キッスのG・シモンズ「新ツアーで元
メンバーがゲスト出演してもメイキャ
ップはなし」

キッスは2019年、現ラインナップで最後になるかもしれないと懸念されるツアーを開始する予定だが、もしそこに元メンバーがゲスト出演しても、ジーン・シモンズは彼らにトレードマークのメイキャップはして欲しくないそうだ。
シモンズは、『Imperiumi』のインタビューで、これが最後のツアーになるのかは「わからない」が、元メンバーの参加は検討していると話した。「そのことについて、俺ら話してるよ。でも、(まだ)何も決まっていない。問題は、もしスペシャル・ゲストがあるとしても、彼らはメイキャップなしで出るべきだ。メイキャップはだめだ。20年もバンドにいなかったんだから。それはあり得ない」

シモンズは、キャリア50周年を記念しリリースしたボックス・セット『ジーン・シモンズ:ザ・ヴォールト・エクスペリエンス(GENE SIMMONS: THE VAULT EXPERIENCE)』を購入者に手渡すため開催したイベントで、元バンド・メイトたちと共演している。それについて、シモンズは「みんな、すごくスイートだった」と、話した。「ヴィニー・ヴィンセントは元気だった。予想と違い、ノー・プロブレムだった。エースは(イベントを)気に入り、3回も来た。ピートも良かった。短い時間だったけど姿を見せ、ファンに彼らをどれだけ愛しているか伝え、帰った。彼はもう引退したんだと思うよ。公の場に出たがらない。サインはするだろうけど、それだけだ」

キッスは今年初め、「The End Of The Road」という標語の商標登録を申請していたことが公になり、ラスト・ツアーを計画しているのではないかと懸念された。これがタイトルに使用されるかどうか、まだわからないが、スタンレーは、4月に米CNBCのニュース番組に出演した際、2019年1月終わりから「どでかいキッスのツアー」を計画していると明かし、「これは、俺らが今までやってきた中で最大のツアー、最大の公演になる」と話していた。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。