Tsubasa Shimada(PrizmaX) presents『Wet Crate』

Tsubasa Shimada(PrizmaX) presents『Wet Crate』

Tsubasa Shimada(PrizmaX) presents
『Wet Crate』
- 第26回 Glenn Underground -

PrizmaXのパフォーマーでありながらDJとしても活躍する島田翼が、長年集め続けた珠玉のレコードコレクションの中からお気に入りを紹介する、偏ったエゴ満載の連載企画。この機会にぜひ、ループミュージックの世界観に浸ってみてはいかがでしょうか?

島田翼です。
ラジオとか、最近だとYoutuberの方とか、1人で映って1人で喋るのってすごいな~と(笑)。

さて、8月ですね、夏ですね。僕は夏好きです。
アッチー!とか言いながら、実はその暑さを楽しんでます。この夏もイベントごと盛りだくさんですが、体調だけは崩さないように気をつけてくださいね。
これはレコードでリリースされてないので動画で紹介できなかったのですが、Chance the Rapperの新譜4曲がカッコ良すぎる…。2000年代を代表する【サンプリング】をベースにしたHipHopサウンドが帰ってきましたね。
サンプリングってのをざっくり説明すると、楽曲制作において別の楽曲の一部分を抽出して、それを再構築するような作業のことです。
僕が愛してやまないJ Dillaもジャズやソウルやファンクなんかをサンプリングしてたくさんの名作を生み出してきました。

ハウスミュージックでも、サンプリングを用いて制作された素敵な音源がたくさんあるので、また紹介しますね。
今日紹介したGlenn Undergroundも、サンプリングの天才で、70年代のディスコなどをソースにした楽曲をリリースしています。
でも彼においてはエレクトリックピアノが代名詞みたいになってますね。本当に美しいです。まさに激エモ案件。

この夏、アッチーアッチー言いながら、さわやかなシカゴハウスに揺れてみてはいかがでしょうか。

そして、今月は三本立てでお送りします。5月20日に行った生誕祭の中で撮った動画も合わせて、是非ご覧ください。

WetCrate Vol.26 -番外編1-

WetCrate Vol.26 -番外編2-

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

1コメント
  • Tsubasa Shimada(PrizmaX) presents『Wet Crate』 - 第26回 Glenn Underground - https://t.co/bsoTEXfHOs