Blue Vintage、初EP特設サイトにC&K
やDef Techなど豪華コメント多数

Blue Vintageが7月4日、自身初のEP「IVORY」をリリースした。同EP特設サイトでは豪華アーティストからのコメントが多数掲載されている。
タイトルの「IVORY」は、ここから始まる彼らのキャリアがどんな音楽の色にも染まる白(ホワイト)であることに加え、海や自然を喚起させる音楽性やテクスチャーに由来するものだ。夏にぴったりのアッパーチューンにしてライブで盛り上がり必至のリード曲「渚のハニー」は、iTunesのワールドチャートで1位を獲得したBTS、三浦大知、AIの「ハピネス」などを手がけるUTAがプロデュース。その他の収録楽曲も、トータルセールスCD6000万枚、配信1億DL越えのクリエイティブチーム“Tiny Voice”がプロデュースを手掛けた。

また、収録曲「名前を呼んで」は、彼らがカバー楽曲や個人的に気に入ったものでCMを作る毎週日曜日のInstagram投稿企画『勝手にCMシリーズ』を見た里親情報サイト『ペットのおうち』からのオファーによって書き下ろしたもの。YouTube再生回数は30万回を突破している。

公開されたEP「IVORY」特設サイトでは全楽曲の試聴をはじめ、リード曲「渚のハニー」のミュージックビデオも公開されている。特筆すべきは豪華アーティストからのコメントだ。以前から親交の深いTeeやMicro(Def Tech)、彼らの音楽が好きだというKURO(HOME MADE 家族/eNBAND)やCLIEVY(C&K)などが「IVORY」を祝福している。以下、コメントを抜粋してお届けしたい。

   ◆   ◆   ◆

「説明は要りません。Blue Vintageは聞けば分かる!ライブを見れば分かる!」──Ms.OOJA

「まるで一夏の喜怒哀楽を詰め込んだような一枚」──KURO(HOME MADE 家族/eNBAND)

「「Blue Vintage」 その音楽を初めて聞いたあの瞬間から僕は彼等の虜です」──TEE

「Blue Vintageのフィールドに持ち込まれちゃった音楽はすべてGood Musicになっちゃうからアーティストとしてはほんとずるいなあ(笑)って心底思う」──Micro From Def Tech

「Blue Vintageとの出会いは、SNSで何気なくタグを手繰っていた深夜2時くらいだった。素敵だった。声とギターから景色が見えた」──CLIEVY(C&K)

「シンプルなギターサウンドがとっても気持ちイイ、Blue Vintage。聴いているとどんどん優しい気持ちになります」──AISHA

「どんな時も一瞬で心を海に連れて行ってくれる」──‬Leola

「6曲という曲数の中に、溢れ出す程に詰まってるBlue Vintage感がもう最高です」──俳優・鈴木貴之

   ◆   ◆   ◆

■初E.P「IVORY」
7月4日発売
DDCZ-2211 ¥1,500(税込)
1.渚のハニー
2.月明かりの下で
3.No Man Japanese ver.
4.Too Much
5.名前を呼んで
6.Lost in Paradise


■「IVORY」リリースパーティー

8月11日(土) SHIBUYA eggman
bluevintage.jp

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」