The Willard

The Willard

The Willard、 昨年末即完した
シングルをEPとして新たにリリース

The Willardが2017年末に即日完売したシングルにカバー曲を加え、新たにEP『DAYBREAKATTHELYCEUM』として7月25日(水)にリリースすることがわかった。

ロックが好きな方なら一度はその名を聞いたことがあるであろう唯一無二のバンド、TheWillard(ザ・ウイラード)。インディーズという言葉が生まれた時期の1982年に結成し、以降現在まで一度も留まることなく活動を続けた彼らが、昨年末に結成35周年の記念ライブを行ない大盛況となったことは記憶に新しい。特に2016年以降は10年振りのフルアルバム『Romancer』リリースから始まり、代表曲「TheEnd」等をセルフカバーしたEP、さらには35周年のライブ会場でのシングル発売と、これまで以上の精力的な動きを見せ、バンドとしても非常に充実した様子がうかがえる。

前述した35周年記念ライブにて発売したシングル「Sabrina / Swingin'Shanghai」は、予想以上の反響を見せ即日完売に。会場では購入できなかったオーディエンスが続出するほどで、ネットオークションでも高値で取引されるなど騒動となっていた。そのため、ファンから再販を熱望する多くの声がバンドサイドに届き、その声に応えるべくリリースすることとなったのが今回のEP『DAYBREAKATTHELYCEUM』だ。

しかし、ボーカルのJunは、シングルをそのままリリースすることを良しとせず、「Sabrina」「Swingin'Shanghai」ともに新たなコンセプトをもとにニューMix、リアレンジを施した。そして、今回初披露となるLoveの名曲「Alone Again Or」は、これまで数々の楽曲をカバーしてきたWillardの中でも絶対の自信作となっているとのことなので、是非聴いて欲しい一曲となっている。

EP『DAYBREAKATTHELYCEUM』の全国のCDショップ、通販サイトでの発売は7月25日(水)となっているが、7月21日(土)に渋谷TSUTAYAO-WESTにて開催される彼らのワンマンライブにて先行リリースされるという。ちなみに、こちらのライブ会場及び、オフィシャルサイトにて購入するとJun自らによる曲解説が掲載された「ストーリー・ペーパー」が付属するとのことなのでお楽しみに!
EP『DAYBREAKATTHELYCEUM』2018年7月25日(水)発売
    • ¥1,620(税込)
    • <収録曲>
    • 1. Swingin' Shanghai (The Lyceum Theatre Version)
    • 2. Sabrina (Scarlet Rouge & Pin Heel Mix)
    • 3. Alone Again Or (The Lyceum Theatre Version)

【ライブ情報】

7月21日(土) 渋谷TSUYATAO-WEST
開場 18:30 / 開演 19:30
<チケット>
前売 ¥3,900 / 当日 ¥4,400(税込/ドリンク別)

The Willard
EP『DAYBREAKATTHELYCEUM』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着