L→R 真田 徹(Gu)、村山 努(Ba)、黒田秋子(Vo&Key)、彦坂 玄(Dr)

L→R 真田 徹(Gu)、村山 努(Ba)、黒田秋子(Vo&Key)、彦坂 玄(Dr)

【RAMMELLS インタビュー】
忘れがちな“気配”を思い出す
手助けになれば

期待の新鋭バンド、RAMMELLSがミニアルバム『take the sensor』を完成させた。今作には世相や現代人の心象風景をじわっと感じさせつつ自分の意思もしっかりとある、毅然とした楽曲が並んでいる。その背景を含めてメンバーに訊いた。

ビジュアルイメージがかなり変わりましたね。

黒田
今回のビジュアルはセンサーをイメージしました。
彦坂
人間の中で舌が一番感度が高いので、それをセンサーとして打ち出したんです。舌の赤みを目立たせるために衣装は白にして。

バンドの近況も変わってきてますか?

黒田
ライヴパフォーマンスをすごく考えて、力を入れてますね。もっと届けるために。
真田
ミスを恐れずにいたいんですよね。変な緊張が伝わらない演奏をして、ロックバンドらしくありたい。カッコ良いと思う音楽をやるのは変わってないです。

新作では「Sensor」で歌ってる《泥臭く生き続けても良い》というスタンスが前に出たような、メッセージがよりダイレクトに伝わってくる感じがしました。自分自身の在り方を問うテーマに一貫性もありますし。

黒田
制作の流れはいつも通り、その時にいいと思った曲を選んでいったんです。そうして集まった曲にたまたま似通ったメッセージが含まれてたので、“自分だけの感性を信じろ”という“take the sensor”がしっくりきて。
真田
無意識だけど、自分らの中から出てきた感じだよね。
彦坂
バンドで同じ時間を過ごす中で、4人が共通して感じてたことなんじゃないかな。いろいろと選択を迫られる場面があったり、楽曲やライヴについて意見を言われたりすることを通して、自分たちでちゃんと選んでいかなきゃいけないという気持ちが強くなったんだと思います。全部を真に受けたら壊れちゃうし(笑)。
黒田
「Sensor」をリードにしようと4人で決めて、そこから広げていきましたね。
彦坂
「Sensor」は前のアルバム『Authentic』の曲決めの段階であって、メロディーも伴奏も完全に打ち込んだ状態で村山が持ってきたんですけど、次のリード候補になり得る曲だと思ってました。
黒田
メンバーそれぞれのプレイスタイルを考えて作ってきてくれたよね。だから、みんな最初に聴いた時にピンときて、この4人で演奏するのがすぐイメージできた。
村山
それこそリードになる曲を作りたかったんですよ。耳に残るようなメロディーにして、イントロのギターとサビでリフレインさせて。あとは、ブラックミュージックもギターロックもどっちの要素も入れたかったので、始めにギターを目立たせて、AメロとBメロではリズムセクションを活かす作り方をしました。
真田
歌詞を付けやすそうなメロディーだったから、聴いてたらわりとすぐ言葉が浮かんできたんですけど、そのバージョンは3月のワンマン後に全部ボツにして。

でも、《あなたの代わりはいない》のラインはあのライヴの時もあった気がします。

真田
あっ、確かにそうですね! 9割くらい変えちゃったけど、そこは残ってるのか。単純に僕らのスタンスを歌ってるだけでもないので、聴いてくれた人の人生に当てはめてもらえたら嬉しいなと思ってます。
彦坂
嘘っぽいことを歌うのなんて嫌じゃないですか。その点はリアリティーがあると思いますよ、RAMMELLSの曲って。

沈んだ時は沈んだ感情を素直に出すバンドですよね。

黒田
そのまま出しますね。6曲が仕上がってみて、“私、今こういうことを思ってるんだ!”って気付いたんです。「FINE」の《元気じゃなきゃ ダメなんてのは誰が決めたの?》もそう(笑)。

「FINE」は元気じゃない時に作った曲ですか?

