元アイドルが手掛けるビーチカフェ『
SUMMER&IDOL』にはインスタ映えスポ
ットが満載!

 この夏、7月2日~8月31日に鎌倉の由比ガ浜にて、超絶カワイイ ビーチカフェの『SUMMER&IDOL』がオープン! 元アイドルたちがプロデュースするビーチカフェは、夏のビーチをエンジョイする今どきの女の子たちと、アイドル文化を愛する男の子たちの両方が楽しめる場所になっている。
 この由比ガ浜にはほかにも何軒かのビーチハウスが立ち並び、夏のメッカともいえる場所。そのなかで初進出となる『SUMMER&IDOL』には後発としてのハンデがあるいっぽうで、元アイドルのプロデュースという点には注目度が集まりそうだ。 その『SUMMER&IDOL』を手掛けるのは、元アイドリング!!!の伊藤祐奈を中心とするアイドル事業コンテンツプロデュースプロジェクトの「&IDOL」(アンドアイドル)だ。今回のビーチカフェでは伊藤の呼びかけの元、それぞれの得意分野でプロデュースを担当する元アイドル達が集結。誰かが敷いたレールに乗るのではなく、ゼロからコンセプトを立ち上げていくことで、元アイドルのセカンドキャリアを模索する場にもなっている。
 7月2日のオープン日が迫るなか、まだ全容を表していない『SUMMER&IDOL』はどんなものなのか、そして元アイドルたちはどんなプロデューサーぶりを見せてくれているのか。今回は伊藤以下全4名のプロデューサーを直撃し、『SUMMER&IDOL』の魅力や展望、プロデュースを手掛けるに至った経緯などを聞いてみた。
出席者
◆&IDOL総合プロデューサー
 伊藤祐奈(ex.アイドリング!!! 23号)
◆同・デコレーションプロデューサー
 高橋優里花(ex.乙女新党/いちごみるく色に染まりたい。)
◆同・フードプロデューサー
 名取稚菜(ex.AKB48 11期生)
◆同・インバウンドプロデューサー
 平田梨奈(ex.AKB48 12期生)
※アートプロデューサーの中塚智実(ex.AKB48 5期生)と萩原舞(ex. ℃-ute)は欠席
――今回の『SUMMER&IDOL』で、それぞれが担当している役割について教えてください。
伊藤 私の夢は、いま現役で活躍しているアイドルのみなさんが何も不安なく今の活動に集中できるよう、引退後のセカンドキャリアを送れる場所を作りたいということ。まずは私たち自身で試すことができる場所として、この『SUMMER&IDOL』を総合プロデュースしました。
高橋 私はデコレーションプロデューサーとして店舗デザインを担当しています。何も採色されていないパース図を基に、この壁にはどんな色を使うのかとか、この場所は光らせたい、こんな素材を使いたいなど、いろんなアイデアを出しています。ステージとして使うスペースは、昼間の営業中はフォトスペースになる予定。わかにゃん(名取)が考えるドリンクをお客さんに手にしてもらって、インスタ映えする写真を撮ってもらいたいです。女子って背景にこだわるので、王道として人気の羽が描かれた壁にしたり、足元を芝生にしたりとか、いろんなアイデアを詰め込んでいます。
名取 私の担当はフード&ドリンクで、何もない状態からメニューを任せてもらっています。オススメはいちご尽くしのデザート。かき氷のような定番から、シャンパンにいちごが入っていたり、持っているだけでインスタ映えできるようにしています。モヒートもドラゴンフルーツやマンゴーなど4種類あって、私も23歳になったので大人としてアルコール関連にも力を入れてみました。男性向けにはインスタ映えし過ぎると食欲が進まないかなと思って、ごはんをしっかりとガッツリ目にしてあります。あとアメリカンドッグをバズらせようと目論んでいて、キャラクター化できるように目と鼻、手足も付けて、今のところ『ナトリック』という名前にしようと思っています(笑)。
平田 私はインバウンドプロデューサーとして、ウェブやSNSの翻訳を手掛けたり、海外の方に向けた施策もやりたい。海外の方にも足を運んでもらいやすい環境を作るのが仕事です。鎌倉には海外の観光客の方も多いので、外国人向けツアーのサイトに協力してもらって「&IDOLツアー」みたいのもいいかなと思って。海の家と日本のアイドル文化を一緒に楽しんでもらえればと。近い距離でアイドルが見られるし、インスタ映えするカフェだし、絶対に楽しめると思います。
伊藤 あと今日は来ていませんが、萩原舞ちゃんには私たちが今着ているスタッフTシャツをデザインしてもらいました。中塚智実ちゃんにはカフェ内に展示する写真を撮影して、チョイスしてもらっています。
