『B’z PARTY Presents B’z Pleasure in Hawaii』ライブ・ビューイング

『B’z PARTY Presents B’z Pleasure in Hawaii』ライブ・ビューイング

B'z、
ハワイで開催するFCイベントを
ライブ・ビューイング決定

B'zが、9月28日(金)29日(土)の2日間にわたって27年ぶりにハワイにてファンクラブイベント『B'z PARTY Presents B'z Pleasure in Hawaii』を開催する。今回、その2日目に開催されるファンクラブイベントでのコンサートの模様をライブ・ビューイングすることが決定!

このライブ・ビューイングでは、B'z Official Fan Club B'z PARTY限定のクローズドイベントとして行なわれるプレミアムライブを、現地より全国47都道府県の映画館に生中継でお届けするとのこと。

B'zは、現在デビュー30周年のアニバーサリーイヤーを彩る様々な活動を展開し、7月7日(土)からは5年ぶりとなるB'zベスト選曲で行なわれる大規模ツアー『B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-』の開催も控えている。B'z 30周年の締め括りにふさわしい最高潮の盛り上がりを、映画館ならではの大スクリーンと音響で、会場と一体になって目に焼き付けよう!

『B'z PARTY Presents B'z Pleasure in Hawaiiライブ・ビューイング』

開催日程(日本時間):9月30日(日)12:00 START
会場:全国の映画館
※映画館のスクリーン開場時間は、映画館によって異なります。
料金:¥4,800(税込/全席指定)
※上記に別途、システム利用料1件につき¥260(消費税込)+コンビニ発券手数料1枚につき¥108(消費税込)がかかります。4歳以上有料/4歳未満の方はご入場いただけません。

<チケットスケジュール/お申込み>
※本申し込みには、B'z PARTY申込対象者の方のみがご利用いただけます。
■B'z PARTY一次抽選販売
7月2日(月)12:00 ~ 7月8日(日)23:59
■申込対象者
2018年7月現在 B'z official fan club B'z PARTY正規会員の方
※2018年7月が休眠期間に入っている方、及び2018年8月以降の新規会員の方は申込対象外となりますのでご了承ください。

■B'z PARTY二次抽選販売
8月6日(月)12:00 ~ 8月12日(日)23:59
■申込対象者
2018年8月現在 B'z official fan club B'z PARTY正規会員の方
※2018年8月が休眠期間に入っている方、及び2018年9月以降の新規会員の方は申込対象外となりますのでご了承ください。
※一次抽選販売でご当選されている方は、チケット代金をご入金されているかどうかに関わらず、お申込みいただけません。

■B'z PARTY三次先着販売
9月20日(木)18:00 ~ 9月27日(木)23:59
※ファンクラブ先着販売は<先着順>での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。
■申込対象者
2018年9月現在 B'z official fan club B'z PARTY正規会員の方
※2018年9月が休眠期間に入っている方、及び2018年10月以降の新規会員の方は申込対象外となりますのでご了承ください。
※一次抽選販売でご入金されている方、二次抽選販売でご当選されている方は、お申込みいただけません。

『B’z PARTY Presents B’z Pleasure in Hawaii』ライブ・ビューイング

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」