2018年7月22日 at 渋谷WWW X

2018年7月22日 at 渋谷WWW X

【teto ライヴレポート】
『ワンマンツアー「始発」』
2018年7月22日 at 渋谷WWW X

2018年7月22日 at 渋谷WWW X
2018年7月22日 at 渋谷WWW X
2018年7月22日 at 渋谷WWW X
2018年7月22日 at 渋谷WWW X
2018年7月22日 at 渋谷WWW X
2018年7月22日 at 渋谷WWW X
2018年7月22日 at 渋谷WWW X
 パンク/オルタナの衝動を武器に、ロマンチックな歌メロでも聴き手を虜にする新鋭バンド・teto。彼らが東名阪におよぶ初の『ワンマンツアー「始発」』を行ない、ツアー最終日にあたる渋谷WWW X公演をレポートする。今ツアーを終えてtetoの始発がようやく出るらしく、“どこに行くかはわからない”(小池貞利/Vo&Gu)と本人はこぼしていたが、無軌道なエナジーで多くの人を振り向かせる魅惑のサウンドは、今後さらに人気を高めることに間違いない。

 TV音楽番組『バズリズム02』にて“コレはバズるぞ2018”の2位に選出されるなど、今や衆目を集めている彼ら。この日も完全ソールドで男女比も半々…いや、若干男性の割合が多かったのではないか。NIRVANAの「Silver」をSEにメンバー4人が登場すると、「拝啓」で戦闘開始。小池は絶叫に近い歌声を撒き散らし、いきなりフロアーに2回ダイブをキメたりと、パンクロックモード全開だ。

 観る者の胸倉を掴み、無我夢中にさせるエネルギーは凄まじいのひと言。「Pain Pain Pain」を経て「高層ビルと人口衛星」に突入すると、山崎陸(Gu&Cho)は暴れ回って弾き倒し、小池はペットボトルから含んだ水を鯨さながらに宙空に吐き出し、破天荒な衝動っぷりでガンガン攻めまくる。後半、新曲「溶けた銃口」を披露したあと、“たまに最高に輝いている日をください”と言うと「あのトワイライト」へとつなぎ、刹那的な感情をキラッキラに輝くメロディーに昇華する。そのロマンチックな美メロにtetoの本質を垣間観た気がした。時空を飛び越え、光りあふれる場所を追い求め続けたいんだ!と欲するピュアな心情に胸を打たれた。

 ラスト曲「光るまち」を小池が弾き語りで聴かせると、アンコールでは9月に15曲入りに1stアルバム『手』をリリースし、それに伴う全国ツアー22本を行なうことも告知。早速マシンガンのごとく言葉を吐き出す新曲「手」を放ち、最後は爽快なコーラスが印象的な「36.4」と一気に駆け抜け、全19曲1時間半に渡るワンマンは大盛況の内に幕を閉じた。…と思ったら、もう1曲予定外の「朝焼け」を叩き付けて、メンバーは汗まみれの笑顔でステージを去っていった。

撮影:佐藤祐紀/取材:荒金良介


セットリスト

  1. 1.拝啓
  2. 2.Pain Pain Pain
  3. 3.高層ビルと人工衛星
  4. 4.新しい風
  5. 5.My I My
  6. 6.散々愛燦燦
  7. 7.トリーバーチの靴
  8. 8.暖かい都会から
  9. 9.this is
  10. 10.ルサンチマン
  11. 11.teen age
  12. 12.マーブルケイブの中へ
  13. 13.9月になること
  14. 14.溶けた銃口
  15. 15.あのトワイライト
  16. 16.忘れた
  17. 17.光るまち
  18. <ENCORE>
  19. 1.手
  20. 2.36.4
  21. <ENCORE2>
  22. 朝焼け

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」