――各プロデュースに際しては、それぞれの得意分野が活かされているとか。
伊藤 私自身、株式会社TKMKの代表取締役を務めていて、女子大生起業家として自分のセカンドキャリアを模索しています。これまでもアイドルグループ「TOY SMILEY」のプロデュースやイベントのMC業、サロンの主催などを手掛けてきましたが、具体的な形となるのはこの『SUMMER&IDOL』が初めて。これまでの経験を通じてアイドル業界とは別の人脈もできましたし、自分も含めてそれぞれの夢や得意分野を生かして、今後のキャリアに繋げてもらえるのが一番理想的です。
高橋 アクセサリーを作るのが大好きで、自分が作ったものを誰かに使ってもらえるのは本当に嬉しい。今日つけているイヤリングも自分で作りましたし、この指輪はシーガラスにネイルパーツで装飾したものです。そういったデザインの経験は、店舗デザインという新しい分野にも活かせますし、将来的には自分が作ったものを喜んで使ってもらえるようなブランドを立ち上げたいです。
名取 カフェを作りたいという私の夢が、今回の「&IDOL」を通じて現実味を帯びてきたと感じています。もともとお料理が大好きで、アイドルを卒業した時から理想のカフェを模索していました。今回もフード&ドリンクはもちろん、テイクアウトできるように紙皿を選び、それも安っぽく見えない素材を探すなど、自分の希望を反映しています。ドリンクカップにもキラキラ加工を施していて、インスタ映えと食欲という両方のニーズを満たせるはず。え、皿回しですか? ストーリー映えするかもしれないから気分がいい時にやっちゃおうかな(笑)。
平田 私はアイドルの時から「30秒英会話」という動画を公開したり、「のぎえいご」という番組に出演したり、英語力を活かした仕事をいろいろやらせていただいていました。卒業後にはしばらくアメリカに戻っていて、家では父と弟は英語だけ、母は日本語だけなので、どっちも話せる私が家族を繋げていたんです(笑)。将来的にはハリウッド女優さんや俳優さんにレッドカーペットでインタビューしたり、英語を話す役柄を演じるのが目標です。そういう仕事に向けて、今回の「&IDOL」は良いアピールになると思うし、履歴書に書けるような実績になるから、いいチャンスをもらえたと思います。
――そんなみなさんは以前から知り合いだったんですか?
名取 祐奈とは高校の同級生。同じクラスの仲良しで、一緒にご飯を食べながら「アイドルを卒業してからのことも考えるよね」なんて話もしていました。それで声を掛けてもらえたし、フードに関しては祐奈からお任せしてもらっています。
伊藤 私たちは本当に仲が良くて、「1995年会」っていう会を今でも続けています。メンバーはみんなAKBで、なぜか私だけ違うんですけど(苦笑)。お互いの家にも遊びに行ったり、わかにゃん(名取)の卒業ライブで初めてAKB劇場に行ったりもしました。
高橋 私がアイドルグループをプロデュースしていたとき、女性プロデューサーのグループだけが集まった「Girl's Producers」という対バンイベントがあって、そこで祐奈ちゃんと意気投合しました。その後もアイドルのセカンドキャリアについて話をしたり、私自身の相談にも乗ってもらったりして、彼女は行動力もあるし尊敬しているんです。そのなかで彼女から「&IDOL」を立ち上げると聞いて、一緒にやろうと声を掛けてもらったのがスタートです。
平田 わかにゃんは私たち12期にとってはお姉さん。誰にでも超優しくて、後輩からめっちゃ慕われてました。私が途中で同じチームBに移籍したので同じ公演に出る機会も多く、わかにゃんの卒業公演でも一緒でした。そのころに、祐奈ちゃんとも知り合っています。
高橋 私はこの「&IDOL」で初めてわかにゃんに会ったんですけど、すごく優しくて、人を包み込むオーラにあふれているんです。
伊藤 怒ったところ、見たことない。
平田 怒ることもあるよ。すごく可愛いけど(笑)
――今回のプロデュースを通しての目標は。
伊藤 総合プロデューサーとしては私自身も出資してますし、やはり『SUMMER&IDOL』を成功させたい。開催期間が2カ月間と長いので、試行錯誤しながらどんどん進化させていきたいです。お客さんにも1回だけでなく2回3回と来ていただければ、このカフェがどんどん変わっていく様子を体感してもらえると思います。
