もちろん、バンドの切れ味鋭い演奏がライヴを重ねるごとに研ぎ澄まされていることは言うまでもない。

 4月25日にリリースしたメジャー1stシングル「Primal Three」を引っ提げ、全国を回った『Leap with Lightnings tour』。そのファイナル公演となったTSUTAYA O-WESTは札幌、福岡に続いて見事ソールドアウトとなった。中盤で久しぶりに演奏したミッドテンポの「カルタゴ滅ぶべし」をじっくり聴かせると、この日のライヴがソールドアウトしたことを観客に伝えた古川。“嬉しいけど、ちょっと寂しい。俺がバカなのかもしれないけど、来られない人がいるんだよね。(その人たちも含め)暑い中、観に来ようと思ったひとりひとりの心が好きなんです!”ーーそんな彼らしい言葉が印象的だった。

 この日のTHE PINBALLSは連日伝えられている猛暑に負けないくらい熱かった。“行けるか!?”と「片目のウィリー」で軽やかにスタート。そこから「ヤードセールの元老」「I know you」「アンテナ」と曲間を空けずにつなげていったバンドに応え、声をあげて必死に腕を振る客席を見た古川は、“最高だ、お前ら。俺たちのロックンロールがあって、みんながいるから、今年の夏はこんなに暑くなったんじゃないか”と言ったあと、「真夏のシューメイカー」「20世紀のメロディ」という人気曲の連打。さらに盛り上がる客席に“なんだこれ!? ありがとう! やばいね。みんなの素晴らしい笑顔を見てるだけで泣けてくる”と顔をくしゃくしゃにした。

 バラードといってもいい「299792458」、ジャジーな魅力もある「沈んだ塔」、前述した「カルタゴ滅ぶべし」、“みんなで一緒に跳びたいんだ”と言い、ミラーボールがキラキラと回ったカウパンク調の「重さのない虹」といった変化球と言える曲も交えながら進んでいったライヴは、“みんなを貫きたかったけど、俺が貫かれた”と言った「Primal Three」収録の「Lightning strikes」から一気に過熱。石原 天(Dr)が刻むダンスビートの上で森下拓貴(Ba)のベースがうねる「Voo Doo」、そして「劇場支配人のテーマ」と畳み掛けると、「carnival come」では古川による他の3人に対する信頼と愛が感じられるメンバー紹介とともに石原、森下とソロを回していき、最後の中屋智裕(Gu)は背中から客席に身を任せ、観客に支えられながらソロをキメた。

 アンコールでは“みんなのおかげでライヴが楽しくなって、いっぱい曲ができている。近々、みんなが喜んでくれる状況になると思います”と何やらリリースの予定があることを匂わせたが、バンドがライヴを心底楽しんでいることは、ダブルアンコールを求められ、“もう少しジラせ”と森下が思うくらい、あっと言う間に古川がステージに出てきたことからもうかがえた。“どんどん歌いたいと思います! 休んでる暇なんてない!”。ロックが好きで、そこに人間的な魅力を感じないという人はいないはず。僕らロックファンにとって一番の幸せは何かと言ったら、ステージのバンドが心底楽しんでいる姿を観せてもらえることだ。感動屋で、時たまずっこける瞬間もあるけれど、人一倍熱情家のフロントマンを擁するTHE PINBALLSは、これからもっともっと多くの人を、その熱い感動の渦に巻き込んでいくに違いない。最後、バスドラをステップにハイジャンプをキメた古川を観ながら、そんなことを確信した。

撮影:白石達也/取材:山口智男


セットリスト

  1. 1.片目のウィリー
  2. 2.ヤードセールの元老
  3. 3.I Know you
  4. 4.アンテナ
  5. 5.真夏のシューメイカー
  6. 6.20世紀のメロディ
  7. 7.299792458
  8. 8.沈んだ塔
  9. 9.カルタゴ滅ぶべし
  10. 10.ひとりぼっちのジョージ
  11. 11.重さのない虹
  12. 12.Lightning strikes
  13. 13.Voo Doo
  14. 14.劇場支配人のテーマ
  15. 15.carnival come
  16. 16.七転八倒のブルース
  17. 17.蝙蝠と聖レオンハルト
  18. <ENCORE1>
  19. 1.花いづる森
  20. 2.十匹の熊
  21. <ENCORE2>
  22. サイコ
THE PINBALLS プロフィール

ザ・ピンボールズ:2006年に埼玉で結成された4人組ロックバンド。『TREASURE05X』『SUMMER SONIC』など数々のフェスやイベントに出演し、知名度を高めていく。また、ニコニコ動画などで配信されてたアニメ『ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン』第3話のエンディングテーマに新曲を提供し、話題となる。17年12月、ミニアルバム『NUMBER SEVEN』でメジャーデビューを果たす。THE PINBALLS オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

9コメント
  • RT @OKMusicOfficial: 【Live Watch】THE PINBALLS 7/20にTSUTAYA O-WESTで行なわれた『Leap with Lightnings tour』のレポートを公開しました! https://t.co/exIJEcW0VO
  • RT @OKMusicOfficial: 【Live Watch】THE PINBALLS 7/20にTSUTAYA O-WESTで行なわれた『Leap with Lightnings tour』のレポートを公開しました! https://t.co/exIJEcW0VO
  • RT @OKMusicOfficial: 【Live Watch】THE PINBALLS 7/20にTSUTAYA O-WESTで行なわれた『Leap with Lightnings tour』のレポートを公開しました! https://t.co/exIJEcW0VO
  • RT @OKMusicOfficial: 【Live Watch】THE PINBALLS 7/20にTSUTAYA O-WESTで行なわれた『Leap with Lightnings tour』のレポートを公開しました! https://t.co/exIJEcW0VO
  • RT @OKMusicOfficial: 【Live Watch】THE PINBALLS 7/20にTSUTAYA O-WESTで行なわれた『Leap with Lightnings tour』のレポートを公開しました! https://t.co/exIJEcW0VO
  • 【THE PINBALLS ライヴレポート】『Leap with Lightnings tour』2018年7月20日 at TSUTAYA O-WEST(OKMusic)
  • RT @MusicNewsJapan: 【THE PINBALLS ライヴレポート】『Leap with Lightnings tour』2018年7月20日 at TSUTAYA O-WEST https://t.co/aLEpCfq0…
  • 【THE PINBALLS ライヴレポート】『Leap with Lightnings tour』2018年7月20日 at TSUTAYA O-WEST https://t.co/aLEpCfq0Lx
  • 【Live Watch】THE PINBALLS 7/20にTSUTAYA O-WESTで行なわれた『Leap with Lightnings tour』のレポートを公開しました! https://t.co/exIJEcW0VO