HKT48、九州一周プロジェクト「#九州
まわるっ隊! 宮崎県篇」動画公開

HKT48のメンバーが九州を一周し、九州の魅力と九州野菜を中心に作られた完全無添加酵素飲料「優光泉(ゆうこうせん)」の良さを全国に発信するプロジェクト「#九州まわるっ隊!~みんなに会いに行くけんね♡~」。

HKT48メンバーが宮崎県を訪れた様子が収録された5県目のムービーが2018年7月11日に公開。

宮崎出身の駒田京伽・地頭江音々・冨吉明日香の3人が南国感あふれる地元宮崎の魅力を伝えている。

あいにくの雨からスタート

宮崎県出身の駒田京伽・地頭江音々・冨吉明日香らHKT48メンバーが、あいにくの雨空の下、青島神社が鎮座する神聖な島「青島」を訪れる場面からスタート。

本プロジェクトで唯一雨模様のロケとなってしまい「昨日めっちゃ晴れとったのに…!」「こんな天気悪い事あります!?」と残念な様子。

宮崎らしいトロピカルな雰囲気

青島を探索中、さらに強まっていく雨や風に「寒い~!」「きゃ~~」と声をあげつつも、冨吉が「雨が楽しかったあの頃(子供の頃)に戻ろうよ」と声をかけると、駒田と地頭江が砂浜をスキップし、悪天候の中でもロケを楽しんでいた。

「宮崎県立青島亜熱帯植物園」では、大温室で亜熱帯地域で育つ色とりどりの花々を眺めたり、みんなでマーライオンの真似をしてみたり…と、外の天候を忘れて宮崎らしいトロピカルな雰囲気を楽しんだ。

「洗濯しているのかも」

次に、宮崎の絶景ポイント「道の駅 フェニックス」を訪問。ここでは日南海岸随一の雄大な景観が展望できる。「鬼の洗濯板」と呼ばれる波状岩に荒波がもまれている様子を見て、駒田は「洗濯しているのかも」と自然のパワーに驚いていた。

そして「みやざきアートセンター1F 太陽の広場」では、トークショーと優光泉の試飲サンプリングイベントを開催。

地頭江は地元宮崎について「自然の迫力を生身で感じられる所だなと改めて思いました」とコメント。

「指原さんに近づけるように頑張ってい
ます」

また駒田からは「指原さんが(優光泉を)握手会の合間に飲んでいる」という耳より情報も。「指原さんに近づけるように頑張っています」と日々の努力についても語ってくれました。トークショーの後は、悪天候の中駆けつけてくださった約150名のお客様にメンバー自ら優光泉のサンプリングを実施しイベントを締めくくった。

「これだね!やっぱり宮崎は!」

このまま宮崎県の旅は終了…かと思いきや、晴れた日の宮崎県を見てほしいというメンバーの想いを汲んで、次の日急遽ロケ2日目を実施!「青島」と「道の駅 フェニックス」を再度訪れ、前日とは真逆の青空とキラキラと輝く美しい海を楽しんだ。

冨吉が「これだね!やっぱり宮崎は!」と話すほどの南国宮崎らしい気候に、ハイテンションのメンバーからは宮崎弁が飛び出すシーンも!地元2日間のロケに大満足の様子。

締め括りは「優光泉」のオリジナルラッピングを施したPR車両「優光泉フレッシュワゴン」へのサイン。それぞれのサインを描いて、宮崎県コンプリートシールを貼り、「宮崎県!みんなに会いに来たけんね♡」と3人で掛け声を行い、宮崎県の旅は終了。

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

0コメント