L→R MASASHI(Gu)、TAMA(Vo)、HIROSHI(Dr)

L→R MASASHI(Gu)、TAMA(Vo)、HIROSHI(Dr)

【CASCADE インタビュー】
こういうアルバムができて良かった

ニューウェイブでポップで踊れるナンバー満載! 結成25周年を迎えるCASCADEの新曲を含むセルフカバーアルバム『VIVA NICE TASTE』。自由でぶっ飛んだ味付けとセンスが光る楽曲たちをご賞味あれ!!

結成25周年記念セルフカバーベストアルバム『VIVA NICE TASTE』では約20年前の曲を含む代表曲が一気に聴けて、さらに新曲も収録されていますが、制作して改めてCASCADEの特色について感じたことはありますか?

MASASHI
ライヴでやり慣れた曲たちではあるんですが、作った当時のテーマが改めて浮き彫りになった感じがしましたね。そんなに昔のことだとは感じてなかったんですけど、時の流れも感じつつ“こういうアルバムができて良かったな”と思いました。あとは、自分で言うのも何ですけど、当時みんなで考えたアンサンブルを改めて聴いてみてすごいことやってたなって。

CASCADEってメロディーは歌謡でキャッチーであり、サウンドはニューウェイブ色があって踊れる曲が多いと思うのですが。

TAMA
CASCADEって同じジャンルの音楽が好きなメンバーが集まったわけではないんですよね。クラブのDJやパンクバンドをやってたり、ビジュアル系だったり。その集合体のフィルターを通して出てくる音楽性や色だったりするので、メンバーの良い感じのずれがCASCADEの特色なのかなって。
HIROSHI
僕も面白いバンドだなと思いました。それぞれスキルアップは当然してるんですけど基本が変わらない。そんなに話し合ったりするバンドではないんですけどね。

もはやテレパシーの領域ですかね(笑)。

HIROSHI
結婚に例えたら、25年も連れ添ったら阿吽の呼吸なんですかね(笑)。それとベストに含まれなかった曲も聴き直したんですけど、当時から好きなことをやらせてもらってたんだなって思いました。特にアルバム曲だったりとか。
MASASHI
本当にそう思いますね。

CASCADEの音楽は今の時代にフィットしてるって思いました。「Sexy Sexy,」にはより不埒さを感じたし、「S.O.S ロマンティック」もスペイシーなサウンドが気持ち良かったし。セルフカバーするにあたって気を配ったことは?

MASASHI
セルフカバーということで原曲とはあまり変えすぎず、リアレンジにならないように気を付けました。音は今の音色に近づけたり、打ち込みの曲は打ち込み直したりはしましたけど。ギターに関してはライヴで弾き慣れている曲が多いので、原曲とは若干違うフレーズもあるかもしれないですね。
TAMA
定番曲で言うと「小さな星がほら一つ」はライヴで大合唱になる曲だし、「cuckoo」はCASCADEが活動停止する時にみんなが歌ってくれた曲だなとか、歌っている最中に思い出しちゃいましたけど、そういう曲を今の自分の歌で伝えられたらなって。それでいて、CASCADEを聴いていなかった人たちもライヴに来たくなるアルバムになればと。だから、あまり小細工的なことはしなかったです。20代の時より包容力が付いたのかな…なんて思ったりしましたけど。

歌も演奏もスキルが高くなって表現力が増しているから、当時と曲の印象が少し変わるんでしょうね。

HIROSHI
その通りですね。ライヴって同じセットリストでやっても毎回違うじゃないですか。ライヴのテンションをパッケージした感じです。昔の曲の焼き直しだと今の熱が伝わらないので、アレンジは限りなく原曲に近いんだけど、“当時、こんな曲やってたんだよ。今のほうがカッコ良いでしょ?”って。
TAMA
“現在進行形で進化してます!”っていうね。

新曲「unfairly」はベストのために書き下ろした曲?

MASASHI
ライヴではやったことがあるんです。セルフカバーベストを作るにあたって新曲も入れたいっていう話になった時に、TAMAちゃんが“ライヴでやってるあの曲やろうよ!”って。
TAMA
ライヴのお客さんの反応も良かったですし、自分が歌ってみてドラマチックで感動的だって思ったのと、HIROSHIくんのドラムもMASASHIのギターもポップなんだけどソリッドで、やっぱり“こうじゃないとな!”って。歌っていても自分の声の一番いい部分をちゃんと考えて作ってくれてるんだなって思いました。

そこも夫婦の呼吸ですかね(笑)。TAMAさんの声の色気を知り尽くしているでしょうし。

MASASHI
そこは分かっているつもりですけどね。僕たちはバンドサウンド以外にシーケンスを入れる曲が多いんですが、この曲はギター始まりなんですよ。メンバーの音から始まる曲を作りたいなって。歌詞はバンドの疾走感と悲哀を込めて。

《大人になり切れないまま 夢見がちは不埒さ》っていう歌詞が出てきますね。

MASASHI
確かに“不埒”、出てきますね(笑)。この曲にはCASCADEの尖った部分が出てるなと思います。
HIROSHI
叩いていても爽快な曲ですね。ライヴでお客さんも楽しそうにノッてくれているので。

タイトルは“不公平な”という意味ですが、“いろいろあるけどひとりじゃない。傷だらけの星を突き抜けていこう”というメッセージなのかなと。

TAMA
結果的にそういうふうに伝わっていたら嬉しいですね。“人生捨てたもんじゃないよ”っていう感じかな。

この新曲「unfairly」で始まって「VIVA NICE TASTE」で終わる曲順も何か思うところがあったんですか?

HIROSHI
最新曲と一番昔の曲っていう意味ですよね? 近年アンコールで「VIVA NICE TASTE」をやってるんですよ。それもあって最後はこの曲にしないと締まらないかなと。

8月に大阪と東京でリリースツアーがありますが、ベストからの曲にプラスして未発表の新曲もやるとか?

TAMA
そんなプレッシャーかけないでくださいよ(笑)。
HIROSHI
25周年だし、メンバーも含めCASCADEさんに“おめでとう!”って感じのライヴになると思います(笑)。
MASASHI
楽しみにしていてください!

取材:山本弘子

アルバム『VIVA NICE TASTE』2018年7月25日発売 徳間ジャパンコミュニケーションズ
    • TKCA-74671
    • ¥3,000(税抜)

『CASCADE 結成25th Vol.3 「VIVA NICE TASTE」』

8/04(土) 大阪・アメリカ村CLAPPER
8/19(日) 東京・新宿LOFT ※2回公演

CASCADE プロフィール

カスケード:1993年に結成され、都内のライヴハウスを中心に活動を開始。95年にメジャーデビューを果たすと、個性的で中毒性の高いネオ・ニューウェイヴサウンドとカラフルでポップな佇まいとパフォーマンスが話題となり注目を浴びる。2002年に解散するが、09年に復活。その後もCDリリース&ライヴ活動を精力的に行ない、18年7月には結成25周年を記念して新曲を含むセルフカバーベスト盤『VIVA NICE TASTE』をリリース。CASCADE オフィシャルサイト

L→R MASASHI(Gu)、TAMA(Vo)、HIROSHI(Dr)
L→R HIROSHI(Dr)、TAMA(Vo)、MASASHI(Gu)
アルバム『VIVA NICE TASTE』

「unfairly」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • 臼井孝のヒット曲探検隊-アーティスト別ベストヒット20
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • G-NEXT POWER PUSH

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」