高橋 アイドルは辞めましたがまだ二十歳ですし、アイドルに打ち込んでいたから大学にも行ってないし、この先、何から始めたらいいのかも分からないのが正直なところ。そのなかで「&IDOL」に参加することで自分の趣味を伸ばすことができるので、もっと勉強して早い段階で夢を行動に移せるようにしていきたいです。再来年には同級生の友達が大学を卒業して就職するので、その時期には私も自分のやりたいことをきちんと実現できているようになりたいです。
名取 カフェを作りたいという私の夢が、今回の「&IDOL」を通じて現実味を帯びてきたと感じています。これまでは頭の中でカフェをやりたいと思っていても、それこそ物件を探すとかゼロから始めないとならないし、なかなか行動に移せないでいました。それが今回「&IDOL」に誘ってもらえたことで、店舗の土台があるなかでメニューを提案するところから始められるのは本当に恵まれていますし、勉強にはもってこいの場。祐奈の友達で良かったなって思います(笑)。彼女は起業の先輩なので、見習いたいところはいっぱいあります。
平田 私も含めてハーフのタレントっていっぱいいますけど、実は日本語しか話せない人が多い。私は12歳で日本に来て、最初は英語しか話せなかったけど、漢字ドリルを小1から始めて勉強しました。今でも敬語はよく分からないし、この前、時代劇の舞台を見たらセリフが全然分からなかったけど、そうしたらファンの方が「うんこ漢字ドリル」をプレゼントしてくれました。だから英語ができないハーフの人たちには「アメリカの小学校の教科書で勉強しようよ」って言いたいです。
――では最後に、「SUMMER&IDOL 」に来たら、ここに注目してほしいというポイントを教えてください。
伊藤 「アルバイトアイドル」として、2カ月間だけアルバイトしながらアイドル活動もする子たちがお店にいます。面接も終わって14人決まりました。現役アイドルの子がいたり、就職が決まっている大学生もいます。その子たちがこの2カ月でどれだけアイドルらしくなるのかに注目してほしいです。SHOWROOMでも配信しますので、ぜひ観てください!!!
高橋 やっぱり内装にこだわっているので、可愛らしさを体感してほしいです。由比ガ浜で普通に水着姿で遊んでいる若年層の女性たちが、ふらっと足を運んでくれて、インスタにも載せてくれたら嬉しいですね。インスタ映えする写真を水着で撮ることはあまりないので、それも新しい体験になるんじゃないかな。私たちと同じ年代の子たちにたくさん来てほしいですね。
名取 私たちを応援してくださっていた方たちには、アイドルじゃない部分で成長した姿を見に来てもらいたいです。これまで見せる機会がなかったですし、それぞれの夢を目の当たりにできるところは面白いはず。そして若い女の子たちには、私たちのプロデュースだって知らない状態でカフェに来てもらって、「アイドルって意外にやるじゃん」って思ってもらいたいですね。あと「ナトリック」はぜひ食べて、広めてください!
平田 もう楽しみ! 海のほうまで行っていろんな人に「来てね!」ってスカウトしちゃおうかな。あと私、この夏に二十歳になるんですよ。7月16日の海の日に! だから誕生日イベントもやりたいですね。ファンの方とお酒を飲める場ってなかなかないので、これもいい機会になるんじゃないかな。え、英語でアピールですか? じゃあいきますよ。
I'm really excited about the beach cafe in this summer, and I want a lot of people from all around the countries come and see what idols can do, and how we can produce ourselves grow and more mature. I want everyone to enjoy this beach cafe!
「この夏のビーチカフェをすごく楽しみにしています。世界中から来る方たちにアイドルが何をできるのかを見ていただき、そして私たちが自分自身をどのようにプロデュースして成長しているのかを感じ取っていただきたいです。ぜひこのビーチカフェをエンジョイしてください!」
【SUMMER&IDOL 概要】
営業期間:2018年7月2日(月)~8月31日(金)
営業時間:OPEN 10:00~ (最終入店 20:30)
FOOD 11:00~ L.O.:20:00
DRINK 10:00~ L.O.:20:30 ※予定
所在地:鎌倉由比ガ浜海水浴場
※JR鎌倉駅より徒歩15分
※江ノ島電鉄由比ヶ浜駅より徒歩7分
■SUMMER&IDOL 公式サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」