2018年7月8日 at 明治神宮球場&秩父宮ラグビー場

2018年7月8日 at 明治神宮球場&秩父宮ラグビー場

【乃木坂46 ライヴレポート】
『真夏の全国ツアー2018
〜6th YEAR BIRTHDAY LIVE〜』
2018年7月8日
at 明治神宮球場&秩父宮ラグビー場

2018年7月8日 at 明治神宮球場&秩父宮ラグビー場
2018年7月8日 at 明治神宮球場&秩父宮ラグビー場
2018年7月8日 at 明治神宮球場&秩父宮ラグビー場
2018年7月8日 at 明治神宮球場&秩父宮ラグビー場
2018年7月8日 at 明治神宮球場&秩父宮ラグビー場
2018年7月8日 at 明治神宮球場&秩父宮ラグビー場
2018年7月8日 at 明治神宮球場&秩父宮ラグビー場
2018年7月8日 at 明治神宮球場&秩父宮ラグビー場
2018年7月8日 at 明治神宮球場&秩父宮ラグビー場
2018年7月8日 at 明治神宮球場&秩父宮ラグビー場
2018年7月8日 at 明治神宮球場&秩父宮ラグビー場
2018年7月8日 at 明治神宮球場&秩父宮ラグビー場
2018年7月8日 at 明治神宮球場&秩父宮ラグビー場
2018年7月8日 at 明治神宮球場&秩父宮ラグビー場
2018年7月8日 at 明治神宮球場&秩父宮ラグビー場
2018年7月8日 at 明治神宮球場&秩父宮ラグビー場
2018年7月8日 at 明治神宮球場&秩父宮ラグビー場
2018年7月8日 at 明治神宮球場&秩父宮ラグビー場
2018年7月8日 at 明治神宮球場&秩父宮ラグビー場
2018年7月8日 at 明治神宮球場&秩父宮ラグビー場
 乃木坂46が夏の始まりを告げる、問答無用の王者感たっぷりの濃厚なライヴを観せてくれた。7月6日から8日にかけての3日間、明治神宮球場と秩父宮ラグビー場で開催したワンマンライヴ『真夏の全国ツアー2018 〜6th YEAR BIRTHDAY LIVE〜』。併設する神宮と秩父宮をメンバーが行き来し、2会場同時にライヴを繰り広げるという前代未聞のシンクロニシティライヴを実施し、3日間で合計18万人を動員! そんなインパクト大なライヴの最終日8日の神宮の模様をレポートするーー。

 2会場同時ということで、基本は選抜メンバーとアンダーメンバーに分かれて両会場でライヴは進行していった。神宮は電車のトロッコに乗ったアンダーメンバーが登場し、「自惚れビーチ」「13日の金曜日」などを歌って会場を盛り上げていく。3期生が加わり、よりフレッシュさの増したアンダーメンバーのパフォーマンスはとてもいい雰囲気だ。

 神宮と秩父宮のメンバーが入れ替わり、白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥などの選抜メンバーが自転車に乗って「走れ!Bicycle」を歌いながら会場に入ってくると、会場のテンションはさらに上昇。沸き立つ神宮で、選抜メンバーは「制服のマネキン」「命は美しい」といったダンスチューンを披露し、クールなパフォーマンスを魅せていく。さらには「ガールズルール」を弾けるように歌唱し、会場はますますヒートアップ! 3期生が「三番目の風」などで活き活きとした披露したかと思えば、選抜メンバーが「インフルエンサー」で炎と花火が炸裂する中で圧巻のパフォーマンスを繰り広げたりと、さまざまなスタイルの応酬で観客のテンションを上げてていく。

 日が暮れたタイミングでの「シンクロニシティ」は神宮と秩父宮で同時に披露。観客もペンライトの光を2会場でシンクロさせるという場面もあり、「夏のFree&Easy」で弾けまくったあと、「裸足でSummer」では460発の花火が打ち上がるというダイナミックな演出も。そして、オーケストラをバックに両会場で「君の名は希望」を歌ってライヴ本編は終了となった。

 アンコールはくじ引きでアンダーメンバーが神宮、選抜メンバーが秩父宮に行くことが決定。神宮ではアンダーメンバーが「ロマンスのスタート」や、アンダーメンバーの新曲「三角の空き地」を初披露する。両会場同時の「乃木坂の詩」では秩父宮の観客の合唱の生声を神宮で聴くという、隣接する2会場だからこそできるライヴの楽しみ方が遺憾なく発揮された。

 VTRが流れこれでライヴも終了と思いきや、画面に齋藤飛鳥が映ると“お前らー、これで終わりだと思ったろー。こっちにも来ちゃいましたー!”と神宮に選抜メンバーが登場し、ニューシングルの「ジコチューで行こう!」を披露。爽快なサマーチューンで盛りあがったあとは、「ハウス!」「おいでシャンプー」でメンバーはトロッコに乗り会場全体を使ってのパフォーマンスも展開。キャプテンの桜井玲香が“3日間で18万人もいただいて、ほんとに嬉しいです。この3日間、いい思い出として胸に刻んで、お互い切磋琢磨して頑張っていきましょう! みなさん、2会場、ほんとにありがとうございました!”と語ると、観客から大きな拍手が送られた。