黒田
はい(笑)。自分が元気になりたくて、“このままじゃいけない!”って時にできた曲です。女性目線っぽい歌詞だけど、落ち込んで“ワーッ!”となっちゃうのは誰にでもあると思うから男性にも理解してもらえるはず。
真田
どの曲も言いたいことが言えてるよね。

「Night out」で風営法で摘発されたクラブについて触れてるのは、聴いててすぐ分かりました。

黒田
世の中を見て思うこと、そこに居て自分の中に生まれる葛藤はベースにありますね。
彦坂
ただお洒落な雰囲気だけのバンドじゃなく、言いたいことはしっかりある。その点はもっと発信していきたいです。
真田
そうだね、理不尽なことや不自由なことが多いし。「Night out」は1番の3ブロック目の《皺作りたくないと何十年も笑わない女性》のくだりで丸1曲作ろうとしたんですけど、そんなに広げようがなかった(笑)。それもニュースで観たんだよね。
黒田
いろんな想いを込めつつ、最後はギターソロが全部持っていく。
真田
ギターの音は今までで一番いいものが録れたと思ってます。

「YOU」もそうだけど、轟音で惹き込む場面が印象的です。

彦坂
結成当初にこのふたり(黒田と真田)でやろうとしてたのがシューゲイザー的なものでしたから。
黒田
Asobi Seksuみたいなね。
真田
今回の曲ってデモ段階でそんなに派手さがない印象だったから、“賑やかしてみるか”という気持ちはありました(笑)。「YOU」は2カ所にギターソロが入ってるんですけど、全然違うアプローチで弾いてますしね。
村山
「YOU」はエレクトロっぽい音にできたのが新しい。ベースがリフみたいな役割を担えた面白さもあると思います。

あと、「blah blah」で《気配》って出てきますけど、そうした見えないものに敏感なのかもしれないですね。

黒田
気配は誰でも感じ取れるものだけど、きっと忘れがちなんです。そういうのを思い出す手助けになったらいいかな、私たちの曲が。「愛のパラリア」も気配がテーマですね。誰かが亡くなった時とか生まれた時とか、心臓がキューッとなる瞬間あるじゃないですか。あの感覚を私が勝手に“パラリア”って言ってて。不確かだけど存在してるファンタジーを味わった日の曲です。
村山
ミニアルバムを作り出した頃は「Sensor」に近しい曲が揃って音楽性もまとまりのある仕上がりになるのかと思ってたら、良い意味でまた不思議な一枚になったなと(笑)。
黒田
「FINE」「Night out」とか裏声も頑張った(笑)。私はあまり使ってこなかったんで、そのあたりが新鮮ですね。

取材:田山雄士

ミニアルバム『take the sensor』2018年7月11日発売 日本クラウン
    • CRCP-40556
    • ¥1,667(税抜)

『「take the sensor」再現ライブ』

8/11(土) 東京・Shibuya eggman

RAMMELLS プロフィール

ラメルズ:ギターの真田 徹がSuchmosのYONCEらと組んでいたバンドOLD JOE解散後、大学時代の先輩である黒田秋子、村山 努を誘って2015年8月に結成。16年に彦坂 玄をドラムに迎え、ライヴ活動を本格的にスタート。17年12月6日にアルバム『Authentic』でメジャーデビュー。RAMMELLS オフィシャルHP

L→R 真田 徹(Gu)、村山 努(Ba)、黒田秋子(Vo&Key)、彦坂 玄(Dr)
ミニアルバム『take the sensor』

ミニアルバム『take the sensor』
トレーラー映像

「Sensor」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

2コメント
  • 【RAMMELLS インタビュー】忘れがちな“気配”を思い出す手助けになれば(OKMusic)
  • 【RAMMELLS インタビュー】忘れがちな“気配”を思い出す手助けになれば https://t.co/uADwuKQSfU