ACIDMAN 大木伸夫(Vo&Gu)

ACIDMAN 大木伸夫(Vo&Gu)

“全然別の空気が宿っている”―
6度目の日本武道館ワンマンに臨む
ACIDMANが語る武道館への想い

ACIDMANが7月13日(金)に行なう日本武道館公演を、WOWOWで8月24日(金)に全曲ノーカットで放送されることが決定した。彼らにとって6度目の武道館ワンマンは、およそ3年ぶりに行なったツアーのファイナルであると同時に、結成21年目の新たなスタートを印象づけるものになるに違いない。大木伸夫(Vo&Gu)に、その意気込みを訊いた。
――今回の武道館公演は『ACIDMAN LIVE TOUR “Λ”TOUR』のファイナルだから、ツアーの延長ではありながらも、特別なものになるのではないかと期待しています。

「ツアーの初日だったZepp Tokyoも含め、いろいろな場所でやらせてもらってますけど、武道館って全然別の空気が宿っていて、非常に精神性が高い気がしちゃってて。神社とかお寺とか、そういう場所に宿っているような空気感がある。そもそも音楽をやる場所じゃなくて、武道をやる場所なので(笑)。そこでやるからこその意味合いを考えると、非常に精神性が高い『Λ』ってアルバムの楽曲を演奏するには相応しい場所なんじゃないかと思います。だから、武道館に対する意気込みは、自分としてはただのツアーファイナルではないんですよ。やっと、そこで『Λ』というアルバムが、どう届くか答えが見えるような気がしています」

――じゃあ、今回のツアーファイナルは他にある選択肢の中からあえて武道館を選んだと?

「そうですね。初めて武道館でワンマンをやった時から、その魅力に取り憑かれているんです。だから、やりたいと思ったところもあるし、前から改修工事になるという噂もあって、そうなったらしばらくできなくなるし、どんな形になるかわからないですけど、(工事後は)今の武道館じゃなくなるわけじゃないですか。だから、今の武道館でやれるのは最後のチャンスなのかなと思って、絶対やりたい!っていう気持ちは2年ぐらい前からずっと思ってました」

――さっきおっしゃっていた武道館に宿っている“全然別の空気”について、もうちょっと教えてください。

「神社やお寺に行くと、誰でもちょっと“凛”とするじゃないですか。見た目も含め、武道館にはそれと同じようなものを感じるんです。お客さんとして行っても、せり上がっているスタンド席に座ると、凛とするんですよ。ひとりひとりの集中力が高まる場所になっている気がして。ステージに立つと、そびえ立つ壁のように目の前にお客さんがいるので、その“気”をめちゃくちゃ感じるんです。それは他のライヴハウスにはない景色なんですよ。そこにはお客さんの“気”が宿っている」

――おのずと演奏も変わってくるわけですね。

「全然違いますね。“武道館を俺たちの場所にするぞ”って意気込みじゃ絶対ダメで。だからって、“お邪魔します”もダメ。深呼吸して大きな気持ちになったら、こういうことかって分かったような気がしたんです。上手く言葉にはできないけど。とはいえ、まだ5回しかやっていないから、どれが正解なのかも分からない。今回の武道館はそういう深呼吸のような気持ちで臨もうと思っています」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。