 メンバーがステージをさったあと、まだまだ興奮のおさまらない観客はアンコールを叫び続ける。大歓声に応えてメンバーがステージに駆け出すと、2度目の「ガールズルール」をドロップ。途中で白石が“向こうに行ってきます!”と秩父宮に移動したりと、2会場が壮大なお祭りモードとなってライヴは大団円を迎えた。

 どちらの会場にいても満足度の高いライヴを提供できるのは、乃木坂46の圧倒的なパワーがあればこそ。選抜メンバーの強力な存在感、アンダーメンバーのポテンシャルの高さ。まさに、現在の乃木坂46の底力を体感できるライヴだった。

取材:土屋恵介


セットリスト

  1. 【明治神宮球場】
  2. 1. 自惚れビーチ
  3. 2. 13日の金曜日
  4. 3. 新しい世界
  5. 4. 風船は生きている
  6. 5. アンダー
  7. 6. 走れ!Bicycle
  8. 7. ダンケシェーン
  9. 8. DANCEナンバー
  10. 9. 制服のマネキン
  11. 10. 命は美しい
  12. 11. きっかけ
  13. 12. ガールズルール
  14. 13. あの教室
  15. 14. 僕が行かなきゃ誰が行くんだ?
  16. 15. 低体温のキス
  17. 16. 意外BREAK
  18. 17. 誰よりそばにいたい
  19. 18. 不等号
  20. 19. シークレットグラフィティー
  21. 20. 僕の衝動
  22. 21. トキトキメキメキ
  23. 22. 三番目の風
  24. 23. インフルエンサー
  25. 24. サヨナラの意味
  26. 25. 逃げ水
  27. 26. シンクロニシティ
  28. 27. 太陽ノック
  29. 28. 夏のFree&Easy
  30. 29. 裸足でSummer
  31. 30. 君の名は希望
  32. <ENCORE1>
  33. 1. ロマンスのスタート
  34. 2. 転がった鐘を鳴らせ!
  35. 3. 三角の空き地
  36. 4. 乃木坂の詩
  37. 5. ジコチューで行こう!
  38. 6. ハウス!
  39. 7. おいでシャンプー
  40. <ENCORE2>
  41. ガールズルール
  42. ※両会場同タイミング披露
  43. 【秩父宮ラグビー場】
  44. 1. 裸足でSummer
  45. 2. 夏のFree&Easy
  46. 3. 太陽ノック
  47. 4. 逃げ水
  48. 5. サヨナラの意味
  49. 6. 走れ!Bicycle
  50. 7. ダンケシェーン
  51. 8. DANCEナンバー
  52. 9. 制服のマネキン
  53. 10. 命は美しい
  54. 11. 不等号
  55. 12. シークレットグラフィティー
  56. 13. 誰よりそばにいたい
  57. 14. 僕の衝動
  58. 15. トキトキメキメキ
  59. 16. 三番目の風
  60. 17. インフルエンサー
  61. 18. きっかけ
  62. 19. ガールズルール
  63. 20. あの教室
  64. 21. 僕が行かなきゃ誰が行くんだ?
  65. 22. 低体温のキス
  66. 23. 意外BREAK
  67. 24. 自惚れビーチ
  68. 25. 新しい世界
  69. 26. シンクロニシティ
  70. 27. 13日の金曜日
  71. 28. 風船は生きている
  72. 29. アンダー
  73. 30. 君の名は希望
  74. <ENCORE1>
  75. 1. ロマンスのスタート
  76. 2. 転がった鐘を鳴らせ!
  77. 3. ジコチューで行こう!
  78. 4. 乃木坂の詩
  79. 5. 三角の空き地
  80. 6. ハウス!
  81. 7. おいでシャンプー
  82. <ENCORE2>
  83. ガールズルール
  84. ※両会場同タイミング披露
乃木坂46 プロフィール

“AKB48の公式ライバル”をコンセプトとする、秋元康が手がけるアイドルグループ。所属メンバーは桜井玲香、柏幸奈、白石麻衣、生田絵梨花、生駒里奈など。2011年8月、4万人近い応募者の中から33人の1期生が選出された。同年10月、TV番組『乃木坂って、どこ?』がスタートし、2012年2月に1stシングル「ぐるぐるカーテン」でデビューを果たす。3rdシングル「走れ!Bicycle」のカップリング曲「人はなぜ走るのか?」は、『FIFA U-20女子ワールドカップジャパン2012』のオフィシャルソングに起用された。AKB48をはじめとする、いわゆる“48グループ”と異なり、拠点となる劇場を持たず、各ホールでパフォーマンスを行う。また、その公演内容も他とは違い、オリジナルミュージカル『16人のプリンシパル』(2012年)、『16人のプリンシパル deux』では2ステージ制を導入。前半終了後の観客による投票数で、出演者の後半のポジションを変更した。2013年に2期生オーディションを実施し、13人が合格。同年7月に新編成での初シングル「ガールズルール」をリリース。乃木坂46 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着