『BiliBili Macro Link 2018 × Anisong World Matsuri』

『BiliBili Macro Link 2018 × Anisong World Matsuri』

JAM Project、T.M.Revolutionら
出演の『Anisong World Matsuri』が
ロサンゼルスにて大団円

2016年よりアメリカ・ロサンゼルスで開催された北米最大級のアニメコンベンション『Anime Expo 2016』の共催イベントとしてはじまり、世界中のアニソンファンに日本での公演と変わらないハイクオリティなライブステージを楽しんでもらうため、日本を代表するエンタテインメント企業がタッグを組み企画・制作を行なってきた『Anisong World Matsuri』が2018年で3年目を迎えた。

2017年はロサンゼルス・ワシントン・上海の3都市にて31,000人を動員。2018年はさらにパワーアップし、ロサンゼルスにて『Anisong World Matsuri at Anime Expo 2018』を7月4日、6日、7日の3Daysにわたって敢行し、17,000人を熱狂させた。続く7月21日には、上海メルセデスベンツアリーナにて『BiliBili Macro Link -Star Phase × Anisong World Matsuri 2018』を開催。7月20日~22日の3日間『BiliBili Macro Link』との共同主催として行なわれたこの公演のチケットは即日完売し、10,000人を動員した。国内外ともに注目を集めているアニメ・アニソン文化は、日本が誇るカルチャーとして飛躍を遂げている。

今年度の第一弾公演として、7月4日にアメリカ・ロサンゼルスのMicrosoft Theaterにて開催された公演では、日本だけでなく海外でも大人気コンテンツとなっている『ラブライブ︕サンシャイン!!』よりAqoursの初となるロサンゼルス単独ライブ『LOVELIVE! SUNSHINE!! Aqours World Love Live! in LA ~Beyond the Pacific~』が開催され、世界中から6,500人のファンが集結した。
7月4日@『Anisong World Matsuri at Anime Expo 2018』

7月4日@『Anisong World Matsuri at Anime Expo 2018』

開演前から会場の外にあるグッズ販売コーナーではイベントのTシャツやAqoursのCD・グッズなどが販売され、場内では日本と変わらない熱気でアニメグッズやAqoursのコスプレを着用する外国人ファンがほとんどだった。9人はTVアニメ『ラブライブ︕サンシャイン!!』2期のオープニング主題歌「未来の僕らは知ってるよ」でライブをスタート。バックスクリーンに映し出されるアニメーションと彼女たちのパフォーマンスがシンクロする演出に、客席のボルテージは早くも最高潮に。

1stシングル曲「君のこころは輝いてるかい︖」などを経て、ユニットコーナーを展開。高海千歌役の伊波杏樹、渡辺 曜役の斉藤朱夏、黒澤ルビィ役の降幡 愛からなるユニットCYaRon︕は元気いっぱいにパフォーマンスし、オーディエンスを楽しませた。続く松浦果南役の諏訪ななか、黒澤ダイヤ役の小宮有紗、国木田花丸役の高槻かなこからなるAZALEAは、温かな空気で会場を包み込む。桜内梨子役の逢田梨香子、津島善子役の小林愛香、小原鞠莉役の鈴木愛奈からなるGuilty Kissはロックで小悪魔な3人のパフォーマンスに観客はしっかりと心を掴まれた。

ユニットコーナーを終えた9人はTVアニメ2期エンディング主題歌「勇気はどこに︖君の胸に︕」を披露。そして会場のファンからもAqoursに嬉しいサプライズがあり、ペンライトを使って客席全体が9色のメンバーカラーに彩られた。最後にはイベントタイトルの『Anisong World Matsuri』になぞらえて日本らしい祭りの法被を着た9人が、元気いっぱいに「サンシャインぴっかぴか音頭」を踊り、『LOVELIVE! SUNSHINE!! Aqours World Love Live! in LA~Beyond the Pacific~』は大盛況で幕を閉じた。

舞台写真︓Jason Vong / Maya Kuraki (c)2018 プロジェクトラブライブ︕サンシャイン!!

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着